ゴルファボ TOP雑学中部銀次郎から学ぶべきゴルフの姿勢と男の生きざまとは

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

中部銀次郎から学ぶべきゴルフの姿勢と男の生きざまとは

最強のアマチュアゴルファー「中部銀次郎」をご存知ですか?数々のアマチュアタイトルを総なめにし、並みいるプロにも勝利するなど驚愕の実力と実績。今でもゴルフ界の伝説として言い継がれる中部銀次郎とは…アマが見習うべきその生きざまを紹介します。

00出典:みんなのゴルフダイジェスト

中部銀次郎(なかべ・ぎんじろう)というゴルファーを知っていますか?

1960年代にプロをもうならせた最強のアマチュアゴルファーです。日本アマチュア選手権で優勝すること6回。世界を舞台に戦うことになる中嶋常幸、倉本昌弘、湯川信光らをことごとく破りました。

青木功は、もし中部銀次郎がプロになっていたら「30勝はしていた」と語っています。

卓越したスキルのみならず、ゴルフ上達のためには「心」が重要と説き、残した教えはゴルファーの胸を打つものばかりです。

中部銀次郎がゴルフ界の歴史に刻んだ輝かしい歩みを振り返ります。そして、今なお多くのゴルファーが魅了されている彼のゴルフ流儀を紹介します。

中部銀次郎の生い立ち

出典:日本経済新聞

山口県下関市出身。1942年2月16日に生まれました。

父は大洋漁業(現・マルハニチロ)副社長および林兼産業会長を務めた中部利三郎の三男、四人兄弟の末っ子でした。

中部銀次郎のゴルフとの出会いは小学校4年生のとき。病弱だった息子の身体を強くするために父はメンバーだった門司ゴルフクラブへ連れていきます。6年生になるとハンデ20程度の腕前になっていました。

学生時代のタイトル

中学校に入ってからはゴルフに熱中、毎日コースへむかって暗くなるまでボールを打ちます。高校に入るとさらに腕を上げていきます。

1958年、山口県立下関西高校2年のとき中部銀次郎は、大学生が競い合う関西学生選手権に特例で出場、2位に2打差をつけて予選ラウンドをトップで通過します。本戦のマッチプレーでは二回戦で敗れましたが、中部銀次郎の名前がゴルフ界に大きく広がるきっかけになりました。

甲南大学に入学する前年、浪人時代に出場した日本アマチュア選手権では予選をトップ通過。マッチプレーの本戦でも準決勝まで進出しました。この活躍で中部銀次郎はアメリカ・フィラデルフィア郊外で行われる世界アマチュア選手権の日本代表に選ばれます。

世界アマチュア選手権ではベント芝の高速グリーンにも翻弄され、84のスコアだった中部銀次郎。そこでアメリカチームのジャック・ニクラウスのプレーを間近に見ることになります。ジャック・ニクラウスは当時、すでに全米アマを制し、将来を嘱望されるスター候補でした。

最終ホールでボギーをたたいたニクラウスでしたが、スコアはなんと66。自分と世界との差を痛切に感じた中部銀次郎は、プロを諦めてアマチュアでトップになることを決意します。

プロより強いアマチュアとして

出典:パーゴルフ

甲南大学在学中の1962年、中部銀次郎は日本アマチュアゴルフ選手権競技で初優勝します。このとき20歳と4か月、最年少での優勝となりました。翌年は準々決勝で敗退しますが、1964年にも同選手権を制覇しました。

中部銀次郎は学生ゴルフの世界では敵なしの状況となり、数々のタイトルを獲得、学生ゴルフ選手権でも2連覇を果たしました。

一躍、アマチュアゴルフ界の頂点に立った中部銀次郎は、大学を卒業すると親の務める大洋漁業の関連会社に就職。会社員としての仕事と並行してゴルフにさらに力を入れていきます。そこまでゴルフに熱を上げるのには理由がありました。

大企業の御曹司としての生活。お金や時間もある恵まれた環境。しかし、そうした状況にいるからこそ「負けたら恥、親にも申し訳ない」と中部銀次郎は考えました。

もともと中部銀次郎は父を尊敬していましたが、いっそうその思いを強くしていきます。父のためにも試合に勝つ。誓いを新たにゴルフの腕を磨いていきます。

精密なショット

会社員になってから中部銀次郎は営業の仕事を午前中で終わらせ、午後からはゴルフの練習。日曜日には一日中、ゴルフ場にいたといいます。

そうしてさらに研鑽を積み、曲がらないショットで中部銀次郎のボールは「針の穴を通す」とまで言われるようになりました。

日本アマチュアゴルフ選手権競技では1966年、1967年に2連覇。1974年、1978年と合わせて生涯で6回、この大会では頂点に立ちました。

1967年には西日本オープンというトーナメントにも出場、プロを退けて2位に6打差をつけて優勝します。「プロより強いアマチュア」と称される中部銀次郎。同じ年である青木功との親交も深く、多くのプロゴルファーとも交流をしていました。

ずば抜けた実力を誇り、プロへの誘いも何度かありましたが、生涯、アマチュアを貫きました。

後年の活躍

第一線をしりぞいたあとは日本ゴルフ協会ナショナル強化コーチとして後進を指導。1984年、世界アマチュア選手権で中部銀次郎は、監督にあたる「キャプテン」として日本を優勝に導きました。

出典:久慈ガーデンゴルフクラブ

経営者としての中部銀次郎は大洋漁業系列の日新タンカー専務、大東油業副社長、日新タンカー会長、大東油業社長など歴任。

のちにマルハのゴルフ場運営会社であった大洋クラブの会長を務め、同社が運営していた茨城県の「久慈大洋ゴルフクラブ(現・久慈ガーデンゴルフクラブ)」のコース設計にも携わりました。

2001年、中部銀次郎は食道がんのため59歳で逝去。早すぎる最後を多くの人が惜しみました。

中部銀次郎の教え

出典:野村不動産グループカスタマークラブ

中部銀次郎が多くのゴルファーに敬われているのは、競技の成績だけではありません。

ゴルフと真剣に向き合い、並外れた鍛錬を続けたからこそ得られた「悟り」があるからです。そしてその「悟り」には多くの人が「そのとおり」と膝を打つのです。

「起きたすべてのことを『あるがまま』に受け入れる」
「余計なことは『いわない、しない、考えない』」
「起きたことに過敏に反応してはいけない、柔らかくやり過ごすこと」

ゴルフではどれも思い当たることばかりです。そしてこうした言葉はゴルフに関わらず、日常生活や仕事などでも生かすことができる教訓となっています。

中部銀次郎が残した言葉の中からいくつかを紹介します。

心の大切さ

中部銀次郎はアマチュアの技術至上主義をいさめ、「心」の大切さを様々な場で説いています。

「ゴルフと真摯に向き合うこと」「スコアを問わず同伴競技者やクラブのせいにしないこと」「ラウンド中は謙虚でおごらない姿勢を貫くこと」。こうしたことを特に大切だとしています。

18ホールで自分の力を出し切るには心の鍛錬が不可欠だと語っています。ボールが曲がったりミスショットになったりするのもクラブのせいではない。あくまでも自分の打ち方に原因がある。それを認める謙虚な姿勢が上達につながるのだと言います。

またハンデが2ケタであれば「クラブはハーフセットにした方が結果はいい」と中部銀次郎は指摘しています。なぜなら、クラブの選択で迷うことがなくなり、シンプルなゴルフができるから。迷いはスイングにも影響し、ミスショットの原因にもなります。

そして謙虚さについては「どんなに謙虚な人でも、ゴルフに関しては人が変わったように自分自身に対する評価が甘くなる」。中部銀次郎はそう喝破しています。いつでもつつましく、ゴルフには向き合いたいですね。

飛距離について

「要するに虚栄。人より飛ばしたいと思うのは虚栄です」

飛距離について、中部銀次郎はこのように語っています。飛距離が伸びたからといって、スコアが必ず良くなる保証はありません。「むしろスコアが悪くなる保証はいくらでもある」と断言します。

上達を阻むのはこの虚栄。これを取り去ることができるかどうかが、その後の上達を左右すると中部銀次郎は語っています。

飛ばない、ということを気にすることはまったくありません。上がっていくつ、というのがゴルフ。「要するにスコアが良ければいいんです」と締めくくっています。

一番大切なのはアドレス

中部銀次郎はとにかく基本に忠実、丁寧なゴルフを貫いていました。ゴルフの中でもアドレスは特に重要だとさまざまなところで説いています。

「ゴルフで一番大切なのはアドレス。アドレスが間違っていなかったら大きなミスはほとんど起きない」。

多くのゴルファーはアドレスのときに自然にボールの後ろにヘッドを置くと思います。

しかし、中部銀次郎はアドレスで、インパクトに近い形を作るようにしていました。クラブフェースの真ん中、ボールが当たる部分をできる限りボールの近くに置いて構えます。そしてフェース面はターゲット方向を正しく向くようにセットします。

中部銀次郎は、ゴルフのスイングを難しいものだと考えていました。だからこそ、常に同じ動きができるように準備をする。そのためにアドレスではいつも同じように構えられるようなやり方をしていました。

 

↓↓↓正しいアドレスが簡単に作れるとっておきの方法とは?

中部銀次郎おすすめの練習法

最後に、本人がよく勧めていたという練習方法を紹介します。

まず壁から40センチほど離れたところに立ちます。そして状態を前傾させて額を壁につけるようにします。

次に両手の力を抜き、下に下げたうえでグリップを作ります。その状態でゆっくりとスイングの動作を繰り返します。壁に額がついているので頭が動くことはありません。目線は壁の方を向いているので、下を見るときには目だけを動かして「下目づかい」になります。

実際にボールを打つときもこれと同じだといいます。「後頭部の髪の毛を後ろに引っ張られる感じ」で構えます。そして上半身が少し反るような形にするのがポイントです。

両腕は真下におろした状態。これで軸がぶれない理想的なスイングの動きを体感できます。

やってみるととても窮屈な動きになります。両手が壁にぶつかるのもNGです。「頭を動かさずにスイングするのがいかに苦しくて、窮屈なものなのか。頭を動かさないというのはこういうこと、という感覚をつかむためにはいい練習」と中部銀次郎。ぜひ試してみてください。

↓ゴルフスイングの基本をもう一度おさらい!ドライバーからウェッジまでクラブを振るために必要なことを徹底解説します。

↓ゴルフはパッティングで決まります。打ち方の基本をマスターしましょう。

まとめ

アマチュアゴルフの神様、中部銀次郎の生涯とその教えを紹介しました。

彼が残した成績はゴルフ界にさん然と輝くものですが、その結果をもたらしたのは基本に忠実で努力を惜しまない姿勢、自分をコントロールする厳粛な精神があったからこそ、だと改めて感じます。

その教えはさまざまな場面で役に立つものです。日ごろの練習やコースに出たときなど、ぜひ思い返してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧