ゴルファボ TOP雑学ゴルフを始めたきっかけを調査!ランキング第1位は…

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

ゴルフを始めたきっかけを調査!ランキング第1位は…

壮大な自然の中に作られたコースで、日頃の喧騒から離れ、思い切りクラブを振って体を動かすのはとても気持ちいいですよね!老若男女を問わず誰でもプレーが楽しめますが、「何をきっかけにゴルフを始めたのか」をテーマに今回の記事はお送りしたいと思います。

「ゴルフと聞いてどんなイメージを持っていますか?」

若い世代の多くは、おじさんのやる娯楽・スポーツといったイメージを抱く人が多いようです。1992年のピーク時には競技人口は1,400万人以上いたそうですが、現在はその半分の約720万人。

しかし、完全に人気を失ったと思いきや、ジワジワと回復しつつあります。

特に女子プロの活躍で、女性の間では、自然が楽しめて、運動もできて、おしゃべりもできて人気が出てきています。アメリカでは、ゴルフが出世や成功に貢献したと答えた女性も多かったそうでまた熱をおびています。

実際ゴルフを楽しんでいる方は、何をきっかけに始めたのでしょうか?今回の記事は、アンケート調査を元に、はじめた理由や魅力についてご紹介します。

ゴルフを始めたきっかけは?

男性ランキング

<1位>会社の同僚や上司のすすめ…44%

<2位>友人に誘われて…24%

<3位>家族に誘われて…12%

ゴルフ雑誌「ALBA」のアンケートによれば、始めたきっかけの理由のトップは、やはり会社の上司や同僚ですね!約半数です。取引先などの接待でやらざるを得ない状況なのでしょうか。

社内コンペなどは盛況で、部署間や部下、先輩後輩のコミュニケーションも思ったより取れ、若い人たちも誘ってほしいとの声もあるようです!

女性ランキング

<1位>旦那さんや彼氏からの誘い…32%

<2位>職場がきっかけ…23%

<3位>運動不足の解消や健康のため…8%

コナミスポーツのアンケートでは、ゴルフを始めるきっかけになった理由の多くが、「旦那さんや彼氏から」です。大切なパートナーと同じ趣味で楽しみたいという人が多いようです。次に多いのが、「職場」です。これは男性と同じですね。

女性がゴルフをはじめて良かっと感じることは、「余暇の充実」「人脈ができる」「社内のコミュニケーションが深まった」など、多くの方が満喫しているようです!男性の方からどんどん女性を誘うといいかもしれませんね。

ゴルフのメリットは?

はじめるきっかけは、男性、女性とも誘われる方が多いようですね!おすすめする側もメリットがあるので、誘ったと思います。ここではメリットを少しご紹介します。

ストレス解消

都会の喧噪を離れ、大自然の中、思い切り体を動かすのも最高のストレス解消法です。

ドライバーが真芯に当たり、300ヤードまっすぐ飛んだ!
長いパットを一発で決めた!

そんなプロのような感覚を味わってしまうと、どっぷりとのめり込んでしまう方も多いといいます。週末のゴルフのために仕事を頑張り、コースで発散もいいでしょう。

初心者は上達するために、練習をしてベストスコアを出して達成感を味わうのも、心の成長につながります。

趣味として楽しめる

ゴルフは、家族・友人・恋人と共通の趣味として楽しめます。他のスポーツに比べて一緒にプレーする時間が長いので、自然とコミュニケーションがとれて会話が弾みます。また、普段の会話でもゴルフの話になると盛り上がるので、話題を欠くことがありません。

健康や運動不足の解消

 

ゴルフは、ただクラブでボールを打つだけでなく、長時間歩きます。カート乗ったとしても、ボールのところまで歩かなければいけません。アップダウンの多いコースでは結構カロリーを消費します。

しかし、息切れするほど激しい動きは必要ありませんので、日頃、運動不足で悩んでいる方や健康に気を使っている方にはもってこいのスポーツです。体力のない人でも気軽にできます。

2019年1月1日にルールが変わります!初心者をはじめアマチュアにとても有利な変更です。特にバンカーを苦手にしているゴルファーに朗報です!

ゴルフを「止めた」きっかけ

一方で、楽しくゴルフをはじめたものの、止めてしまう方もいます。どんなことが理由でしょうか…?やめた理由で圧倒的に多いのが、結婚や子育てで時間や経済的に余裕がなくなったことです。

最初は一時的に止めたつもりが、気がつくと5年10年と開いてしまったという方がほとんどです。ラウンドすると丸1日費やしてしまうので、子供の行事など家族サービスに充てると「余裕がない」と感じてしまうのでしょうか。

休眠ゴルファー|もう一度始めたいきっかけづくり

プロツアーの試合の観戦

テレビ中継を観たり、トーナメント会場に足を運んだりしてもOKです!

雄大なコースでプロのプレーを見ると、昔を思い出して「また芝生の上で日差しや風を感じたい」と思えてきます。仕舞っていたクラブを出してきて、グリップを握ってみたり、素振りをしたりしてみましょう!

目につくところにクラブを置いて、いつでもスイングができるようにしておくのも、きっかけ作りにはとてもいいですよ!素振りだけでなく、ストレッチも一緒に行うことで、ゴルフができる身体になってきます。

美貌と実力を備えた女子プロを「総まとめ」しました!あなたのお気に入りを探せば観戦が10倍楽しくなります!

ゴルフ練習場に足を運んでみよう

やはり、ゴルフはボールを打ってなんぼです!素振りだけでは物足りなさを感じるでしょう。そういう時は近所の練習場に足を運び、きっかけをつくりましょう!

昔は100切りを目指して、プレッシャーを感じながら練習していたかもしれませんが、長年のブランクがあるとそんなことも気にしないでしょうから、楽にスイングができるでしょう。

これを機に、レッスンを受けて基本からやり直ししてもいいかもしれません。一気に止める前のレベルを超えてしまうかもしれません!

ドライバーのスライスを3ステップで解決する方法です。他のサイトにはない情報です!休眠ゴルファー必見です。

まとめ

いかがだったでしょうか?
昔は「金持ちのスポーツ」と言われていましたが、現在の30~40代は、タイガー・ウッズをきっかけに、ゴルフを始めた方もたくさんいると思います。

その影響で現在は、その世代のお子さんがジュニアゴルファーとして活躍し、高校生や20歳前後の“黄金世代”と言われる女性プロが国内女子ツアーを席巻して盛り上がっています。

ゴルフをすることで、運動不足やストレスの解消ができて健康になり、また、家族や友人、上司や部下ともコミュニケーションが深まるので、楽しいゴルフをずっと伝えていってほしいと思います。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧