ゴルファボ TOP雑学ショットの精度が上がる!かんたん予測練習法

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

ショットの精度が上がる!かんたん予測練習法

ショットしてみたら予想していた距離と全然違った…そんなミスショットを無くすための練習があります。練習場で一人で簡単に出来て、ラウンドでも効果抜群の方法です。

思い通りの場所に打つためにもぜひご覧ください。

ゴルフでは距離感が非常に重要です。しかし狙うべきターゲットは直線方向にあるので、距離を正確にとらえることがとても難しくなります。今回はドライバーからウェッジまで使える距離感を養う練習方法をご紹介します。

方法はいたって簡単。ショットと同時に何ヤード飛ぶかを答えるだけです。動画では飛距離が分かるトラックマンを使用し、ゴルファーの申告と機械の数値が合っているかをチェックします。プレイヤーは世界ランクNo.1ダスティン・ジョンソンン選手です。その結果は…

ショットの精度を上げる為の練習方法

飛距離“予測”がスコアを上げる!

ジョンソン選手は当然とでもいうべき結果がでました。ドライバーからショートアイアンまで正確に5ヤード以内を言い当てています。ドライバーに関しては324ヤードをドンピシャで言い当てました。それよりも9番アイアンでキャリー160ヤードの方が驚きですが…

↓↓↓アイアンの正しい構え方を徹底解説します

練習方法

打ったと同時にそのショットが何ヤード飛ぶか予測して口にしてください。7番なら打ったと同時に「145ヤード!」、少しミスヒットしたなと思ったら「130ヤード!」といった感じです。この練習をくりかえすことで、ラウンド中どの距離をどんな感覚でショットすればよいのか体が覚えていきます。

↓↓↓アイアンの打ち分け方はこれ!振り幅・力加減の正解は?

まとめ

今回のキャリーを予想する練習方法は簡単に取り入れられる上に、普段の練習から行うとストローク数に大きな変化が起きます。是非試してみて下さい!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧