ゴルファボ TOP雑学ゴルフ初心者がお手本にすべきスイングを5ステップ解説

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

ゴルフ初心者がお手本にすべきスイングを5ステップ解説

3人のプロゴルファーのスイング動画を参考に、初心者が押さえておきたい5つのステップを紹介します。お手本となる体の使い方をマスターすることで動作の改善やミスの防止にも役立ちます。スイング上達のヒントがわかるのでぜひ参考にしてみてください。

300ヤードも飛ばすようなトッププロのスイング、憧れるけどなかなかマネするのは難しいですよね。

ゴルフの技術において圧倒的な力を持つ彼等ですが、その全員がアマチュアのお手本になるかといえばそうでもありません。フィジカルもスキルも全く違うプロをアマチュアがそっくりそのまま取り入れると、スイングを崩す原因になってしまいます。

では、良い見本とはどんなゴルファーなのでしょうか?今回は、初心者でもお手本にすることができて、体の使い方がよくわかるプロのスイングを紹介します。飛距離アップやミスを減らすためにぜひ役立ててください。

お手本にすべき3選

ゴルフ初心者が見習いたい3人の選手を紹介します。

イ・ボミ

まずは日本ツアーでも活躍、2015年と2016年には賞金女王に輝いたイ・ボミ選手です。ショットの正確さでも知られていて、2015年の平均ストローク、パーオン率、パーセーブ率で1位になっています。

クラブを使うときに頭の位置が動かないのもポイント。自分でも、頭がブレないように気をつけていると話しています。ゴルフでは頭がブレてしまうと体の軸もブレて、ミスにつながってしまいます。動画を見て真似をしてみましょう。

キム・ヒョージュ

16歳のときにサントリーレディスオープンで史上最年少の優勝、アメリカ女子ツアーでもチャンピオンになった選手です。世界ランキング4位の実績もあり、しなやかで美しい動作を見せてくれます。

上半身の前傾姿勢がまったく崩れないのが初心者でも参考になる点です。ゴルフでは前傾が崩れてしまうとトップやダフリなどにもつながってしまいますので、ぜひ取り入れてみてください。

三浦桃香


勝みなみ、小祝さくらなどと同じ大活躍している年代の一人で、ツアーでも抜群の人気を誇ります。ドライバーの平均飛距離は246ヤードの飛ばし屋で169センチの身体を生かした大きな振り方も特徴です。

アドレスのときにしっかり両脇が締まっているところに注目。初心者でもすぐに取り入れられる点です。腕が必要以上に動かなくなるので、動きの再現性も高まります。

女子をお手本にする理由

女子プロゴルファーは小柄な体格でありながら、一般の男子よりも遠くまで飛ばしています。

しかしヘッドスピードも男子のアマチュアに近い数字です。力に頼ることなく、体とクラブを使ってうまくボールを打っているので、正確なショットが打てて飛距離も出ます。

ロングアイアンなど難しいゴルフクラブも使っていないので、ユーティリティの打ち方などでも参考にできる点があります。

逆に男子のプロの場合は筋力や体の柔軟性など、アマチュアとは違い過ぎるために真似をしようとするとショットの精度が悪くなったり、下手をするとケガにつながる恐れがあります。

一部の形をやってみるのはいいですが、そのまま取り入れるのは相当難しいと思っておいた方がいいでしょう。

スイング上達のための5ステップ

出典:日本女子プロゴルフ協会

最初に取り上げたイ・ボミ選手の動きを見習いながら、初心者が取り入れたい5つのステップを紹介します。

↓↓↓イ・ボミ選手の動画はこちらをクリック

リズム

「練習場ではうまく打てるのにコースだとミスが出る」。そんな方はリズムを見習ってみましょう。

ゴルフ場に行くとミスが出るのは、「飛ばそう」「うまく打とう」という気持ちで、知らず知らずのうちに動きが速くなってしまうからです。

動画を見るととてもゆっくり振っているように見えます。力を抜いて振ることで、再現性も上がってミート率も上がるので、ドライバーでも飛距離が出ます。

イ・ボミ選手は158センチながらドライバーで平均240ヤード近くまで飛ばしています。参考にしてゆったりとした振り方を取り入れてみてください。

右腰の動き

ゴルフでは、テイクバックのときに右腰が後ろに流れてしまう「スウェー」をすると、軸がブレる原因になり、スライスにつながります。

動画では右の腰が動かずにクラブを上げていることがわかります。テイクバックのときにはスウェーしないように注意しながら、股関節の上に体重が乗っていることを意識してみましょう。

↓↓↓ゴルフでスウェーを防ぐための4つの方法を紹介した記事です。ぜひ参考にしてみてください。

トップの位置

イ・ボミ選手はクラブを大きく振り上げず、とてもコンパクトなトップになっています。

シャフトが地面と平行になっていたり、ヘッドが大きく下がっているゴルファーもいますが、地面と平行のラインにまでシャフトが達していません。

ハーフショットよりも少し大きめの動作、というイメージです。アマチュアでもこれくらいの大きさで振っていくと、ミスが出る確率も下げていくことができます。

目いっぱい振りながら、精度も上げていく、というのはプロゴルファーでも難しいことです。自分がコントロールできる範囲で振る、というのが上達への鍵になります。

↓↓↓ゴルフでトップの位置が自然に決まる3つのステップを紹介します。初心者にもわかりやすい内容なので実践してみてください!

フォローの形

フォローでは腕がまっすぐ伸びた状態が理想的です。

腕が真っすぐに伸びているのはヘッドがしっかり加速しているからです。感覚としてはターゲット方向にゴルフクラブを投げるようなイメージです。

フォローで腕が真っすぐになることで、初心者でも飛距離も伸びていきます。ぜひ真似をしてみましょう。

フィニッシュ

フィニッシュはきれいにピタッと止まっています。

体の正面はターゲット方向に向き、右足はつま先立ち、体重が左足にすべて移動しています。ゴルフでは正しい動作ができるとフィニッシュもぴたりと決まります。

お手本を参考に、右足に体重が乗っていたり、ふらついたりすることがないようにチェックしてみましょう。

↓↓↓ゴルフでフィニッシュがどうしてもふらついてしまう初心者の方へ!おすすめの練習法を紹介しますので、試してみてください。

↓↓↓ゴルフの基本を完全解説したレッスンです。ドライバーからアイアン、ウェッジまで使い方を詳しく紹介していますので読んでみてください。

まとめ

今回はお手本になる動画と初心者ゴルファーが取り入れたいポイントについて解説しました。理想的な動きを見て、一部でも自分のものにしていくことでゴルフのスキルは上がっていきます。プロの動作をすべて真似することは難しいですが、参考になる点は多くあります。ぜひ比較して見つけてみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

花粉症ゴルファー必見!乳酸菌を取り入れて春ラウンドを快適に楽 …

花粉症ゴルファーに辛い季節が今年もやってきます。せっかく暖かくなってきたのに花粉症でゴルフは無理!そんな方も多いのではないでしょうか ...
  • 雑学
  • 66

いま話題!銀座PGMの最新インドアゴルフを体験取材

銀座に新しくオープンしたインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』を取材してまいりました。都心で楽しめるワンランク上のゴルフ施 ...
  • 雑学
  • 64

予算500円以内!ゴルフの打球事故リスクを減らす保険を調査

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 411

ゴルフシャフトの作り方!クラブ選びが上達する4ステップ

なぜ色々なシャフトメーカーやモデルがあるのか。市場にはたくさんの製品が流通していますが、いったいなにが違うのでしょうか?気になったの ...
  • 雑学
  • 157

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

特集一覧