ゴルファボ TOP知識2018年はゆっくり振るスイングが流行る?!調査員が徹底レポ

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

2018年はゆっくり振るスイングが流行る?!調査員が徹底レポ

2018年!これを読まずしてゴルフの上達は見込めません!今年はゆっくり振るスイングが流行りそう!?今回は、「ゆっくり振る」真相に迫ってきました。あなたのゴルフが一層よくなるようにこの記事をお役立てください!飛距離アップが期待できます!

あなたは、距離を稼ぐために「ヘッドスピードを上げる」ことばかりを考えていませんか?それだとインパクト時の「ミート率」を下げて飛距離を損している可能性があります。

近年のゴルフ理論は、飛距離をアップさせるためにミート率を上げることを重視しています。ミート率を上げるには、ゴルフクラブの「芯」に、毎ショット正確に当てる必要があります。

ゴルフボールを芯に当てて飛ばすコツは、意外にもゆっくり振ることにありました。今年はゆっくり振るスイングが流行るのか!?今回は、ゴルファボ調査員が徹底レポをしてきましたので、メリットやコツなどについてご紹介します。

ゴルフクラブの芯は…

 

大きいドライバーのクラブヘッドでも「芯」の大きさは、2㎝ほどしかありません。毎ショット、この芯に当てることができれば、ヘッドスピードが遅いゴルファーでもゴルフボールにパワーを伝えることができます!

しかし、スイングが速くても芯に当たらなければ飛距離は出ません。同じヘッドスピードでも「芯」に当たれば、数ヤードアップします。ゴルフで飛距離を出すなら力一杯振る必要はありません。飛ばすための近道はミート率を上げることです。

アマチュアゴルファーが確実に「芯」に当てるには、男子プロのようなスイングではなく、女子プロのようにゆっくり振ることが大切になってきます。

キム・ハヌル選手のショットには無駄がありません。アマチュアにはとても参考になります。↓↓↓

あと+10ヤード伸ばしたい方は、この足の動きに注目してください!飛距離を伸ばすポイントがたくさんあります。↓↓↓

ミート率とは…

(参照:別冊ゴルフトゥデイ「女子プロはなぜ飛ぶのか?大研究!」)

ミート率はボール初速をヘッドスピードで割ったものです。一般的に1.4を越えると効率の良いゴルフのスイングとされています。トッププロでは1.5前後の選手もおります。アマチュアの標準値は1.35~1.39と言われています。初速に「4」をかけると概ねの飛距離が求められるとされています。

計算上では、初速が「1m/s」上がるごとに約4ヤード伸びることになります。(参照:別冊ゴルフトゥデイ「女子プロはなぜ飛ぶのか?大研究!」)

イ・ ボミ選手は、身長158㎝で250ヤード近く飛ばします!とても効率がいいです。↓↓↓

ゆっくり振るコツ

ゴルフでゆっくり振るには、クラブヘッドを加速させていく必要があります。アマチュアゴルファーの振りはロスがとても多いです。例えば…

バックスイングが異常に速かったり、逆にダウンスイングが速かったり、また、ヘッドスピードがインパクト直前でマックスを迎えてしまって、減速してボールに当たり飛距離をロスしているゴルファーがとてもたくさんいます。

効率の良い、再現性の高いゆっくりとしたゴルフのスイングを身につけるには3つのポイントがあります。

・ヘッドを加速させる

・急な切り返しをしない

・重いもので素振りをする

この3つを意識してください。

ヘッドを加速させる

マックスの時のヘッドスピードを10とします。

アドレスからトップポジションまでゆったりと上げて、ダウンスイングから徐々にスピードを上げていき、フォロースルーでマックス10のイメージで振ります。注意点として、腕だけ振らないことです。下半身を先行させて、体の回転を意識して振ってください。

実際には、ゴルフボールを打つとヘッドスピードは減速しますが、体の回転で打っているので、手打ちよりも減速の度合い小さくなります。

↓↓↓ドライバーの下半身の使い方はこちらです!

急な切り返しをしない

ゴルフクラブをゆっくり振るには、トップからの切り返しを急がないでください。切り返しを急いでしまうと体に力が入って、突っ込んだり、逆に上体が起き上がったりしてミスショットを招いてしまいます。

トップで急がないで振ると、ゆっくり振ることができるのでタイミングが取れて、芯に当たる確率が高くなります。リズムが安定すると飛距離アップが期待できます。

↓↓↓左腕主導だと体の回転をうまく使うことができます!

重いもので素振りをする

小手先でゆっくり振るのではなく、体幹を使うとパワーをボールに伝えやすくなります。体幹を使うには、重いものを振るといいでしょう。クラブを2本持って振ったり、野球のバットを振ったりすると、小手先ではすぐに疲れてしまうので、体を回転させるイメージが湧いてきます。

↓↓↓プロのような押し込んだインパクトができるようになります!

↓↓↓インパクトの打点が安定するとゆっくり振る感覚が身につきます!

まとめ

ゆっくり振るメリットとして

・芯に当たりミート率がアップする

・飛距離が出る

・クラブが楽に振れるので心に余裕が出る

・スイングがよくなる

・スコアがよくなる

などのたくさんのメリットがあります。

ゆっくり振るゴルフのスイングでも、ヘッドスピードが加速していればゴルフボールは今よりも確実に飛んでいきます。2018年!コンペのドラコン賞は総ナメですね!次のゴルフで試してみてください!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧