ゴルファボ TOP初心者ゴルフ初心者ロストボールの特性と選び方3つのポイント

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

ゴルフ初心者ロストボールの特性と選び方3つのポイント

ゴルフ初心者でラウンド経験が少ないと、OBゾーンや池・ラフに入れて、たくさんなくしますよね!でも新品だと高くつきます。今回の記事は、ロストボールについてご紹介します。特性と選び方を知ればゴルフ場では有効にたくさん使えます。

ゴルフ場では、初心者のうちはたくさんボールを無くすことがあるので、安価なロストボールは重宝します。安いので、怖がらずにショットを打つことができます。特にドライバーでかっ飛ばしたい人は、安心して打つことができるでしょう。

でも、性能的には新品と比較して何が違うのだろうと思っているゴルフ初心者の方もいると思いますので、今回は、ロストボールの特性と選び方3つのポイントについてご紹介します。

ゴルフを始めると出費もかさむので、消耗品は安いもので済ましたいものです。

ゴルフ|ロストボールとは?

ゴルフ場の林の中や池の中にある、持ち主が紛失した球のことです。

プロや上級者はあまり曲げたり、池ポチャをしたりしないので関係のないことかもしれませんが、初心者ゴルファーは、OBや池でなくすことが多いと思います。

ゴルフコースでは、定期的にOBゾーンや池から回収し専用業者に買い取ってもらいます。それを洗浄し、仕分けしてゴルフショップなどの店頭で販売されています。つまり、中古品になります。

その性能は…?

中古品なので気になるのはやはり、質や性能でしょう!一度使われているので、傷がついたり、水の中に入ったりしているので、劣化してどうしても性能は落ちます。飛距離やスピン量に関しては少し影響はあります。

しかし、ゴルフを始めたばかりの初心者の段階では、新品と比較しても性能や使用感の差を感じることはあまりないと思います。

メリット

安価でたくさん購入できます。また、安いので無くしても罪悪感をあまり感じないことです。

特に初心者は、まだ真っ直ぐ飛ばしたり、スピンのかかったショットを打ったりすることが難しいので、曲げたり、ダフリやトップで池に入れたりして、ラウンドするといくつあってもたりません。

初心者向けの新品だと、安くても1ダースで3,000円〜5,000円を超えるものもありますので、1回打って紛失してしまうと、精神的ダメージが大きくなります。ある程度上達するまでは、安価なロストボールがとても重宝します。

デメリット

20~50個のセット販売ですので、いろいろ性能をもった種類が混合しています。

飛ぶものと、あまり飛ばないものが一緒に入っていたりします。アプローチやパターで打っても、止まるものと転がるものあります。そうなると距離感が不安定になってしまいますので、ゴルフではスイングに迷いが出てきて初心者の上達を妨げてしまいます。

初心者ゴルファー|選び方の3つポイント

出典:Amazon

ロストボールは状態によって、「A」「AB」「B」とランキング分けされています。「A」から順にランクづけが高いものになります。「B」のものがダメということではなく、多少キズが多めとか、池の水に浸かっていた時間が長かったという程度です。ゴルフクラブで打ったら空中で真っ二つに割れるということはありません。

状態が良いもの(ABランク以上)を購入する

やはり、状態が良いものが新品同様の性能を発揮してくれます。ナイスショットを打っても飛ばなかったり、曲がったりするとがっかりしてしまいます。
ショップでは、初心者もできるだけ状態ランキングの良いものを選びましょう。飛距離やスピンが安定します。

統一の銘柄を選ぶ

なるべくなら、同銘柄の球を選びましょう。なければ同じメーカーのものを選びましょう。理由は、同じ転がりや飛びをしてくれるからです。

上記のデメリットの部分でもお伝えしましたが、ゴルフは距離感が大切です。同じような振り幅で打っても、止まるもの転がるものを使うとカップを狙うことができません。

また飛距離についても、ドライバーなどのクラブで飛びすぎたりするとゴルフコースを突き抜けてトラブルになるのでもったいないです。飛びがバラバラになるとコースマネジメントができなくなってしまいますので、できるだけ統一銘柄の選び方をしましょう。

大量に購入しない

人気があるのは20個セットです。50個入りのセットも販売されています。しかし一度に大量のロストボールは入りません。

ゴルフ初心者がラウンドでなくすのは、1ホールに1個無くしても18個ほどです。20個あれば大丈夫でしょう。たくさんバックの中に入れていても重くなるだけですし、どんどん古くなってきます。ただでさえ中古品ですので、劣化が進むと、球筋に影響が出てきますので、注意しましょう。

ロストボールでゴルフプレーするときの注意点

■ルール上では…

ゴルフでは、ティーグラウンドからプレーした場合、同じ球でそのホールをホールアウトしなければいけません(ゴルフ規則15-1)。各ホール、傷がつくなどの特別な理由がない限り、同一のものをつかわなければ、ペナルティーがつきます。

ゴルフを始めたばかりの初心者には、あまり必要ありませんが、ルールで決まっていますので、ある程度ゴルフが上達し、大きなコンペや競技に出る場合は、同メーカー、モデルの同じものを使いましょう。

■窃盗犯になる!?

ゴルフコースの林の中からのショットを打った帰りに、球を拾ってくる方がいます。自分のものであればOKですが、他の人が紛失したものは、ゴルフコース側の所有にあります。勝手に取ってしまうと窃盗の恐れも出てくるので、気をつけましょう。

ゴルフは、マナーとルールを守ることがとても大切です。初心者の方はラウンド前には確認しておきましょう!

初心者ゴルファーが新品を使うタイミング

ゴルフ初心者で、スコア140前後でラウンドしているなら、ロストボールを使用した方が経済的に優しいので、いいでしょう。また、どのようなタイプが自分のフィーリング合っているかを確認することができます。

しかし、ゴルフが上達してきたら新品に移行していきましょう。110を切ってきたら、スイングや打点が安定してきた証拠ですから、新品を使い始めるタイミングになります。

知っておくべき知識を総まとめしました!おすすめの人気商品もご紹介します。

もう1つのロストボール…

ゴルフでは、ルール上にロストボールというのがあります。それは、プレー中に一定時間(5分間)見つからなかった場合に適用されます。時間が経過して見つけられなかった場合には、1打罰で最後に打った場所に戻り打ち直しをしなければいけません。(2019年のルール改正では3分になります)

ゴルフ初心者が、OBゾーンや池の近くにショットを打ってしまった場合には、「暫定球」を打っておきましょう。見つからなかった時に、戻って打つことがないので、プレーファストになり進行を止めることがなくなります。

ゴルフの暫定球というのは、OBになったり、紛失したりする可能性がある場合、あらかじめ次の球を打つことを言います。プレーヤーは、打つ場合は「暫定球を打ちます」と宣言しなければいけません。最初に打ったものがセーフであればそれを打ちます。なければ暫定球でプレーを続けます。

ルールの措置の仕方です。参考にどうぞ!

まとめ

いかがだったでしょうか?ロストボールを有効に使えば、ゴルフ初心者にとって上達の役に立ちます。

特性と選び方がわかればコースを攻めることもできるので、練習とラウンドを重ねて、早く新品でラウンドできるように頑張ってください!さらにゴルフの世界が広がります。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧