ゴルファボ TOP雑学イ・ボミ選手アイアンの打ち方!精度を上げる2ポイント

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

イ・ボミ選手アイアンの打ち方!精度を上げる2ポイント

アイアンのミスショットの大半は力みによって生まれる「軸のブレ」です。今回はアマチュアが参考にすべき理想スイング、イ・ボミ選手を参考にミスを防いで精度の高い球を打つ秘訣をご紹介します。

アイアンショットが安定しない…本番になるとトップやダフリが多くなってしまう…そんな悩みを持っている方も多いでしょう。

スイングの修正にはさまざまなポイントがありますが、その中でも重要なのは軸がブレないことです。力いっぱい打とうと意識しすぎると、軸がブレてミスショットしてしまいます。

今回はイ・ボミ選手のスイングを参考にアイアンを上手く打つための方法をかんたん解説いたします。スローモーションで確認できるので、リラックスしつつ、どのような身体の使い方をしているのか、あなたのスイングの参考にしてみてください。

イ・ボミ選手のスムーズなスイング

精度の高いスイングをする為の2ポイント

ミスショットに繋がる原因の一つに、「トップを上げすぎ」があります。

飛ばしたい意識が強すぎると、実際の感覚よりもバックスイングを大きくしてしまい、軸のブレに繋がってしまいます。アイアンで重要なのは精度です。イ・ボミ選手のスイングをみても上記画像がトップの位置です。

アイアンの精度を上げたい時はバックスイングを、あなたの感覚の8割9割くらいの位置で止めて打ってみてください。コンパクトに振ることで方向性だけでなくミート率も上がります。この時、右膝が後方に流れないことも重要です。

トップからインパクトまでは、上げたクラブをスッっと落としているだけのように見えます。余計な力みがない素晴らしいスイングです。

男性は力があるので、ついついトップの位置からグッ!っと力が入りすぎる傾向があります。重力に任せてクラブを下してインパクトにかけて少し力を入れるだけでも十分飛距離は稼げます。精度も上がるのでぜひ試してみてください。

初心者ゴルファー向けにヘッドアップを防ぐ3つの方法をまとめました。

もっとうまくなりたい方へ!初心者のスイングが変わる4つの法則をご紹介!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧