ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識左利きはゴルフに有利!?ミスが出にくくなる特性が判明

知識

左利きはゴルフに有利!?ミスが出にくくなる特性が判明

左利きはゴルフに有利ってほんと?左利きゴルファーはスイングが安定しやすく理想の動きをしやすい特徴があります。右利きのあなたでも左利きの特性を取り入れることで今よりもっとナイスショット出来るでしょう!ぜひ参考にしてみてください。

ゴルフは左腕主導!とよく言われますが、多くのアマチュアは右腕を使い過ぎてしまう傾向があるようです。

反対に、左利きで右打ちをしているゴルファーは、クラブを利き手でコントロールできるので、スイング軌道も安定しやすくゴルフの理想の動きをしやすくなります。

じゃあ右利きの自分は不利なんだ…。そう思ったあなた、安心してください。

左利きゴルファーが自然とやっていることをちょっと参考にするだけで、右利きのあなたにも飛距離アップ・方向性アップできるポイントがたくさんあります。ミスショットを防いで、もっと遠くまで飛ばすために、ぜひ参考にしてみてください。

左利きの右打ちが有利な3つのポイント

主に3つのメリットがあります。

左手主導で打てる

ゴルフでは右打ちの場合、左手はクラブをコントロールして動きをリードするという大切な役割があります

テークバック、ダウンスイング、インパクトした後のフォロースルーの全てで左手がリードするのが理想。そのため利き手が左手だと打つ軌道や方向をコントロールしやすくなります。逆に右手はどちらかというと「添えるだけ」というのがゴルフの基本。

しかし、右が利き手の人はつい右手を使い過ぎて軌道が不安定になったり、ダフったりしてしまいがちです。右手の力に頼らずに左手主導のスイングにすることでクラブの軌道が安定していきます。手打ちが防げるので、自然と左右への体重移動も身についていくでしょう。

踏み込みが強くなる

ゴルフではしっかりと左足を踏み込むことでパワーが生まれます。

左利きの場合は利き足を使ってより力強く安定した踏み込みができます。軸も安定するので強い弾道を打つことができるでしょう。

しかし右利きの場合はどうしても右足に体重が残ってしまう傾向があります。踏み込みをきっかけにダウンスイングを始動する流れを作り、左への体重移動をスムーズにすることでボールにも強い力が伝わります。

↓↓↓ゴルフで安定した軌道で飛距離を出すには踏み込みが最重要です。動きのコツやタイミングについて解説しますのでぜひご覧ください。

ヘッドアップしにくい

手足と同じように「目」にも得意なほうがあり、「利き目」と言います。右利きの人の7割以上は右が利き目だというデータもあります。

ゴルフで特に影響があるのがアドレス。右目が利き目だとターゲット方向に顔が向いて、体が開きやすくなるという傾向があります。スライスにもつながってしまいます。

一方、利き目が左だとヘッドアップしにくく、アドレスやスイング中に体が開きにくくなるので、ボールをつかまえやすくなります。

右利きゴルファーでも、左目でボールを見続けるようにするとヘッドアップも防げて体も開きにくくなるでしょう。練習のときには右目を閉じてスイングするドリルもおすすめです。

↓↓↓ゴルフであなたの「利き目」はどっち?簡単判別法を紹介しますのでぜひチェックしてみてください!

レフティが不利な4つの理由

左利き右打ちはとても有利です。しかし左打ち(レフティ)になるといろいろと不便なことも出てきます。

打ちっぱなしが不便

普段、練習場に行くとレフティの打席は極端に少なくなっています。

右端に一つか二つしかないケースも多く、構えたときには目の前のゴルファーと向かい合わせになることも…。目が合ったり視線を感じたりと居心地がよくない思いをすることもあるでしょう。

クラブが少ない

クラブによってはレフティ用が販売されていなかったりするなど、選べるモデルが限られてきます。数も少ないので、割高になりがち。ほかの人から譲ってもらえるチャンスも少なくなります。

上達情報が少ない

 

雑誌やネットなどの上達情報は基本的に右用で作られていてイメージしづらくなっています。また動画なども同様。そのままでは理解しにくいという面もあります。鏡映しにして自分の動きを見るなどの工夫をしてみましょう。

レッスンも同じになっています。基本的に右でスイングする人対象のものが多いので注意が必要です。

コースの設計

日本のゴルフ場は、アマチュアの8割を占めるというスライサーに配慮した作りになっていること一般的です。

右は広くミスにもやさしいですが、逆に左はすぐに林やOBになっていることも多くハードなセッティングになっています。左で打ってスライスが出てしまうと途端に大ピンチになる可能性もあり。特にドライバーでは注意が必要になります。

左利きのトッププロとは?

プロでも左利きで右打ちをしている選手は多くいます。

アメリカPGAツアーで活躍している中ではタイガー・ウッズ、ジョーダン・スピース、セルヒオ・ガルシア、アーニー・エルスなど世界ランキング上位に入る選手たちが並びます。

また過去に活躍したアーノルド・パーマー、ジャック・ニクラウス、トム・ワトソンも同様。1987年に日本人として初めてアメリカゴルフツアーで賞金女王を獲得した岡本綾子もそうでした。

過去には確かに左用のゴルフクラブは今よりもさらに少なく、右で構えるしかなかったという事情もあるでしょう。しかし、かつてよりギアが充実した現代でも、環境面などを含めて右打ちにするとさまざまなメリットがあると言えます。

↓↓↓初心者必見、ゴルフで基本となるグリップの握り方について詳しく紹介します。安定した弾道を出していくためにぜひ参考にしてみてください。

↓↓↓ゴルフで左手を使って飛距離を伸ばす方法とは?プロがレッスンしますのでぜひ参考にしてみてください!

まとめ

今回は左利きのゴルファーが持っている特性について紹介しました。

右利きのゴルファーでもぜひ取り入れていきたいポイントです。利き手ではないのでどうしても使いにくくなりますが一つずつでもスイングに取り入れて上達のために役立ててください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。