ゴルファボ TOP雑学コックを使わなくても“ドライバーで飛距離を出す”為のコツ

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

コックを使わなくても“ドライバーで飛距離を出す”為のコツ

ドライバーの飛距離をアップさせて方向性も同時に手に入れる方法はコックにあった!なんだか飛びが悪い…OBが連発してしまう…そんなあなたは手首を使い過ぎているかもしれません。

ドライバーで飛距離を出すには手首のコックを使え!

そう聞いたことがありませんか?しかし、トップ位置で深いコックを作ってはみたけれど、飛距離は変わらないし、何よりミスが増えてしまった…そんな声をよく聞きます。手首は器用なので正しく使えると良い結果を生みますが、細かな動きが出来過ぎるためかえってマイナスに働くことが多々あります。

手首は使わない“意識”でショットしても実際は動きの中でしっかり使っています。本当に手首を使う必要はないのか?宮里藍選手のスイングで実証してみたいと思います。

ドライバー飛距離アップ術!コックを使わないパターン

トップの位置ではコックをほぼ使っていません。

しかしダウンスイングに入った途端、クラブと腕でしっかりと「Lの字」が出来ています。この形が飛距離を生む理想的な形です。ポイントはインサイド軌道です。振り上げた軌道よりも内側からクラブを出すことを意識してください。

インサイドからクラブを出せるようになると、自然とコックが作れるだけでなく、解けも遅くなるので力の入ったインパクトが可能になります。無理に手首を使ってミート率や精度を落とすよりも効果的です。

トップの位置でコックを使わなくてもインサイドで振り下ろすことによって、理想的なダウンスイングの形を作ることが出来ます。ぜひ試してみてください。インサイド打ちに関してもっと詳しくご覧になりたい方はこちらからどうぞ。↓↓↓

ドライバーを飛距離アップさせる意外なコツをいくつかご紹介します。こちらもチェックしてみてください。↓↓↓

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧