ゴルファボ TOP上達法ドローボールでランを出すための打ち方

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ドローボールでランを出すための打ち方

2018年は転がるドローボールで飛ばしてくれ!キャリーもランも出るショットで飛距離アップ間違いなし。今回は数あるドローボールの打ち方の中からランの出る打ち方をご紹介!アゲインストでもフォローでも飛ばせるのでコースが短く感じるかも…!?

「ドライバーで打った球が転がらない…」「アイアンみたいに地面に落ちたら止まる…」どんな打ち方をしたら転がる球が打てるのかわからない。そんなドライバーショットに悩めるゴルファーに、今回はランの出るドライバーショット「ドローボール」を吉本プロコーチがレクチャーします!

吉本プロコーチがレクチャーするドローボールは、ある動作を真似るだけで簡単にランの出るドローボールがイメージできるようになります。ぜひ試していただき、飛距離アップする感動を体験してください。

これでゴルフ場に行っても、「飛ばない」「ランが出ない」とドライバーショットで悩むことがなくなります!

↓↓↓なぜ飛ぶの?ドローボールとは一体?

1Wで「ドローボール」を打ってランを出す打ち方

ドローボールは意外と簡単に打てる!?

ドライバーの打ち方にはいくつか方法がありますが、今回はドローボールを打ってランが出る方法をご紹介します。フェードやスライスの時よりもバックスピン量を減らすことができるので、地面に落ちて勢いよく転がる球を打つことができます。

特に枯芝の冬シーズンでは夏場よりも地面が乾燥していて硬いので、ドローボールでかっ飛ばせばどんどん転がっていくでしょう。+30ヤードも距離が伸びる可能性があります。

ドローボールを打つときには、ダウンスイングでヘッドを適度にインサイドから降ろす必要があります。逆にアウトサイドから降ろすと、スライス回転になりランが出ずに球が止まります。

実践!ドローボール習得ドリル

肩幅ほどの大きめのトラックくらいのハンドルをイメージしてください。大きめのハンドルをトップのポジションから降ろしてくるときに、打っている本人からみて右に切りながら、ダウンスイングしてください。

注意点として、右に切るときには、手先だけきるのではなく、肩から先の腕を使い、大きく切ることで右方向の力を生むことができ、インサイドからヘッドを降ろすことができるので、ドローボールが打てる体勢になります。

左にきると…スライス回転(悪い例)

逆もやってみてください。左に切るとヘッドがアウトサイドから降りてきます。アウトサイドからクラブヘッドが降りてくるとスライス回転がかかりますので気をつけてください。

アウトサイドからヘッドが降りてくると、スライス、フック、チーピンなどのさまざまなミスショットを誘発してしまいます。

意外と簡単!ランの出るドローボール

トップのポジションから、まずは大きなハンドルを右に切りながら、降ろすイメージでシャドウスイングを何回も行ってください。何回も行うことで体が動きを覚えやすくなるので、インサイドから降ろすことが簡単になります。イメージができ体が動きやすくなったら、余韻を残したまま実際にゴルフクラブを振ってみます。

クラブを持っても、トップのポジションから右にハンドルを切るときは、手先できるのではなく、肩から先でハンドルをきります。その余韻を感じ、クラブを持って素振りをして実際に球を打ってください。適度にインサイドからヘッドが降りてきます。ドロー回転がかかり、きれいなドローボールになり地面に着弾したあと球が転がりやすくなります。

ぜひ、試してみてください。

↓↓↓ドローボールについてもっと知りたい方はこちらから

↓↓↓飛距離を出すための正しい軌道についてはこちらから

まとめ

大きなハンドルを肩から先の腕を使って右に切ることで、憧れのドローボールが打てるようになり、正しい腕の使い方をマスターすることができます。ぜひ、試していただき飛ばしの醍醐味を味わってください。あなたの周りのゴルフ仲間も驚くことでしょう。

1Wでドローボールが打てると、アイアンでも簡単にドローボールが打てるようになるので、番手を下げてもこれまでと同じ距離を打つことができます。また、パターでもフックラインのイメージが湧きやすいので、ストロークもしやすくなりカップインの確率が上がります。

 

飛距離の出るドローボールの秘密は…「左腕」?

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

酒好き必見!二日酔いに効くサプリメント7選と飲み方のポイント

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧