ゴルファボ TOP初心者祝!ゴルフデビュー!「初めての打ちっぱなし」編

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

祝!ゴルフデビュー!「初めての打ちっぱなし」編

今回は初めての打ちっ放しでも安心して行くための7つの心得をお教えします。システムが独特なので慣れないと焦ってしまいますが、流れさえ掴めば自分のペースでゆっくり練習が出来る素晴らしい場所になるでしょう!

「友人から誘われた」「なんとなく始めてみようかな」

理由はいろいろあれど、まずは打ちっぱなしで練習してみようと思い、このページをご覧になったあなた。
ついにゴルファーの第一歩を踏み出しましたね。

だけど、打ちっぱなしのシステムも分からないし、なんだか大人がいっぱいいて1人じゃ入りにくい・・・そう思っていませんか?

ご安心ください。初めての打ちっぱなしは誰もが通る道です。マナーとシステムさえ知っておけば、なんら怖いところでも居心地の悪いところでもありません。一人でも安心して打ちっぱなしに行けるための大事なポイントを簡潔に分かりやすくお伝えします!

初めての打ちっぱなし“7つの心得”

まずは、打ちっぱなしで必要な最低限の知識を身に付けましょう!

なにを持っていけばいいの?

打ちっぱなしに行くときは、ゴルフクラブ、グローブ、お金、この3つがあれば基本的に事足ります。

ですが、ゴルフクラブ持っていくのもキツイし、買い揃えるのはまだちょっと・・・という人には、クラブのレンタルもしていますので、受付で「クラブレンタルお願いします」といえば案内してくれます。

注意点

そのあと必ずスタッフが「何番をお貸ししますか?」と聞いてきます。何も知らずに行くと、ここで死ぬほどテンパります。

ゴルフクラブにはクラブごとに番号があります。これは、クラブの何番を使いますか?という意味です。こんな時は、アイアンなら「7番」もしくは「ピッチング」(ピッチングの方が短くて打ちやすいのでオススメです)と言いましょう。ドライバーなら「ドライバー」ですね。1本数百円から、お金さえ払えば何本でも貸してくれるので、まずは2~3本借りて打ってみるのもいいでしょう。

ということで、初めて打ちっぱなしで必ず持っていかなければいけないものは、グローブとお金です。

素手でかまわない!と思う方もいるかもしれませんが、汗で滑ってゴルフクラブが飛んで行ってしまい誰かに当たってしまうかもしれません。それに、何十球も打っていると手の皮が剥けてやばいことになります。ゴルフのグローブは基本片手のみですが、両手用のグローブもありますので、女性の方などはそちらを利用するのもいいですね。グローブは用品店などで1000円~程度で購入することが出来ます。事前にグローブだけは購入しておきましょう。

どんな服装でいけばいいの?

ゴルフ場と違い、打ちっぱなしでは基本的に動きやすい服、運動靴であれば問題ありません。ただし、過度に露出の激しい服や、サンダル、ヒール、タンクトップなどは適さないので、控えましょう。

お値段は?

これは各練習場によって違うので、事前にホームページなどで確認しておいた方がいいでしょう。曜日や時間帯によって値段は変わってきますし、打席が2階3階とあるような練習場ならば上の階ほど安くなります。また、打ちっぱなしでは基本的に打席料がかかるのですが、後から払うところもあれば、プリペイドカード(最初に自販機で購入して、ボール代金も含まれている)に含まれているところもあります。だいたいですが、打ちっぱなしでは3000円程度(打席料+ボール代)あれば楽しめます。

受付で何を話す?

打ちっぱなしは、ゴルフの練習しかすることはないので、受付まで行けばスタッフさんが案内してくれます。プリペイドカードが必要なところであれば、受付のすぐ近くに自販機があるので、案内してくれます。プリペイドカードを渡せば、そのまま打席の案内番号を渡されるか、「どの席で打ちますか?」と聞かれるので好きな席を指定しましょう。

予約なしでも、もちろん入れますが、土日など込んでいるときは待たされる可能性もあります。可能であれば、料金も安くて比較的空いている平日がオススメです。最近ではネット予約などもできますので、事前予約していれば予約者名を伝えればOKです。

打席についたらどうする?

席に着いたらまずはボールをゲットしましょう。ここも2パターンあります。

~プリペイド式(最近はこの方式が多いです)~

プリペイドカードを自分の打席の挿入口にいれれば、自動的に球がセットされるシステムです。自分の席に差し込み口がない場合は、打席後方にある自販機でボールを買いに行きましょう。プリペイドカードを入れるとボールが出てきます。

*ボールがいきなり出てくるので受けのカゴを忘れずにセットしましょう。

~コイン式~

打席番号カードと共にコインを渡されるので、コインを打席後方にある自販機に入れればボールが出てきます。

↓自販機はこんな感じの機械です

軽く準備運動をして、さあ!打ちましょう!

あとは打てば良いだけですが、初めての打ちっぱなしでいきなり力いっぱいのフルショットはやめましょう。ケガの元にもなりますし、ゴルフクラブが飛んでいったり、あり得ない方向にボールが飛んでいってしまう原因にもなります。初めは軽いスイングから、徐々に強くしていきましょう。

終わったらどうすればいいの?

使用した打席を見渡し、ゴミなど落としていないか確認して下さい。おしほりなど用意しているところもありますが、あくまで手を拭くためのものです。ゴルフクラブを拭いたり靴を拭くのはNGです。打席の番号案内カード(レンタルした場合はクラブも一緒に)を受付に返せば終わりです。

やっちゃいけないことって?

まず第一に、他人の迷惑にならないこと。皆、真剣にゴルフの練習しています。大声で話したり、騒いだり、フィールドに入ったり、打席以外の場所でスイングをしたりは絶対にNGです。まず、最初に打席に入ったら、座って周りの人がどういう風に過ごしているのかを観察してみるのがオススメです。

まとめ

さあ、長々となってしまいましたが、初めての打ちっぱなしに必要な最低限の情報はお伝えしました。
一番良い方法はゴルフ経験者に連れて行ってもらうことですが、分からなければスタッフさんなどに聞けば教えてくれますので、怖がらず聞いてみましょう。

最初はだれでも初心者です。
皆、初めての打ちっぱなしで緊張した経験を持っています。
周りに気を付けてさえいれば、案外初心者には優しくしてくれます。
本番のラウンドまでは、まだまだ覚えることがありますが、初めてゴルフコース上でナイスショットした時の感覚は人生でも忘れられないものになります。

まずは打ちっぱなしで最初の一歩を踏み出しましょう!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧