ゴルファボ TOP雑学ランを無くしてピタッと止める!タイガーのロブショット

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

ランを無くしてピタッと止める!タイガーのロブショット

ハザード越えやグリーン脇からフワッと浮いた「ロブショット」でピンそばに落とせるとかっこいいですよね。ロブショットに向いたクラブで打つことも大事ですがイメージや打ち方のコツも同じくらい重要です。

高く上がってランの少ない「ロブショット」。

グリーン周りで使えるとゴルフの幅がグンと広がります。

砲台グリーンや、グリーン脇に打ち込んでしまった時に是非使いたい技ですが、繊細なショットだからこそ力加減が難しい技でもあります。狙った場所にピタッと止められたらかっこいいですよね。しかし技術的には分かっていてもイメージが伴わなければ良いショットが打てないのがゴルフです。

今回はタイガーウッズ選手が見せた、最高のロブショットの紹介です。後半のスローモーションではフェースをしっかり開き、ボールを直接打たずに芝を薄く削り取っているのが分かります。動画を見れば分かりますが打ち込むというよりは打ち払っている感覚ですね。

タイガーウッズのロブショット

ロブショットの注意点

ランが少なければそれだけグリーンからこぼれ落ちる確率が低くなります。注意点として、高く上げようとして煽り打ちにならないように気を付けましょう。フェースを開いてオープンスタンスで打てばボールは自然と上がります。

まとめ

ロブショットはちょっとしたポイントを押さえるだけで簡単に打つことが出来ます。最もやってはいけない「上げよう」という意識を捨てる事によって初めてロブショットが可能になります。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧