ゴルファボ TOP知識ゴルフのトップの原因とかんたん修正できる2つの練習法

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフのトップの原因とかんたん修正できる2つの練習法

ミスで悩んでいるゴルフ初心者の方は必見です!トップが生まれる原因とは何かを詳しく解説!基本部分を確認しポイントを抑えてトレーニングをすることで、きっとミスは減らせます!レッスン内容をチェックして、次の練習にそしてラウンドにぜひ生かしてください!

ゴルファーの方々の中には空振りやダフリなどと並んで、トップがよく出ることで悩んでいる方もいることでしょう。第1打がうまく打てて気分よく次へ、勢いに乗ってさあ次だというときにうまく当たらず、しかも全然飛ばない・・。

こちらではなかなか直らないとお悩みの方に向けて、その原因について要点を抑えて解説をしていきます。一つ一つ、しっかりと確認をして自分の動作を見直してみてください、また、うまく球をとらえるための基本的な対策や練習方法についてもご紹介します。こちらを繰り返すことで、スイングのベースをしっかり固めることができます。打ち損じを少しでも減らして、ゴルフの上達とスコア向上につなげていってください。

ゴルフのトップとは

トップとはゴルフクラブのヘッドが地面から離れて、球の上半分に当たってしまうことです。それによって弾道が極端に低くなり、場合によってはほとんど前に飛ばないこともあります。

スイングの最下点に達する前に当たってしまう場合、あるいはスイングの最下点を過ぎてから当たってしまう場合があります。さらに、ボールとの距離が正しくないためにインパクトのときにしっかりヒットできずにトップになることもあります。

プロゴルファーなどの上手な人のアイアンショットでは、クラブがボールの下を通って同時にスピンがかかり、遠くへ飛ぶ仕組みになっています。ダウンブローでとらえることでしっかりと力が伝わり、飛距離も生まれます。

ではどうしてトップが生まれてしまうのでしょうか。

トップを起こす原因について

原因は大きく分けて2つあります。一つはアドレスによって起こっているもの、もう一つはスイングが原因で起こっているものです。悩んでいる方は一つ一つをしっかりと確かめて正確なゴルフショットの実現と上達につなげていってください。

アドレスに起因するもの

ゴルフボールを打つというときには、今一度、アドレスをしっかり確かめる必要があります。構えているときの重心がずれていると打つ動作に入ったときに姿勢が乱れてしまい、それによってゴルフクラブの軌道がぶれることにつながってしまいます。ゴルフのアドレスの際には、必要以上に前や後ろに体重がかかっていないか確認をしてみてください。

またセットしたときに自然に打てる距離にボールがあるかどうかもチェックが必要です。離れた距離でセットしてしまうとインパクトの際に無理な動作でつかまえにいくことになり、ミスにつながってしまいます。

スイングに起因するもの

また、ゴルフスイングの際の動きについても見直してみてください。トップになる大きな原因の一つは身体を回転させて打つのではなく、いわゆる「手打ち」になってしまっていることです。だふりを警戒したり、ゴルフボールをできるだけ上にあげようとするあまり、手を使ってすくいあげるように打つとかえってヘッドが球の上半分にヒットしてミスになってしまいます。

大切なのは身体をしっかり回すこと。ダウンブローでとらえるためにも、ゴルフクラブは手で操作するのではなく、身体の回転に続いてあとからついてくる。そんなイメージを描いてください。

同様に球の行方を見ようとして頭があがる、いわゆる「ヘッドアップ」もトップボールの原因です。上半身が起きるため、身体を正しく回しきれずに、低い打球になってしまいます。体重移動を心がけて動作をするとともに、インパクトのときまでヘッドを安定させてフォームが崩れないような意識をする必要があります。

ゴルフ初心者の中にはダフリに悩んでいる方も多いことでしょう。そんな方はこちらをチェックして上達につなげましょう!

ゴルフのトップを防ぐ練習法

ミスを防ぐためには、原因となるアドレスの際の重心のぶれをなくすこと、ゴルフスイングの際にしっかりと体重移動をすること、そのうえでヘッドアップや手打ちなど大きくバランスを崩したスイングをしないことが大切になります。

ソールを真っすぐに運ぶ練習

まずはしっかりと体重移動を意識できるゴルフの練習をご紹介します。足元に2本のクラブを平行においてみてください。球は使わずに、その2本の間でアイアンを真っすぐ動かす練習をしてみましょう。しっかりと体重移動をしながら、左右にアイアンを動かします。最初は振り子の幅を小さく、真っすぐな軌道を正確に描けるように心がけます。慣れてきたらスイング幅を広げて、同様の反復をしていきます。

これを繰り返すことで左右への体重移動の感覚をつかむことができます。実際に打つときにも右から左へ体重移動をすることにより、地面と接する最下点でとらえられるためゴルフでミスを防ぐことにもつながります。

左肩を抑える方法

また手が主導でゴルフクラブを操作してしまう「手打ち」により、トップボールが出てしまう状態の場合は、左肩を抑える練習が効果的です。

ゴルフのアイアンを持って、素振りをするイメージを作ってください。その際に左手でクラブを持ち、右手は左の肩を抑えます。必要以上に左肩が上に上がらないよう、しっかり右手で抑えながら、左手1本でアイアンを素振りしてみます。すくい上げるような動きが抑制され、上半身の回転でゴルフクラブが動いていくのが確認できると思います。

その際に左肩が上がる動きが強いようならば、右手でしっかりと左肩を抑えてください。上半身が一体になって動くゴルフのイメージも確認できると思います。慣れてきたら実際に球も打ってみて、さらに動作の確認をしてみましょう。

ミスを防ぐにはまず基本をチェック、こちらのレッスンをご覧ください。正しい姿勢こそが真っすぐなゴルフショットへの近道です!

まとめ

トップを防ぐにはまず基本となるゴルフのアドレス確認と確実な体重移動がポイントになります。そうしたゴルフのベースとなる部分をトレーニングで一つ一つ確認をしていってください。地道なことですが、その積み重ねがナイスショットを増やすことにきっとつながっていくことでしょう。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧