ゴルファボ TOP知識ピッチショットの基本的な打ち方と3つの戦略

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ピッチショットの基本的な打ち方と3つの戦略

ゴルフの上級者は意外に冒険をしません。安全にアプローチすることがスコアアップにつながります。今回はピッチショットの基本的な打ち方と3つの戦略をご紹介します。リスクの少ないクラブを選んで、安全に打つことでピッチショットが打てるようになります。

上の画像をご覧ください!このホールを「パー」で切り抜けたら念願の100切り達成です。でも、バンカー越えのアプローチが残っています。転がしは使えない!ランを使って強い当たりが出たら奥の池に入りそうです…あなたならどんなアプローチをしますか?

今回は、障害物があるグリーン周りに効果のある、ピッチショットの基本的な打ち方と3つの戦略をご紹介します。

ピッチショットが打てるようになると、バンカーや池越えなどの障害物、砲台グリーンが攻略できます。アプローチの引き出しも増えますので、寄せが楽になりスコアアップが期待できます。

ピッチショットとは?

ピッチショットとは、クラブのロフトどおりにボールを高く上げて、ランが少ないアプローチのことをいいます。キャリーが7、ランが3くらいの比率のアプローチです。

ピッチショットは、「チップショット」と間違う方もたくさんいます。チップは、ランニングアプローチのことです。球を上げずに転がしてランを使ってピンを狙います。キャリーとランの比率は1対9くらいです。

↓↓↓ランニングアプローチの打ち方はこちらです。

ピッチショットの打ち方

ピッチショットで使うゴルフクラブは、サンドウェッジを使用します。ピッチショットの打ち方には3つのコツがあります。

・ボールの位置と重心は真ん中に置く

・クラブヘッドは少し開いて構える

・手首の角度をキープする

この3つを意識すればピッチショットが打てるようになります。ピッチショットの打ち方の基本的なポイントですので、意識してスイングしましょう。

ボールの位置と重心は真ん中に置く

ピッチショットでは、ボールはスタンスの真ん中にセットして、少しオープンスタンスにします。オープンスタンスにすると球が右足寄りに見えますので、錯覚に気をつけましょう。構えるときは、両足を揃えてボールを真ん中にセットします。そこから少し足をオープンします。最初に両足を揃えているので、重心は真ん中に収まっています。左右に体重を乗せないようにしましょう!

球を右に置くと転がりやすくなります。左に置くと高く上がりますがトップする可能性があります。ボールを真ん中に置くとロフトどおりの高さになります。サンドウェッジを使いますので高い球が出て止まります。

クラブヘッドは少し開いて構える

ピッチショットでは、クラブヘッドを少し開いて構えます。開くと右方向に飛んでいきそうですが、スタンスもオープンにしていますので、相殺されて真っ直ぐ飛んでいきます。

フェース面を開いて打つ方法です。スピンもかかります。参考にどうぞ!↓↓↓

手首の角度をキープする

ピッチショットで大切なことは、球を高く上げようとしないことです。ロフトの大きいサンドウェッジを使っているので、無理に上げにいく必要はありません。上げようとすると手首をこねる動きが入ります。そうするとトップやダフリのミスを招いてしまいます。アドレスの時の右手首の角度をキープしたままスイングしましょう。

↓↓↓手首の角度が保てるとピッチショットなどのアプローチを打つときに役たちます!

ピッチショット|3つの戦略

ピッチショットを3つのシチュエーションのときに使うと威力を発揮します。次のゴルフで試してみてください。

ピンまでの間にバンカーや池の障害物があるとき

アプローチの基本は、まずは転がしで出来ないかを考えます。しかし、バンカーや池、木などの障害物があるときは、ピッチショットを使い、高さを出して越えていきます。そうすることで安全なアプローチが打てます。

砲台グリーンの土手を越えるとき

砲台グリーンではグリーン面に止めておきたいですよね。ショートやオーバーすると大叩きする恐れがあります。砲台でエッジからピンの距離が短いとさらにプレッシャーがかかります。ピッチショットですとボールの高さも出ます。スピンもかかっているので、高さのある土手を越えて止まります。

段のあるグリーン

ピッチショットでは高さも出てスピンもかかります。10〜30ヤードの10ヤード刻みで距離感のコントロールできると、勾配のある2段・3段グリーンのピンも攻めることができます。

スイングの振り幅を「腰から腰まで」「肩から肩まで」と調整すると距離感が出しやすくなりますので、練習で自分の距離を作っておきましょう!

ウェッジやアイアンヘッドが芯に当たると、適正なスピンがかかります。芯で打つレッスン動画です。参考にどうぞ!↓↓↓

まとめ

ピッチショットの基本的な打ち方

・ボールの位置と重心は真ん中に置く

・クラブヘッドは少し開いて構える

・手首の角度をキープする

これを意識すれば、グリーン周りの障害物を攻略することができます。ピッチショットが打てるようになると、ゴルフの上達スピードもアップするのでぜひ試してみてください!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボール知っておくべき2つの性能とおすすめの選び方

あなたのパフォーマンスを最大限引き出す『ゴルフボール』は一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧