ゴルファボ TOP知識【高評価】ロングアイアンの打ち方の正解はコレ!

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

【高評価】ロングアイアンの打ち方の正解はコレ!

アマチュアゴルファーの大多数は200ヤードなどの中長距離ではFW、もしくはUTを選択すると思います。しかしその独特の打感やボールコントロールに優れたロングアイアンも忘れてはいけません。上級者以外でも上手く打てるコツをご紹介します。

ロングアイアンというと「難しい」「苦手」というゴルファーの方がほとんどではないでしょうか?

現在は、ユーティリティーやフェアウェイウッドが主流で、ロングアイアンをゴルフバックに入れている人は少ないかもしれません。

ですが、ロングアイアンにもメリットがあります……!

それは、「アゲインストに負けない低くて強い球が打てる」「球をコントロールしやすい」「ゴルフボールを芯で捉えたときの感触が最高!」という点です。ロングアイアンが打てるようになると、「ゴルフマネジメント」の幅が広がりますので、今回は、ロングアイアンの打ち方のポイントをご紹介します。

ポイントを押さえて練習すれば、苦手意識のあるロング系もクリーンに打てるようになりますので、ぜひ試してみてください。

ロングアイアンの打ち方とは?

ロングアイアンの打ち方のポイントは3つあります。

1.7番と思って打つ
2.ゴルフボールを上げようとしない
3.フェースを少しかぶせる

この3つの打ち方を意識してください。

その前になぜ、ロングアイアンは難しいのか?

その理由は・・・ロングアイアンは

・シャフトが長い
・ロフトが立っている
・ヘッドが小さい
・ボールが上がらない

という特徴があります。ミドルやショートに比べシャフトが長く、ロフトが立っているので、芯に当たる確率が減り、番手通りの距離が打てなくなります。またシャフトの長さにより上体の前傾角度も変わるので、同じように打つことも困難になります。これらの要素がロングアイアンを難しくしている理由です。

ロングアイアンを打つ時の3つのポイント

1.7番(ミドル)と思って打つ
2.ゴルフボールを上げようとしない
3.フェースを少し被せる

この3つのポイントを押さえることでロングアイアンでもクリーンに球を打つことが出来るようになります。5番アイアンに特化した打ち方の秘訣はこちらで紹介しています。

1. 7番(ミドル)と思って打つ

番手が大きくなっても小さくなってものスイングやリズム自体は大きく変わることはありません。プロのスイングを見るとロングアイアンもウェッジも同じようなリズムで打っていると思います。

しかし番手が上がっていくほどクラブの重量は増します。その結果、無意識に強く振ろうとし過ぎてしまいます。ヘッドスピードを早く振らなきゃと意識することはありません。無理に力んでしまうと、ミスショットを誘発していまします。コツは7番と同じようなイメージで振ることです。アマチュアゴルファーにとって一番馴染みのある7番のようにリラックスしてスイングすることで、ロフトどおりの働きをし、飛距離を出すことが出来ます。

2. ゴルフボールを上げようとしない

どうしても遠くに飛ばしたい気持ちから高弾道で打ちたいという気持ちが先走りしてしまいがちです。しかしロングアイアンは、無理に球を上げようとしないことがとても大切です。

芯に当たればクラブが自然とボールを上げて飛ばしてくれます。無理にゴルフボールを上げようとすると、ヘッドスピードも上がらず、スイングリズムも狂い、その結果ヘッドアップや軸のブレが起こりダフったり、トップしたりします。ボールを上げようと意識せず、ポイント1でお伝えした7番のようなスイングを心掛けましょう。

3. フェースを少しかぶせる

ロングアイアンは、ショートに比べてボールがスライスしやすい構造になっています。スライスをしやすいという方は、画像のようにフェースを少し左に向けてかぶす打ち方を試してみてください。

そうすることで、スライスの曲がり幅を少なくすることができます。

この、フェースをかぶせる打ち方は、ロングアイアンだけでなく他のゴルフクラブにも応用できる打ち方です。コースで、「今日は全部スライス気味のボールがでるなぁ」と感じたら、少しフェースをかぶせるとスライスを抑える事が出来ます。あくまでも応急処置的な打ち方ですが、その日のスイング、スコアの乱れはなくなります!

まとめ

最近では、FWやUT人気に押され3番などのロングアイアンはアマチュアの間ではほとんど使われなくなりました。レッスン書でも打ち方や攻略法などはあまり取り上げられていません。

ですが、ウッドやユーティリティーに比べ、方向性が出しやすく、スピンもかかりやすいのがロングアイアンです。攻撃的にグリーンを攻めるゴルファーにはとても楽しいクラブと言えます。トライしてみたい方は、お伝えしてきた打ち方のポイントを参考に試してください。7番のように打てれば、誰でもロングアイアンは打ちこなせます。

スコットランドにこのようなことわざがあります。

Let your club do the work.(あなたのクラブに仕事をさせよう)

「ロングアイアンは難しい」と意識せずに、「クラブが仕事をしてくれる」という気持ちで振ってみてください。必ずクリーンに打てるようになります。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧