ゴルファボ TOP雑学キム・ハヌル選手から見習うべき「右足のねばり」とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

キム・ハヌル選手から見習うべき「右足のねばり」とは?

キム・ハヌル選手のスイング動画から飛距離アップに必要なイメージとポイントを学びましょう!ブレないスイング軸、右足のねばりはアマチュアゴルファー必見です!

現在、国内女子ツアー賞金ランキングトップをひた走るキム・ハヌル選手。去年に引き続き今年も絶好調です!今回はそんな彼女のスイングをご紹介します。まずもっとも目を引くのはスイング軸です。下半身から頭にかけてまったくブレない一本の軸があり、それを中心に見事な回転運動でリズムよく振り切っています。見ているだけでも良いイメージが自分の中で作れるので、ぜひ週末のラウンド前にご覧ください。

キム・ハヌル選手のスイング

トップ

アドレスからトップまで下半身がしっかり踏ん張った状態です。下半身が弱いとココで足の形が崩れてしまいます。捻転をしっかりと作るためにも下半身が動かない事が重要です。彼女のスイングは「軸回転スイング」です。体重移動を過度にせずその場で回転した力を利用しています。体のスウェーによるミスショットが多い方はぜひ参考にしてみて下さい。

ブレないスイングを作る、体幹トレーニングも取り入れることで、スイングは更に良くなります。腰痛予防にも効果的です!

インパクト

アマチュア選手の多くはインパクトの直後に右足がすぐ回転し、つま先立ちの状態になってしまいがちです。大きな飛距離を生み出すにはこの右足の向きが肝心です。一般的に「右足のねばり」と呼ばれるポイントです。コツはベタ足です。インパクト直後までは「ベタ足」で打つくらいの気持ちでスイングしましょう。慣れないうちはスイングしにくいかもしれませんが、この形の方がボールに力がしっかり伝わります。ぜひ試してみてください!

 

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧