ゴルファボ TOP知識ゴルフトレーニングで飛距離を抜群に上げる練習法5選

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフトレーニングで飛距離を抜群に上げる練習法5選

スコアアップを狙うゴルファーのために、スイングに必要な筋力トレーニングをご紹介します。上半身、下半身そして体幹と、ゴルフに必須の部分をしっかり鍛えられるメニューです。実践して、いつでも真っすぐ、ぐんぐん飛ばせるゴルファーを目指しましょう。

いざゴルフ場へ!でも、ラウンド後半に飛距離が落ちたり、ミスが増えたりすること、ありませんか?それはゴルフに必要な筋力が不足しているからです。

ゴルフは全身を使うスポーツ。最後のホールまで安定した動作を続けなければ納得するスコアには届きません。ところが、スイングに使う筋肉が弱かったり、機能していない場合は早い段階で疲労してしまい、身体の動作も崩れてしまいがちです。

今回はゴルファー向けのトレーニングについてご紹介します。これらを実践することによって最後までゴルフスイングが安定し、飛距離もアップしてスコアも向上します。

これらを少しずつでも取りいれていけば、体幹なども含めた身体全体の筋力は確実にアップしていきます。ぜひ取り入れていってゴルフの上達につなげていってください。

ゴルフに必要なトレーニングとは?

もっぱら練習は、ゴルフ練習場で打つのみ、ほかではあまりトレーニングをしていない・・・。当てはまるゴルファーの方も多いでしょう。でもそれはとてももったいないことです。なぜなら1日に数分でもゴルファー向けのトレーニングをするだけでスキルの向上につながるからです。

たとえば上半身のトレーニングに取り組めばゴルフでヘッドスピードが上がり、飛距離アップも実現できます。下半身のトレーニングをしていくとショットの正確性が増しラウンド後半の疲労も軽減できます。さらに体幹は全体の動きをささえる基礎部分であり、鍛えればゴルフでミスも減ります。

日々のそうした取り組みはゴルフで使う各部分の筋肉をいちだんと強くし、ケガを防止して日常生活でも疲れにくい身体を作り上げてくれます。

まさにいいことだらけです。初心者・中級者の方からベテランのゴルファーまで、ご紹介するメニューを取り入れて、強い身体を手に入れましょう。

下半身~飛距離と安定感のために

ゴルフでもっとも大切なのは下半身です。それぞれの筋肉は身体全体を支え、スイングの出来を左右します。

太もも

ゴルフの動きのなかでも下半身、特に太もも前の大腿四頭筋と呼ばれる部分はとても重要です。

大腿四頭筋は両足で地面を踏ん張って安定した状態を作りあげます。ゴルフスイングではここに力が入ることで、上半身の回転がさらに速くなります。土台がしっかりしてミート率も上がりパワーも増していきます。

大腿四頭筋のトレーニングにはいわゆるスクワットが一番。特別な器具も必要なく、いつでも気軽に取り組めます。背中が猫背にならないように構えて膝が地面と水平になるくらいまで下げたらもとの位置に戻りましょう。そのときに顔が上がったり下がったりしないように意識します。20回ほどと1セットで徐々に回数を増やしていきましょう。

スクワットは太ももだけではなくお尻やもも裏も鍛えることが出来ます。股関節周りが強くなっていくことで安定したゴルフスイングが出来るようになります。

ふくらはぎ

こちらもゴルフの動作で土台となる部分です。太ももに比べて小さな筋肉のため、疲労がたまりやすい部位です。特に右のふくらはぎは(右利きのゴルファーの場合)フィニッシュにかけて推進力を生む大切な部位です。しっかりと鍛えておくことでボールの初速が上がり、ラウンドの後半戦での飛距離ダウンや攣り、ミスも防止できます。

ふくらはぎのトレーニングは、まっすぐな姿勢で直立しかかとをゆっくりと上下させてみましょう。段差や階段などに乗ってかかと部分が浮いた状態にするとより効果的です。またダンベルなどを持って負荷をかける方法もあります。最初のうちは無理をせず、15回~20回×2セット程度を目安に、慣れてきたら回数を増やしていくようにしていきましょう。

上半身~強い振りに負けないために

上半身の筋肉もゴルフでは非常に重要です。打つときの姿勢を安定させるとともにゴルフの飛距離アップにもつながります。

お腹周り

ゴルフの動作の中でも回転運動に深くかかわる部位です。腹筋の中でも両脇腹にある腹斜筋は、上半身を捻転させ、素早い回転運動の鍵となるところです。さらにゴルフスイングで前傾姿勢を維持するのにも欠かせません。ここを鍛えれば上半身の回転が速くなりボールの速度も増します。前傾姿勢が維持できることで再現性の高いショットを打つことが出来ます。

ここをトレーニングするには少し工夫した腹筋運動が必要です。

いつもの腹筋のように仰向けに寝て膝を立て、上体を起こします。このときに上の写真のように頭の後ろで両手を組み、右ひじが左ひざにできるだけ近づくよう、ひねりながら起こしていくのがポイント。こうすることで腹筋の両横に刺激が入ります。

特に右利きのゴルファーは上体を左に傾ける動きが、ダウンスイングのときのスピードアップと同じ部位を使うことになります。少し速い動きを意識して取り組んでみるといいでしょう。この「アレンジ腹筋」は左右合わせて10回から15回を1セット、2セットを最初の目安にしてみるといいでしょう。

↓↓↓ヘッドスピードを上げるための効果的なゴルフの練習方法を動画でわかりやすく紹介しています。

背筋

背中の筋肉はゴルフスイングのスピードを左右する重要な部分です。特に広背筋と呼ばれる背中の中央にある大きな部分は、腕を振り下ろす動きや肘を後ろに引く動きで使われます。ゴルフではダウンスイングの動きにつながってきます。ここを鍛えることでより早いヘッドスピードが実現し、ドライバーでも飛距離を伸ばすことが出来ます。

広背筋のトレーニングにはいわゆる「懸垂」がいいでしょう。身体を引き上げる動きが直接、背中の筋肉を鍛えます。猫背にならないように上半身の姿勢に注意して取り組みます。通常の懸垂が厳しい場合は、足をつけた斜め懸垂でもOK。背中全体を意識しながら無理のない範囲で取り組んでみましょう。

↓↓↓ゴルフの飛距離アップのためにはミート率が重要!ご紹介するトレーニングでミート率を上げてもっと飛ばしましょう!

体幹~ブレない軸のために

体幹はゴルフの上達のためにはとても大事なポイントです。

そもそも体幹とはお腹周りを内部で支えている筋肉のことです。これらが鍛えられると、動作の安定性が増し、ゴルフではよりスムーズで正確なスイングが出来ます。逆にこの部分が弱いと、上半身が定まらずに同じような打ち方が出来なかったり、後半で姿勢が崩れてしまったりということにつながります。

内部にある部位のため、鍛えるのは簡単ではありません。ただ、この部分に強さが出てくると身体の軸が安定しゴルフスイングの再現性も高まります。他に取り組んでいる筋力トレーニングの効果も出やすくなります。

体幹トレーニング

体幹トレーニングにのうち、ゴルファーの方でも取り組みやすい2つの方法をご紹介します。先に挙げた上半身、下半身のメニューにも体幹を鍛える効果がありますが、こちらはもっと重点的に体幹を鍛錬できます。

一つはプランクというメニューです。上記の写真のように腕立て伏せの状態から両肘を曲げて床につき頭から足先までがまっすぐになるようにします。この姿勢を15秒から30秒くらい保ちます。背中を曲げないこと、頭を落とさないこと、尻を上げ過ぎないことを意識してみてください。慣れてきたら1回の時間を増やしてみましょう。

プランクが物足りなくなったらバランスボールを使って一段上のトレーニングを。床ではなくバランスボールに腕をつくことで不安定さが増し、より体幹を使えるハードなメニューになります。

また、ゴルフで必須の上体のひねりを意識したトレーニングもご紹介します。腕立て伏せの準備の状態から上半身を右にひねりながら右腕を真上にあげます。顔も腕と同じ方向を向くようにし、背中から足先までのバランスを崩さないように意識します。

ゴルフの回旋運動で使う筋肉も動かしながら、体幹の安定させるためのトレーニングです。左方向も同様に実施します。左右にそれぞれ10回ほどを目安に取り組んでみましょう。

↓↓↓ちょっと腰が痛いなというゴルファーの方へ、バランスを整えるエクササイズを詳しく紹介しています。

ゴルフトレーニング時の注意点

いずれのトレーニングに取り組む際も、最初は無理のない範囲で行ってください。未経験のメニューに取り組んだ翌日などはある程度の筋肉痛は当然、出ます。それはしっかり筋肉を使えている証拠であり、続けていけば強さを増していきます。

ただし、トレーニングをしている最中に痛みが出た場合はすぐに中止してください。そして痛みが長く続く場合は病院で診察を受けてください。

ゴルフ後のストレッチ

 

ゴルフ場でラウンドしたあと、あるいは練習場でしっかり打ち込んだあとは身体のいろいろなところが疲れているはずです。ストレッチをすると、それらの部位の回復を早め、動きがより改善していきます。

各部位のストレッチも大切な日頃の心がけであり、ゴルフのトレーニングの一環です。積み重ねにより疲れにくい筋肉が作られていきます。さらに筋肉の柔軟性を高めてゴルフスイングを大きくすることにもつながります。

下半身のストレッチ

下半身でももっとも大切な太もものストレッチは立った状態で行います。右膝を曲げて足首を右手でつかみ、足裏がお尻につくように引っ張ります。ももの前が伸びていることを感じながら20秒から30秒ほど、呼吸を止めずに行います。左足も同様に。

また、もも裏は前屈の姿勢を取ると自然に伸びてストレッチが出来ます。膝を曲げないようにして、なるべく猫背にならないよう上体を傾けていきましょう。

さらに股関節周りの疲れは足を開いて腰を落とす相撲の四股のポーズも効果があります。この姿勢をとると股関節のほか、お尻周りも緩めることが出来ます。

ふくらはぎのストレッチはいわゆるアキレス腱伸ばしの動作でOKです。ただ左右それぞれ20秒から30秒、かかとを上下させずにじっくりと伸ばしてください。特に疲労を感じている場合や、この動きではりを感じる場合は慎重に伸ばすこと、かつ少し長めに取り組んでみてください。

↓↓↓ゴルフをしたあと下半身の疲れがなかなか抜けない方へ!足裏マッサージはかなり効きますよ!

上半身のストレッチ

肩甲骨周りや背中はゴルフスイングで特に酷使する部分であり、プレー後はストレッチで伸ばしてよくケアをしておく必要があります。肩甲骨周りをほぐすには、両腕を背中側に回して姿勢を正し、両手を組んで上にあげるストレッチをしてみましょう。

また上の写真のように片肘を伸ばしてもう片方の手でひきつけて伸ばすメニューも効果があります。

背中周りについては全体を伸ばすメニューを入れてみましょう。正座をした状態から上体を前に出し、手をまっすぐ前に伸ばします。背中をそらせて全体が伸びていることを感じましょう。

上体を戻すときには背中を丸めた状態でしばらくキープします。腹筋、背筋の両方を収縮できるストレッチとなり、心身ともにリラックスできます。

↓↓↓ゴルフで大切な肩甲骨周りをしっかり伸ばすためのストレッチを動画で紹介しています。

↓↓↓ゴルフのトレーニングの成果を生かすために!基礎を徹底解説、しっかりチェックしましょう!

まとめ

今回はゴルファーの方にぜひ取り組んでいただきたいトレーニングについてご紹介しました。お腹周り、特に体幹のトレーニングなどはなかなか地味ですが、これらを1日数分でも繰り返していくことで、確実に筋力をアップできます。それがゴルフの飛距離を向上させ安定したスコアにも結び付いていきます。無理をせずできることから取り組んでいって、ぜひゴルフスイングの改善に役立てていってください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧