ゴルファボ TOPニュース【RIZAP KBCオーガスタ】出水田大二郎がツアー初優勝!片山晋呉も本格復帰!

ファボる (お気に入りへ追加)

ニュース

【RIZAP KBCオーガスタ】出水田大二郎がツアー初優勝!片山晋呉も本格復帰!

プロ8年目!25歳の出水田大二郎プロがツアー初優勝を飾りました。南国特有の高麗芝のグリーンで4日間60台をマーク。終盤ボギーを叩き首位に並ばれますが、すぐにバーディを奪い、初の優勝争いでも動じることなく堂々たるプレーで初勝利を手繰り寄せました。

出典:GDO

国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント(芥屋ゴルフ倶楽部 福岡県)」 最終日が終了。

首位からスタートした出水田大二郎が5バーディ、2ボギー「69」の通算14アンダーで回り、4日間通して60台をマークしてツアー初優勝を飾りました。

出水田は、前半3つのバーディを奪い順調な滑り出しでしたが、後半のサンデーバックナインに入り、14番と16番でボギーとしました。16番でボギーを叩いたとき、先にホールアウトしていたチェ・ホソンと13アンダーで並びましたが、
17番のパー3でフックラインを読み切り、バーディを奪いました。最終18番ホールをパーでまとめて悲願の初優勝を成し遂げました。

ウイニングパットを決めた後、鹿児島樟南高校の先輩、今シーズン2勝を挙げている秋吉翔太とハグをして喜びをかみしめていました。

優勝者インタビューでは「信じられない気持ちでいっぱいです。たくさんの方の応援が力になりました。ここまで育ててくれた両親に感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔で応えていまいした。

2位は「66」の猛チャージを見せた13アンダーのチェ・ホソン(韓国)、3位は12アンダーの今平周吾、J・パグンサン(フィリピン)、前年優勝者の池田勇太と熱中症を訴えた一昨年覇者の石川遼は、通算10アンダーの7位でフィニッシュしました。

昨年覇者池田勇太の傾斜地からのショットはアマチュアゴルファーにとても参考になります!スコアアップにつなげてください!

プロゴルファー|出水田大二郎

出典:ALBA

名前:出水田大二郎(いずみだ だいじろう)
生年月日:1993年2月5日
出身地:鹿児島県
身長:183cm
体重:83Kg
出身校:樟南高校(鹿児島)
ゴルフ歴:9歳~
得意クラブ:ショートアイアン
優勝回数:2回(ツアー1勝、チャレンジツアー1勝)

9歳からゴルフクラブを握り、横峯さくらプロの父親である良郎氏が主宰する「めだかクラブ」に入り、本格的にゴルフを始めます。

憧れの秋吉翔太プロにいる樟南高校に入学し、1年の2008年から「九州ジュニア(15~17歳の部)」で3連覇を達成し、高校卒業直後に2011年3月プロ転向。

2012年にチャレンジツアーでプロデビュー。2戦目の『きみさらずGL・GMAチャレンジ』でいきなり優勝を果たし、2012年4月に中日クラウンズでツアーデビューをしますが、20歳になったことでお酒や遊びを覚え、低迷し好成績を残せませんでした。

デビュー5年目の2016年には、未勝利ながら2位が3試合あり、賞金ランク7位でツアーへの出場権を得て、2017年には「日本プロゴルフ選手権」で初のトップ10フィニッシュ。今シーズンの初シード獲得の足掛かりになりました。

RIZAP KBCオーガスタ主な上位成績

出典:RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント2018

優勝 −14 出水田大二郎
2位 −13 チェ・ホソン(韓国)
3位T−12 今平周吾、ジュビック・パグンサン(フィリピン)
5位 −11 プーム・サクサンシン(タイ)、ウォン・ジョン・リー(オーストラリア)
7位 −10 石川遼、池田勇太、川村昌弘、木下裕太など

石川遼も徐々にゴルフの調子を上げてきていますね!トーナメント秋の陣が楽しみになってきました!

片山晋呉|本格ツアー参戦復帰!

出典:ALBA

5月末に行われた「日本ツアー選手権森ビル杯」のプロアマ戦からツアー出場を自粛していた片山晋呉が、今大会からツアーに本格復帰しました。

今回ではプロアマ戦に出場し3名の同伴ゲストとプレー。見事に団体戦で優勝を飾りました。ラウンド中はレッスンも交え和気あいあいの様子だったそうです。

大会本戦は、通算6オーバー104位タイで、残念ながら決勝までは進むことができませんでしたが、次週の「フジサンケイクラッシック」に参戦予定ですので、完全復帰を期待しましょう。

👉最新のドライバーを徹底特集!歴代最高の一本をみつけてください!

まとめ


男子国内ツアーに新しい風が吹きました!25歳の出水田大二郎プロがツアー初優勝です。

出水田選手の長身を生かした飛距離はトップクラスです。今大会は、飛距離はもちろんのことパットが素晴らしく、平均パット数が3日目までトップでした。ショットとパットが絡み合うとスコアは伸びていきますね!

松山英樹プロに体格が似ています。同じようなショットを身につけたら世界を狙えるかも!国内男子ツアー、秋に向けて高額賞金のトーナメントが目白押しです。楽しみな若手選手が出てきました。旋風の巻きお越しを期待しています!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧