プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル初心者【ゴルフ初心者へ】真っ直ぐ飛ばない時はコレ試してください!

【ゴルフ初心者へ】真っ直ぐ飛ばない時はコレ試してください!

初心者

初心者ゴルファーの一番の悩みは真っ直ぐ飛ばないことです。

 

何度打ってもチョロやOBばかりだと本当にイライラしてゴルフが楽しくなくなってしまいますよね。

 

ゴルフボールをまっすぐ飛ばすこと自体は初心者でもそれほど難しくありません。しかし数百ヤード先にあるカップに入れるためにはそれにプラスして飛距離を出したり、距離を打ち分けなければなりません。

 

その要素が真っ直ぐ飛ばない原因を作っているのです。しっかり振ってある程度の飛距離を出し、なおかつ安定性のあるショットを打つためにはゴルフの基本となる動きが必要不可欠です。

 

 

今回は初心者ゴルファーでも真っ直ぐ飛ばない原因を克服し、ナイスショット出来るようになるためのポイントをご紹介します。

 

ゴルフはインパクトが全てです。どんな角度や強さでクラブをボールに当てられたかで全てが決まります。正しいインパクトには正しいスイングが必要です。そしてそのスイングのためにはアドレスが欠かせません。

 

初心者が真っ直ぐ飛ばないときはコレ↓を試してください。

 

~ゴルフの基本・グリップ~

【グリップ】

グリップの形には3つの種類があります。

  • インターロッキング
  • オーバーラッピング
  • ベースボールグリップ

この形はどれが良いといったことはなく、真っ直ぐ飛ばない原因や飛距離にはそれほど大きく関係はありませんので、あなたの握りやすい形でOKです。

 

グリップによるボールの弾道の変化には左手首の角度が大きく関係してきます。初心者が真っ直ぐ飛ばない原因はこの手首のちょっとした角度だったりします。

 

アドレスした時に左手首を外側にねじる形を①ウィークグリップ。内側にねじる形を③ストロンググリップ。②スクウェアグリップは中間の手首がストレートな形です。

 

ゴルファーによって体の作りやスイングは違います。あなたの弾道のクセに合わせてグリップの形を調整しましょう。ではどうやって調整するのかというと・・・・

 

ウィークグリップ =スライスしやすくなる

ストロンググリップ=フックしやすくなる

 

もし真っ直ぐ飛ばない原因がスライスならば、左手を少し内側にねじってストロンググリップを強めにしてみましょう。それでもまだスライスするならもう少し強くしていき、あなたに丁度良い角度を見つけましょう。

 

どちらの形もやりすぎると力が入りにくくなってしまいます。そんな時はグリップではなく他に問題があるのかもしれません。あくまで調整方法の一つとして取り入れてみてください。

 

~ゴルフの基本・アドレス~

【ゴルフ基本ポイント① 足幅】

肩幅程度に開きましょう。足幅はゴルフクラブによって変わりますが基本は肩幅。体がブレてしまう場合は少し広く構えると安定します。ドライバーでは元から広めに取っても問題ありません。

 

【ゴルフ基本ポイント② 腕】

腕は上体を前に倒してだらんと垂らした位置でクラブを持つのが理想的です。手前に引き過ぎたり遠くにつき出し過ぎたりするとミスショットの可能性が高くなります。

 

【ゴルフ基本ポイント③ 重心】

重心はつま先側が理想です。踵側体重になると軸がぶれやすく強くスイングできなくなります。重心はつま先側でおしりを突き上げて背筋をしっかり伸ばしましょう。

 

【ゴルフ基本ポイント④ 前傾角度】

ゴルフでナイスショットするために、もっとも注意しなければならないポイントが「前傾角度」です。上半身を前に傾けた角度が上下左右にブレないようにキープすることで真っ直ぐ飛ばない原因を改善しナイスショットできます。

 

 

~前後のブレを防ぐ~

背骨を軸にしてスイングすることを意識してください。イメージとしては背骨を軸としてコマの様に回転するイメージです。猫背にならないよう背筋をまっすぐに伸ばしましょう。

 

~左右のブレを防ぐ~

バックスイングで頭が右へ移動してしまうと体もそれにつられて動いてしまい軸がブレてしまいます。その状態でショットするとミスする可能性が非常に高くなります。

 

アドレスの時に最初から頭を適度に右側に傾けましょう。そうすることで頭の移動を防ぐことが出来ます。

 

~全体のブレを防ぐ~

膝の角度にも注意しましょう。膝が伸びてしまっている状態ではスイングをしっかり支えることが出来ずに体全体がブレてしまい真っ直ぐ飛ばない原因になります。適度に膝を曲げゴルフのスイングにもっとも大切な下半身を安定させましょう。

 

バックスイングでは右足を踏ん張ることが大切です。右足が流れてしまうと体全体の軸が動いてしまいます。ポイントとしては足の内側の筋肉に力を入れて踏ん張りましょう。初心者のうちは多少きついと思いますが体を安定させる為には効果的です。

 

 

~ゴルフの基本・スイング~

初心者ゴルファーがボールを真っ直ぐ飛ばすためには、多少の飛距離を犠牲にして安定性を優先させることが必要です。飛距離と安定性を両方とも再現できることが望ましいですがなかなか同時にはいきません。

 

ゴルフのラウンドで真っ直ぐ飛ばない状況が続けば、いくら飛距離が出てもまったく楽しくありません。初心者はまず安定性の比率を上げていきましょう。

 

ボールを飛ばすためには体重移動や体の可動域が関係しています。ということは、この部分を少し抑えるだけでも安定性は増し、ボールが真っ直ぐ飛ぶようになります。

 

飛距離が出なくなるような気がしますがミート率が上がれば飛距離が出るので相殺できます。

 

【ゴルフ基本ポイント① バックスイング】

初心者のころの大きすぎるバックスイングやフルスイングは真っ直ぐ飛ばない大きな原因になります。バックスイングを上げ過ぎない8割スイングを取り入れてみてください。

 

実際にボールを打つときは自分が想像しているよりも大きく振り上げてしまいます。その結果、軸がブレ、フェースが開いたままインパクトを迎えボールが真っ直ぐ飛ばない原因となっているのです。

 

【ゴルフ基本ポイント② 体重移動】

初心者のボールが真っ直ぐ飛ばない原因の一つに過度な体重移動があります。体重移動がしっかり出来ると飛距離は伸びますが、大きすぎる体重移動はミスしてしまう確立が上がります。少し押さえるだけでもショットの安定性は増します。

 

特に気を付けていただきたいのがダウンスイング時の体重移動です。ほとんどのゴルファーは体重移動しなければ飛距離は出ないと思っています。しかし大きな体重移動は運動エネルギーを正しくインパクトまで保てずほかの方向へ逃がしてしまう可能性もあります。

 

初心者におすすめの方法は「回転で打つ」です。その場で回転するイメージでショットしてみましょう。ターゲット方向に向かっていくのではなくその場で回転した力でボールをミートするのです。真っ直ぐ飛ばない原因となる体のブレが抑えられます。

 

この打ち方は真っすぐ飛ばないゴルフ初心者だけでなく、いまいち体重移動がスムーズに出来ないゴルファー、体重移動してもまったく上手くいかないゴルファーにもおすすめです。

 

まとめ

  • アドレスの前傾角度をキープする
  • ストロングとウィークのグリップで球筋を調整する
  • バックスイングを上げ過ぎずコンパクトに打つ
  • 体重移動を抑えその場で回転して打つ

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

初心者ゴルファー必見!スイングの基本を解説

初心者ゴルファー必見!自分に合った握り方が分かる方法とは・・

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。