ゴルファボ TOP上達法フォロースルーは手首が重要!飛距離アップ理想の形とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

フォロースルーは手首が重要!飛距離アップ理想の形とは?

あなたの”もう少し飛ばしたい”を叶えます!フォロースルーのちょっとしたコツであなたは、ドライバーの飛距離を確実にアップさせることができるはず…これまでの手首の使い方を見直すだけで、ボールを遠くに飛ばす理想の形を手にいれることができます。

ゴルフで飛距離をアップさせるには、フォロースルーはとても大切です!ゴルフボールが遠くへ飛ばない原因は、コックを使い過ぎて腕を解放していないからです。インパクトの直前直後ではコックを解き放ち、左手首を◯◯方向に折ることで、自然とクラブが体から離れ、スイングアークが大きくなり、フォロースルーが最大になります。

今回は、フォロースルーでの手首の使い方と理想の形についてご紹介します。

この動きができるようになると、飛ばしたい時にいつでも遠くに運ぶことができます。ドライバーショットで悩んでいる方、もっと飛ばしたい方は必見です!

フォロースルーで、飛距離を上げる方法

ゴルフ|理想の手首の形とは…?

今回は、大きいフォロースルーを作って、ドライバーの飛距離アップさせる方法をご紹介します。この大きいフォロースルーというのは、しっかり両腕が伸びた状態になります。

大きいフォロースルーを作るポイントとしては、左手首を小指側に折る動きが重要になります。例えば、親指の方に折れると小さくなってしまいます。小指側に折れて初めてクラブヘッドが遠くなり、大きいフォロースルーを作ることができます。

初心者ゴルファーにはとても良い上達法です!肩の回転が上手くなります。

実践!大きいフォロースルーを作る習得ドリル

インパクト直前から直後にかけて、小指側に手首を折るイメージで素振りを行う

アドレスを構えた状態から、バックスイングを上げてゆっくりでOKですから、ダウンスイングでグリップを降ろしてきて、インパクト直前から直後にかけて、手首を折ります。

イメージとしては、右手、左手も一緒に小指側に角度を下げて折ります。これにより、ヘッドが胸よりも遠くなるので、自然とフォロースルーが大きくなります。最初は、基本の動きを身につけるために、意識的にゆっくりと行なっていきます。

最初は、無理やりでもいいので、フォロースルーで手首を折って、フィニッシュまで持っていく

両手の位置を確認しながら、何度か素振りをしてみてください。徐々にスイングしやすくなると思います。

イメージが湧いてきたら、スイングのスピードを上げていきます

そうすると、自然とフォロースルーが大きくなってきます。

イメージがつかめてきたら、スピードを上げて実際にボールを打つ

この練習ドリルを行うことによって、最初は少しフォロースルーがぎこちなく感じるかもしれません。

ぎこちなさを感じるということは、フォロースルーでいままで小指側に折れていなかったということになるので、最初は、ボールを打たずに、小さいスイングでゆっくりのスピードではじめてください。

そこから少しずつスピードを高めていって、最終的に、球を打つという流れを試してみてください。このドリルをすることにより、フォロースルーが大きくなるのでロングアイアンでも飛ばせるようになるでしょう。

スイングプレーンが大きくなるドリルを解説しています。併せてご覧ください!

まとめ

これまでの手首の使い方とは逆の動きをお伝えしました。クラブは立てて使うことばかり考えていたと思います。小指側に折ることで、体からゴルフクラブ離し、遠心力を働かせ、フォロースルーを大きくしていきます。

飛距離をアップさせるにはとても必要な動きです。プロはこの動きを利用して距離を稼いでいます。しかし、このフォロースルーを大きくする動きを知っているアマチュアは、あなたの他あまりいないでしょう!

はじめはゆっくりと動かし、徐々にスピードを早くして実際のボールを試してみてください。+10ヤード期待できますよ!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧