ゴルファボ TOP上達法女性でもドライバー飛距離アップ+10yできる足幅のコツ

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

女性でもドライバー飛距離アップ+10yできる足幅のコツ

女性でもドライバーで飛距離アップしたい!でも、思い切り振ってもせいぜい150ヤードくらい…そんな女子ゴルファーでもスタンス幅のコツをつかむだけで、簡単に+10yボールを飛ばすことができます。スイングで悩んでいる方やもっと飛ばしたい方は必見です!

男性と女性の大きな違いに、体格や筋肉があります。ゴルフでは、ドライバーでボールを遠くに運ぶときに大きな差としてあらわれます。違いがでるのは当然ですが、飛ばすには、ゴルフスイングを少し工夫する必要があります。

今回は、女性でもドライバー+10y飛距離アップできる足幅のコツをご紹介します。ドライバーの飛距離アップができれば、スコアも伸ばすことが期待できます。意識して取り組めば初心者でも遥か遠くにドライバーでボールを飛ばすことができます。

ぜひご紹介するコツを試してみてください。ゴルフ仲間から羨望の眼差しで見られるかも…!

“ちから”のない方でもできる飛距離アップ法

あなたのドライバーは何ヤードくらい…!?

あなたのドライバーはどのくらい飛びますか?一般的な女性のアマチュアゴルファーの平均は175ヤードです。それを伸ばすことによって、セカンドショット以降が短いクラブになり、マネジメントがとても楽になります。

ドライバーのヘッドスピードは、練習器具を使っても速くなります。参考にどうぞ!

飛びの違い

アマチュアゴルファーのドライバーは、平均で男性230y、女性175yで、55ヤードの差があります。その差やはり筋肉や握力などの差でしょう。

体格があれば、ドライバーは早く振れますし、遠心力を使って遠くにボールを運ぶことができます。当然、非力なのでどうしても飛ばすことはできません。

女性でも飛ばす方法がある

男性のようにドライバーを振り回すことは難しいので、工夫するしかありません。ドライバーを飛距離アップさせるには、ヘッドスピードを上げることがとても大切です。そのためには、

・体重移動

・回転

・遠心力をうまく使うこと

の3つが必要になってきます。この3つを使うためには足幅が重要になってきます。筋肉の70%が下半身にあります。ドライバーショットで、それをしっかり使わないともったいないからです。下半身が使えないと体重移動もできませんし、素早い回転もできないので、遠心力が使えません。

ドライバーの飛距離アップのポイント

ドライバーの飛距離アップのポイントは、通常で打つよりも1足分くらい大きいスタンスをとるアドレスがおすすめです。そうすることによって、体重移動もできますし、回転も大きく素早くできてきます。

そして、ドライバーを大きく振ることもできるので、遠心力も働きます。球を遠くに運ぶためには欠かすことができません。

スタンスを広くした時の注意するポイント

注意点として、スタンスを大きくすることによって、軸がブレやすくなることがあります。軸はしっかりと真ん中にとるイメージを持ってください。軸はテイクバックからフォロースルーまでブレないことが理想的になります。ぜひ、試してみてください。

どうしても、スタンスを広げると少しバランスが取れなくなります。その時は、ハーフスイングの素振りを取り入れると安定してきます。

まとめ

ドライバーショットで足幅を広げることによって、下半身がしっかりするので、体重移動や回転ができるようになります。そうすることでクラブヘッドの遠心力も使えるようになるので、簡単に飛距離アップができます。ぜひ、練習で試していただき次回のラウンドにつなげてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧