ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフのテークバックで起き上がりを防ぐ4つのポイント

知識

ゴルフのテークバックで起き上がりを防ぐ4つのポイント

トップやチョロなどの悲しい打ち損じ、その原因はテークバックの起き上がりです。知らず知らずのうちにアマチュアが陥りやすい、上半身の間違った使い方とは?今回はゴルフのテークバックのミスを防ぐポイントを解説します。ぜひチェックしてみてください。

ゴルフで突然出てしまうチョロ…。ほとんど飛ばず、すごく損した気分になるミスですよね。

残念なチョロの原因はテークバックで上半身が伸びてしまうことにあります。上体が伸びて前傾を保てないと、ゴルフボールとの距離が遠くなるのでチョロのほかにもトップも出てしまいます。

普段は大丈夫でも疲れてくると起き上がりが出てしまうので要注意。ラウンド終盤、急にチョロが出たり、トップが出て困ったことはありませんか?

今回はゴルフでテークバックの起き上がりを防ぐ4つのポイントを紹介します。ラウンド中のミスを防ぐためにもぜひ参考にしてみてください。

テークバックの起き上がりとは?

上半身の角度が保てずに身体が起き上がることです。体が伸びたような状態からダウンスイングに入るのでゴルフクラブの軌道が安定せず、さまざまなミスの原因になってしまいます

デメリット

構えたときとゴルフボールとの距離が変わるのでインパクトもズレやすく、トップやチョロが出てしまいます。

スムーズに上半身が回転しなくなるので、球にパワーが伝わらず飛距離が大きく低下します。また膝が伸びて下半身も不安定になることも、飛ばなくなる要因です。

逆に前傾姿勢を保って打つことができると、スイング軌道が安定し、最初に構えたところをゴルフクラブが通ります。体重移動などもスムーズになって再現性の高い動作が可能です。体の軸を中心に回って打つことができるので、ヘッドスピードも上がって飛距離が伸びます。

起き上がりの原因とは?

前傾が維持できない

最大の原因は前傾姿勢が維持できないことです。

維持できないのは、下半身が不安定になるのが理由。テークバックのときに右膝が緩んで、左膝が前に出てしまいます。そうなってしまうと、左肩も下がり起き上がってしまいます。

両膝は動かないように構えたときからしっかり踏みしめるように力を入れておきます。下半身を安定させることで、前傾は保ちやすくなります。

アドレス

構えたときに背中が丸まって猫背になっていることも要因となります。アドレスで背中が丸いとうまく回転ができません。そのまま回転を続けようとすると上体が起き上がってしまいます。

ゴルフのアドレスでは足の付け根から身体を前に倒すようにします。背中は丸くならずに真っすぐ、頭頂かお尻まで焼き鳥の串が刺さっているようなイメージでアドレスをするようにしましょう。

手打ち

3つ目の原因が手打ちです。

始動から手や腕を使ってゴルフクラブを上げていることで上体が浮いてしまいます。肩の回転を意識して、上半身をしっかりと回していきましょう。そのときに背中がターゲット方向を向く、インパクトにかけては胸が目標を向くのが理想です。

腕や手は脱力してできるだけ体の回転についてくるのがベストな状態。力むことなくゴルフクラブの重さを感じながら振っていきましょう。

↓↓↓ゴルフでフェアウェイウッドを打つときのテークバックのコツとは?正確にミートするためにぜひ参考にしてみてください。

かかと重心

重心がかかと寄りになりすぎていることも要因になります。

つま先にほとんど荷重がかからないような状態はかかとに寄りすぎ。構えたときに真下~ややかかと寄りの位置に重心を置くようにしておきます。始動からもその状態を保ってトップまで持っていくようにしましょう。

理想的なスイングが身につく2つの方法

崩れない前傾姿勢の作り方

ゴルフで理想的な前傾姿勢を作るためには2つのポイントがあります。

まずグリップを握って前傾をするときには、股関節から曲げていくのがコツ。腰から曲げてしまうと猫背になって体がうまく回りません。股関節から前に倒し、背中は真っすぐになるようにアドレスをしてみてください。

次に膝は軽く曲げた状態にします。重心が下がることでゴルフクラブを振ったときにも土台が安定します。安定した土台の上で体を回転させることでパワーのあるボールが打てるようになります。

背中を真っすぐにして下半身を安定させた状態でテークバックに入ります。

↓↓↓ゴルフの飛距離の目安とは?番手ごとのヤード数をリサーチしました。あなたの飛距離とぜひ比べてみてください!

テークバックの動きをマスターするドリル

正しい動きがマスターできるドリルを紹介します。

家の壁などにお尻をつけて、シャドースイングをしてみてください。このときに上体が浮くとお尻が壁から離れてしまうので注意。お尻をつけた状態で下半身は固定したまま、動いていけるように繰り返す練習です。

椅子などを使ってお尻の位置を動かないようにしてから、素振りをしてもOK。打ちっぱなしの椅子を使って素振りをすると上体を伸ばさずにしっかり回転ができます。

また同じように壁に頭をつけてシャドーで動くドリルも効果的です。頭は動かさずにゴルフの動作をすることで、肩と腰を連動して回していく動きがよくわかります。軸が真っすぐになってひねりも感じられ、起き上がりを防ぐことが可能です。

↓↓↓ゴルフの基本を徹底特集!ドライバーからアイアンまで振り方を詳しくレッスンします。上達のためにぜひご覧ください。

↓↓↓プロゴルファーが教えるダフリを防ぐ方法とは?ミスショットを減らすためにぜひ参考にしてみてください。ゴルフ初心者は必見です。

まとめ

今回はゴルフのテークバックで起き上がりを防ぐ4つのポイントを紹介しました。始動直後に上体が浮くとそのあとで修正するのは非常に難しく、ミスにつながってしまいます。

特にしっかりと下半身を安定させるのが鍵。両膝の位置をキープするような意識を持って、土台を安定させてからスイングをしていきましょう。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 68

ゴルフの日焼け止め特集!できる男の肌ケア方法まとめ

絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアをしてる!いま、日焼け止めを使う男性ゴルファーが増えているようで ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 88

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

特集一覧