ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ユーティリティ(UT)の選び方を6ステップで完全解説

知識

ユーティリティ(UT)の選び方を6ステップで完全解説

ミスが少なく遠くまで飛ばせるユーティリティは、初心者をサポートしてくれる頼もしいものです。選び方には6つのポイントがあります。これを読めば自分にぴったりのモデルが見つかります。ぜひチェックしてみてください。

ユーティリティ(UT)は長い距離をやさしく打てるとても便利なクラブです。初心者ゴルファーの強い味方になり、最近はプロにも人気があってトーナメントで使う選手も増えてきています。

ただ、実際に選ぼうとショップに行ったりネットで検索したりすると、膨大な情報が出てきてどんな基準で選んだらいいのかがわかりにくいですよね。

そこで今回はそんなユーティリティの選び方についてご紹介します。自分にあった1本が見つかると、何かと使い勝手がよくラウンドでも役に立つ大きな武器になります。

ポイントとなるのは6つ。ぜひチェックしてあなたに合う選び方の参考にしてみてください!

ユーティリティとは…

役割

ユーティリティは長くて打つのが難しいロングアイアンに代わるものとして開発されました。以前はウッド(W)よりも短く打つためには3番I、4番Iという難しいクラブを使う必要がありました。

これらのクラブと同じような飛距離を、もっとやさしく打てるように開発されたのがユ―ティリティです。

特徴と便利な点

ユーティリティは、ゴルフでフェアウェイWとアイアンの間の差を埋めるクラブです。5番Iからのセット構成が増えたこともあり、3番Iや4番Iの飛距離を出すためにユーティリティを使うゴルファーがかなり増えてきました。

呼び名の違い

ユーティリティは今から30年ほど前に開発されました。「ユーティリティ」には「役に立つ」「万能」という意味があります。とても扱いやすく、便利なものとして開発されたので、こうした呼び名が定着しました。

その元祖でもある「インテスト」という名のクラブは、色や形の特徴から「タラコ」という愛称で呼ばれていました。ベテランゴルファーは今でもユーティリティのことを「タラコ」と呼ぶ人もいます。

ヘッドの大きさやシャフトの長さがウッドとの中間にあることから、海外では「ハイブリッド」と呼ばれています。

↓ゴルフで番手ごとの飛距離の目安は?ドライバーからウェッジまで参考となる情報をまとめましたのでチェックしてみてください。

ユーティリティの選び方6つのポイント

ヘッドのタイプを選ぶ

出典:amazon

ユーティリティはヘッドの形状によって2つにわかれています。

アイアン型は高い弾道が打ててミスにも強い設計になっていますが、減る傾向になっています。今はプロでもウッド型(W型)を使う選手が多くなりました。

W型は重心が深くボールが上がりやすくなっていて、ソールが広くダフリにも強い仕組みになっています。また、フェースが前に出ているので、ボールを拾いやすい作りです。

「お助け役」としてとてもやさしいクラブになっています。ユーティリティにやさしさを求めるのであれば、W型を選ぶのがベターです。

ロフト角に注目

出典:amazon

ユーティリティは新しく作られたものなので、メーカーによって番手にばらつきがあります。選ぶときに基準にするのは、「ロフト角」です。

・ロフトの目安

目安としてはフェアウェイWと5番Iの飛距離差を埋めるような形でロフト角を選んでいきます。持っている5番Wのロフトが18度、5番Iのロフトが26度だった場合は「21度」と、「23度」もしくは「24度」のユーティリティの2本を検討すると、より打ち分けがしやすくなります。

2本3本と複数を検討する場合は、ユーティリティ同士のロフト差は3度から4度程度にしておくといいでしょう。

・5番Iが苦手な方は

5番Iもうまく打てない、という場合はその置き換えも検討してみてください。ロフトの目安はプラス2度ほどのもの。たとえば5番Iが26度のものを使っている場合は、28度のユーティリティが同じように打つため基準になります。

これは同じ角度の場合、ユーティリティの方が飛ぶからです。購入の際は試打などもして確かめてみてください。

ヘッドの形を見る

やさしさを判断するのに一つの目安となるのがヘッドの大きさです。大きなヘッドのモデルはミスにも強くミートしやすくなっています。反対に小さなものは上級者向けのもので抑えた球が打ちやすく操作性が高くなっています。やさしいものを選びたいときには大きなタイプを選ぶといいでしょう。

シャフトの選び方

出典:amazon

シャフトにはスチールとカーボンがあります。スチールは重量があるので、腕だけでなく体を使ったスイングをしやすく手打ちも防ぐことができます。シャフトもしなりにくいので、球が安定しやすいメリットがあります。

逆にカーボンは軽く作られているので、力のない方でも簡単に振りぬくことができます。ヘッドスピードが遅いゴルファーや力のない方は、カーボンを選ぶのがベターです。

モデルに注目する

出典:amazon

ユーティリティを選ぶときに、今使っているほかのゴルフクラブと同じモデルがある場合はなるべくそちらを選ぶようにしましょう。モデル自体が変わってくると振り心地や重さが変わってきます。

同じタイプを使えば馴染むのも早くなりますし感覚もつかみやすくなります。もし違うモデルを導入するときにはほかのクラブとの「重量の差」を考えておきましょう。

ベターなのはウッドの一番短いものよりもユーティリティが少し重く、アイアンの一番長いものよりもユーティリティが少し軽いことです。シャフトの重量なども選び方の参考にしてみてください。長さと重量でうまく差をつけられると打ち分けもしやすくなってきます。

FP(フェースプログレッション)で見る選び方

出典:amazon

FP(フェースプログレッション)とはシャフトの中心を通る線からフェースの先端までの距離のことを言います。これが小さい=フェース面があまり出ていない形だと、球を捕まえやすくスライスしにくくなります。

反対にFPが大きい=ウッドのようにフェースが前に出ているものだとボールは高く上がりやすくコントロールしやすくなります。どちらかというとアイアンが得意な人はFPが小さいもの、ウッドが得意な人はFPが大きいものを選ぶようにすると慣れるもの早くなります。

↓自分にあった選び方に続いて打ち方もチェック!初心者が守るべき5つのコツをご紹介しますのでご覧ください。

↓ユーティリティのミート率をアップさせるレッスンをご紹介します。プロが教える練習法をぜひ試してみてください。

まとめ

今回はユーティリティの選び方についてご紹介しました。難しいロングアイアンの代わりとして使えるだけではなく、距離の残ったセカンドショット、場合によってはラフからでも使うことができる万能の1本です。

ユーティリティには「実用的」という意味もあります。コースでもとても使い勝手のいいものなので、ぜひ記事を参考にあなたに合ったものを選んでみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

ライザップゴルフ体験取材!スコアップ2つの秘訣を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 114

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 87

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 196

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる2つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 629

特集一覧