ゴルファボ TOP知識インパクトで左膝を伸ばすと飛距離が伸びる2つの理由

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

インパクトで左膝を伸ばすと飛距離が伸びる2つの理由

ドライバーをもっと飛ばしたいけど、ラウンドではいつも曲がってしまい仲間に置いていかれる…そんなゴルファーでもインパクトで左膝を伸ばすだけで、飛距離が劇的にアップすることができます。スライスに悩んでいる方やもっと飛ばしたい方必見です!

出典:ゴルフダイジェストオンライン

一生懸命練習しているのに…、レッスンやスクールにも通っているのに…一向に上達しないし、距離が伸びないと悩んでいるあなたに、今回はインパクトで左膝の動きを見直すことで、劇的な飛びを手に入れる方法をご紹介します。現在のクラブに合った打ち方で、海外ツアーの飛ばし屋はみなやっています。

飛ばしたいあなたもこのスイングに取り入れることで、ヘッドスピードも上がり、インパクトも厚くなる飛ばし屋にしか体験できない凄いショットを身につけることができます。

お伝えする内容をぜひ試していただき、次回のゴルフにつなげてみてください。周りのゴルフ仲間はきっと驚くことでしょう!

左膝を伸ばすと飛距離がアップする理由

現在の飛ばしのトレンドとして認知されてきたインパクトでの左ひざが伸びるスタイル。自分史上最速のヘッドスピードを体験することができるようです。これから、なぜ左ひざをのばすだけで飛んでいくのかをお伝えしていきます。

ひざを曲げたままインパクトを迎えると股関節にロックがかかり前傾姿勢が崩れる原因にもなりますので、気をつけましょう!

「壁」ができてヘッドが加速する!

ひと昔前は、アドレス時に曲げたひざの角度はインパクトでも変えないで、壁を作るのが常識でしたが、現在の大きなヘッド、長いシャフト、軽いドライバーでは、どうしてもフェースが垂れて開き、右に押し出したり、プッシュスライスしたりします。

左膝をのばすことでしっかりとした壁ができて、インパクトでヘッドがグリップ(手元)を追い越していきます。この動きができるとヘッドスピードが最大限になります。

しかし、アマチュアは手打ちの人が多く、肘を引いたり、曲げたりして手元が先行してしまって追い越すことができないので、ボールが遠くに飛ぶこともなくミスも多くなります。

ひざがのびることで、左足を壁にすることができるので、“テコの原理”が使えヘッドが加速していきます!

両腕が引っ張られインパクトが強くなる!

左膝を伸ばすと、地面から跳ね返ってきたチカラ「地面反力」が働きます。これにより腰が高速回転しますので、左腕が引っ張られスイングスピードが上がります。つまり、ドライバーで飛んで曲がらない左腕主導の振りが自然にできうと言うことになります。

両腕がタイミング良く使えると、インパクトが厚くなり球も押せるので安定した飛距離を生むことができます。また、インパクトゾーンが長くなるので方向性も良くなります。

ショットが上手くいかないあなた!もしかしたら右手を使いすぎているかもしれません。馬場ゆかりプロのレッスン動画です。飛びポイントをご紹介します。

左膝の伸ばしかたのコツ

ゴルフはタイミングがとても大切です。ヒザをのばすタイミングを間違えると体重の乗らないインパクトになり、まったく飛びにつながりません。そうらないためのポイントをご紹介します。

左足を踏み込む

インパクトで左ひざを効率よく伸ばすには、ダウンスイングの時に左足を踏み込むことが重要です。トップポジションから体だけを回転させてひざをのばしてしまうと、右足重心になり腰が引けてしまい、強烈なアウトサイドインの軌道になるので、ボールが左右に曲がる原因になります。

左膝は、必ず踏み込んでからのばすことを意識しましょう。インパクトでは体重移動が必須ですが、踏み込むことで自然と体重移動ができます。

腰のバンプを使うと下半身がスムーズに動きます。1Wからウェッジまで応用できますので参考にどうぞ!

インパクト直前で伸ばす

インパクトの直前に左膝をのばしましょう。コツは、地面を蹴ることをイメージするとスムーズにいきます。

まずはシャドウで素振りをおこなってみてください。トップからダウンスイングまでひざはまだ曲がっていても問題ありません。インパクト直前にかけて伸ばしていきましょう。素振りではよく分からないと感じたら、打つ瞬間に“スッ”とのばしても大丈夫です。

インパクトでヒザを意識的に突っ張るので怪我をするのではないかと思われがちですが、曲げたままスイングするほうが腰に負担がかかり痛みを覚えてしまう恐れがあるようです。

ドライバーはグリップも大切です。握り方ひとつで方向性も変わります。意外と忘れているポイントがあるかもしれません。チェックしてみましょう。

左膝が伸びるとスライスもなくなる!?

実は左ひざが伸びることで前傾姿勢が崩れないから、フェースが開かずにインパクトを迎えることができるので右に曲がらなくなってきます。

スライスが直らないゴルファーはインパクトで思い切り伸ばすようにしてください。劇的に振りが変わり飛距離もアップすること間違いありません。

もちろん、傾斜きついアンジュレーションのある場所からフェアウェイウッドやアイアンショットを打つ場合は、インパクトで膝を曲げて残さないといけませんが、ドライバーでスライスが多い人はぜひ試してみてください。

ドライバーのスライスの原因がわかります。ぜひご覧ください!スコアアップも期待できます。

まとめ

今回は、飛距離アップに繋がる左膝を伸ばす動きについてご紹介しました。インパクトの瞬間の動きは一瞬でわかりにくい面もあると思います。ゴルフ練習場の鏡や動画を撮って確認することで、イメージをつかむことができるようになります。

これまで、昔のようにひざを曲げて高さを一定にしていて方、また左サイドの壁を気にしていた方、ぜひご紹介したことを試しいただき、自己最長不倒を目指しください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

花粉症ゴルファー必見!乳酸菌を取り入れて春ラウンドを快適に楽 …

花粉症ゴルファーに辛い季節が今年もやってきます。せっかく暖かくなってきたのに花粉症でゴルフは無理!そんな方も多いのではないでしょうか ...
  • 雑学
  • 66

いま話題!銀座PGMの最新インドアゴルフを体験取材

銀座に新しくオープンしたインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』を取材してまいりました。都心で楽しめるワンランク上のゴルフ施 ...
  • 雑学
  • 64

予算500円以内!ゴルフの打球事故リスクを減らす保険を調査

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 411

ゴルフシャフトの作り方!クラブ選びが上達する4ステップ

なぜ色々なシャフトメーカーやモデルがあるのか。市場にはたくさんの製品が流通していますが、いったいなにが違うのでしょうか?気になったの ...
  • 雑学
  • 157

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

特集一覧