ゴルファボ TOP上達法ゴルフのハンドファーストとは?飛ばしスイングの作り方

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ゴルフのハンドファーストとは?飛ばしスイングの作り方

ゴルフではハンドファーストができたら飛距離がアップできると言うけど…どうやったらできるの?どういった練習をすれば打てるのかわからない…そんなアマチュアゴルファーでもあるポイントを知るだけで、簡単に飛ばしのゴルフスイングを作ることができます。

ゴルフでトップをしたり、ダフったり、するミスショットの原因は、手首のコックが早めに解けてしまうのが原因です。ショットを打つときには、コックが解けないスイングがとても大切になってきます。

今回は、ゴルフのハンドファーストについてご紹介します。飛ばしのスイングの作り方がわかります。

ハンドファーストで構えられると、テークバック、トップ、インパクトがスムーズに動くので、体の回転で振ることができるようになります。体が使えるようになるとヘッドの軌道が安定して芯にあたるようになるので、飛距離も伸びてきます。特にゴルフ初心者が意識して構えられるとすぐに飛ぶようになり、早い上達が期待できます!

ゴルフ|ハンドファーストとは?

グリップの手元の位置が、ゴルフボールよりも左側(飛球方向)にある状態のことです。この形ができることで、ボールをクリーンに打つことができます。

メリット

・ゴルフスイングの軌道が安定する

・ボールを捉えられるようになる

・スライスを矯正することができる

ゴルフでは、ゴルフクラブのシャフトと左腕が一直線になる状態が理想的なインパクトになります。ハンドファーストでアドレスを構えると理想のインパクトになりやすくなるので、ゴルフスイングの軌道が安定してきます。

軌道が安定すると、ヘッドも閉じて入ってくくるので、スライスが防止できゴルフボールをしっかりと捉えることができます。捉えることによって厚いインパクトになるので、強い球になり飛距離も伸びるようになります。

デメリット

グリップを意識するあまり、手が左側に出過ぎてしまうと、ゴルフクラブのロフトが極端に立ってかぶって入ってくるので、フックが出やすい傾向にあります。

飛ばしゴルフスイングの作り方のコツ

構える時は…

グリップエンドが左太ももの付け根を指す

・左手が左太ももの内側

・右手がセンター

この3点をチェックしましょう。

ハンドファーストの構えができているかどうかは、ゴルフ仲間に写メを撮ってもらうか、自宅かゴルフ練習場で全身が映る鏡や窓ガラスを見つけて自分のアドレス姿を見てみましょう。上記の3点ができていれば、OKです!

注意点として、デメリットでもお伝えしましたが、グリップが左足から出ていると行き過ぎになってしまいフックやシャンクのミスショットにつながってしまします。フック気味のボールがたくさん出る方は、グリップが左側にいき過ぎていないかチェックしてみましょう。

スイングする時は…

気をつけていただきたい大切なポイントが2つあります。

・右手首のコックを解かないこと(角度を変えない)

・手打をしないこと(胸の前の三角形を崩さない)

この2つのポイント意識することで、しっかりと打つことができます。

ダウンスイングの時にコックが早く解けてしまうと、ヘッドが開いて入ってくる可能性がありますのでスライスになってしまいます。スライスを嫌がり、手を返して手打になるとフックになってしまいます。しっかりと右手首の角度を保ち、体を回転させてインパクトを迎えましょう。

↓↓↓理想的なインパクトの作り方です。ゴルフボールが遠くに飛んでいきます!

ハンドファースト習得ドリル

上記の2つポイントが習得できる練習ドリルをご紹介します。このドリルは、アプローチの上達法でお伝えしていますが、普段のゴルフスイングにも役に立ちますので、ぜひ試してみてください。

スティックとゴルフクラブをご用意ください。スティックがない場合は、他のゴルフクラブでも大丈夫です。シャフトの裏側に重ねて素振りを行います。スティックをクラブのグリップの裏側に合わせてください。自然とハンドファーストの形になります。この状態でアドレスをして素振りを数回行ってください。

ここで意識していただきたいのが、ショットする時にスティックが脇腹に当たらないように意識してください。当たってしまう場合は、手首のコックが解けている状態ですので、当たらないように何度も素振りを繰り返して感覚をつかんでください。

脇腹に当たらないようになると

・インパクトの直前から直後にかけて右手の角度がキープできる

・手打にならない

結果、ハンドファーストで打つことができます。ダフリやトップのミスが大幅に減り、飛距離アップも期待できます!

↓↓↓習得ドリルのレッスン動画はこちらです!

ドライバーではやっちゃダメ!?

ドライバーは、ティーに乗っているゴルフボールを少しアッパーブローの軌道で打ちます。その場合、ハンドファーストを意識していまうと、ダウンブロー気味にヘッドが入ってきますので、テンプラやチーピンなどのミスショットにつながってきます。

ドライバーショットではハンドレイトで構えた方が、アッパーブローの軌道で振りやすくなるので気をつけましょう。

まとめ

ゴルフでは、ハンドファーストで打つと、強い球が出るので飛距離も伸びます。アイアンでは番手が下がりグリーンオンする確率が高くなります。パーオンがたくさんできるとスコアアップも期待できます。ぜひ、試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧