ゴルファボ TOP雑学ゴルフ利き目を知ってスコアUP!1分かんたん判別法

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

ゴルフ利き目を知ってスコアUP!1分かんたん判別法

バックスイングが上げにくい…フォローで肩の開きが早い…それもしかしたら利き目の仕業かもしれません!両目で見ることによってボールの見え方に錯覚が起こっているようです。それを知らないと残念ながらゴルフが上達することはないそうです。

人には、利き腕があるように『利き目』があることをあなたはご存知ですか?

実は、これがゴルフのスイングやパッティングに影響を与えています。しかし、そのことについては、これまで何ら教えられることがなかったと思いますので、今回の記事では、自分の利き目を知ってゴルフのスコアUPにつながる方法をご紹介します。

ゴルフで錯覚が起こるのは、「利き目」と「利き手」が一致するときだそうです。あなたはご自分の特徴を知っていますか?まずは、利き目がどこなのかを分かる方法をお伝えします。

これまでゴルフが上手くいかなかったのは、もしかしたらこの錯覚だったかもしれません。それを克服したら、急激にゴルフが上手くなるでしょう。ぜひ、一読していただき確認してみてください。

ゴルフ|自分の利き目を知ろう!

親指と人差し指でOKの形で◯を作り、両目で○の中に「印」となるモノが入るように合わせます。

○の中の印を見たまま右目を閉じます。次に反対を閉じます。交互に閉じる過程で印が◯からズレてしまった目があったと思います。◯の中に印が入っていたのが『利き目』となります。

ちなみに日本人の場合は利き手と同様で「右」が7割以上だと言われています。

ゴルフスイングにおける影響

手元にゴルフクラブがあれば構えてみてください。右打ちの場合、ボールの位置は中央から左側にセットすることが多いと思います。

利き目が右だと…

アドレスを構えたとき、ハンドファーストに見えてゴルフボールから遠く離れているように感じます。

「右目」の人は、アドレスで肩が開きやすい傾向にありますので、気をつけましょう。そして、普段と同じようにバックスイングで上体を捻ってください。そのとき視界からボールが外れやすくなると思います。

アドレスで肩が開き、視界から球が消えるので、上半身の捻転が不十分になり、トップが浅くなる場合があります。

しかし、トップからインパクトにかけてゴルフボールを見続けられるため、頭を残りやすくなるので、インサイドからクラブを下ろしやすくなります。トップポジションを深くすることを意識しましょう。

頭が残るとフォロースルーが大きくなるので、ゴルフでは飛距離がアップします。フォローを大きくするレッスンです。

利き目が左だと…

「左目」ならバックスイングでも球を見続けることができるので、深いトップが作りやすくなります。逆に頭を残すことが難しくなり、ダウンスイングで上体の開きが早くなるので、アウトサイドイン軌道になりやすい傾向にあります。ビハインド・ザ・ボールを意識しましょう。

松山英樹プロは「左」だそうです。ゴルフスイングにその特徴が現れています。参考にどうぞ!

パターにおける影響

今度はパターを構えてみてください。ゴルフボール位置は、通常どおり真ん中より少し左に置いてください。その状態でひだり眼を閉じてみてください。どうでしょうか…

「右」が利き目だと…

ハンドファースの構えになっていると思います。このとき、シャフトが地面と垂直になっている場合は、ハンドレイト(ヘッドが手元より先にあること)に構えている恐れがあります。

そうなると、フェースの下側でインパクトを迎えるのでインパクトの感触も悪く、転がりの悪いパットになります。

「左」が利き目だと…

シャフトが地面と垂直になっていると思います。これが正常なゴルフの構えになります。もし、ハンドレイトに見えているのなら垂直になるまでシャフトを立たせなければいけません。

ゴルフのパッティングは、練習をすればするほど上手くなります。パターの入らない原因と簡単解決法をご紹介します!

ゴルフ|利き目を利用してのセットUP方法!

プロやゴルフ上級者のショットやパッティングでは、インパクトの瞬間には、シャフトが若干ハンドファーストになっています。しかし、多くの利き目が「右」のアマチュアは、ハンドレイトでインパクトを迎えています。それは、この利き目の錯覚にありました。

これを改善するには、両目でアドレスをセットしないことです。右目を閉じて「左」のみでセットアップします。そうすることで、正しいセットアップをすることができます。

最初は、かなり違和感しかないと思いますが慣れていきましょう。射撃や弓道、アーチェリーは片目を閉じて的を定めます。ゴルフにも取り入れることで、技術を上げていきましょう。

左が利き目のゴルファーは、そのままで大丈夫です。ゴルフでは「右利き」と「左利き目」が上手くいくと言われていますが、そうじゃないプロも活躍しています。ゴルフを上達するにはやはり練習が必要です。ぜひ、ご紹介方法を試して、練習やラウンドに活かしてください。

まとめ

ゴルフの上達を妨げていたものは、この「利き目」だったかもしれません。ぜひ、セットアップ方法を試していただき、錯覚を解いて、ショットやパッティングを上達させていきましょう。

しかし、ゴルフはそれだけでは上手くなりませんので、しっかりショットの練習も取り入れて狙ったところにボールを運べるようにしましょう!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧