ゴルファボ TOP知識ゴルフでシャンクが出たら?原因一覧と解決法まとめ

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフでシャンクが出たら?原因一覧と解決法まとめ

ゴルフでいきなり出てくるシャンク…!一度でると怖くてスイングしにくいですよね。アプローチでも出てくるからイライラしてクラブを折りたくなる気持ち…わかります。ナイスショットと紙一重といいますから、ちょっとしたことを直すだけで元に戻ります。

ゴルフのミスの中で、もっともゴルファーの鋭気を削ぐ「シャンク」。一度でると反復してしまう恐怖があります。プロでさえも出るというから恐ろしいショットです。でも、原因や解決法を知れば、ラウンド中でも慌てることなく対処することができます。

今回は、ゴルフのシャンクの原因と解決法をご紹介します。

シャンクは、調子がいい時に突如でてきますから気をつけましょう。プロゴルファー曰く「ナイスショットと紙一重」ということですので、上達している証拠と前向きにとらえて、気を落とすことなくしっかりとゴルフスイングを見直していきましょう。振り返る基本があることでレベルアップすることができます。

ゴルフ|シャンクとは?

インパクトの瞬間に右方向にゴルフボールが飛んでいくことを言います。ゴルフ初心者に多くでますが、プロでもまれに打ってしまう厄介なショットです。

シャンクの原因

ゴルフボールがフェースのネックに当たると右に飛んでしまいます。ゴルフクラブがインパクトの直前に身体から離れてしまうために起こります。

ゴルフのスイングで、力んで腕だけで振ってしまうと、下半身が止まって右膝が前に出てしまい、クラブが離れていきます。またラインを出そうと、ターゲット方向にヘッドを出していこうとすると、左脇が開いてクリップエンドが先行し、体から離れてしまいシャンクになります!

ゴルフクラブの構造

野球のバットやテニスのラケットは、握ったグリップの延長線上でボールを打つことができます。しかし、ゴルフクラブは、グリップ、シャフトの延長線上でヒットすることができません。

画像のようにシャフト線上ではなく、前に突きでた所に、ゴルフボールを当てるフェース面があります。そのため、シャフトに合わせ振ると球を飛ばすことができませんので、しっかりとインの軌道で振る、ゴルフスイングを身につけておく必要があります。

シャンクの解決法

シャンクがでたら、ゴルフの基本をチェックしてみましょう。構え方が悪いとミスを誘発してしまいますので、基本のアドレスを固めることで直すことができます。

ゴルフの基本は、アドレスです!初心者ゴルファーもベテランも確認しておきましょう!

左脇|素振りドリル

シャンクの原因は、左脇が開いてゴルフクラブが飛球線方向に流れることで起こります。それを直すには、左脇にヘッドカバーやグローブを挟んで素振りをし、脇を締める感覚を覚えることです。挟むのはタオル、ハンカチでもOKです。

左脇に挟んで、アドレスからフィニッシュまで素振りをして挟んだモノが落ちなければOKです。脇を締めることで手元(グリップ)が身体の近くを通るので、スイング軌道も安定し、フェース面でゴルフボールを捉えることができます。

注意点として、脇に挟んだまま打つと、ゴルフではルール違反になりますので、気をつけましょう。2~3回素振りをすれば体に覚え込ませることはできます。

このドリルを応用すると、どんなゴルファーでも飛距離アップが期待できます!

右足を引く練習ドリル

右足を後ろに引いて、左足一本で打つ練習をしてみてください。これを行うことによって、上体が突っ込まなくなりますので、ネックに当たる確率が減り、右に飛んでいくことがなくなります。

このドリルをすることで、ゴルフクラブをインサイドから降ろすイメージもつかめてきますので、スイング軌道も併せて良くなります。

アイアンで飛距離を出す方法です!7番アイアンで160ヤードが狙えます!

応急処置|それでも…シャンクが出てしまったら

逆の動きをすることで止まることがあります。あくまでも応急処置ですので、ラウンド後はしっかりと練習を重ねて良いゴルフスイングを身につけましょう。

ヘッドをかぶせる

フェースをかぶせて構えます。シャンクは、インから入ってフェースが開いたままゴルフクラブが身体から離れていきますので、ヘッドを閉じて上から打ち込めばでません。

打ち方のコツは、かぶせて打つとドロー回転がかかるので、ターゲットより少し右を向きます。ランが出るので、振り幅で調整してください。

ゴルフコースで出たときのことを想定して練習で試してみてください。一度練習しておくと、ラウンド中でも安心して使うことができます。この打ち方はトラブルショットでも応用できますので、身につけておくととても便利です!

アウトサイドからカットで打つ

アウトサイドからインに向かってカットで打つと、シャンクの軌道とは正反対になるので、右には飛んでいきません。スタンスはオープンに構えてください。オープンに構えることでカットに入りやすくなり、球もまっすぐ飛んでいきます。

イメージが湧かなければ、バンカーショットを思い出してください。バンカーからも少しスタンスをオープンにしてアウトサイドの軌道で振ると思います。怖がらずに振り抜いてください。

トゥー側にボールをセットする

ゴルフボールをアイアンヘッドのトゥー側にセットして打ってみましょう。スイングを変えなくてもネックに当たる可能性を減らしてくれます。根本的な原因の解決になっていませんので、ラウンド後はしっかり練習しましょう。

しかし、このやり方で何度も芯に当たるのであれば、今までのボールの位置が、身体に近過ぎていたかもしれません。その位置が、あなたにとっての最適な球の位置になります。

ネック側で構える

シャンクが出そうな感じですが、こうすることによって、グリップを体に引き付ける動きができるので、グリップが体から離れずにインパクトを迎えることができます。少し荒治療ですが、効果はあります。

ネック側にボールを置いて構えるプロゴルファーの方も少なくありません。ジャンボ尾崎プロも、ネック寄りにセットアップしています。ネック寄りに芯があるアイアンも多いので、そのことも意識しておきましょう。

手首の角度を意識するとアイアンをクリーンに打つことができます!

思いきり振る

ゴルフボールに合わせにいってしまうと、どうしても手打ちになってクラブが身体から離れていくのでシャンクは止まりません。ゴルフでは、スイングに迷いがあると、軸がぶれたり、前傾角度が変わったりします。

振り切ることで軸も安定し、突っ込まないゴルフスイングができるようになり、ナイスショットが生まれます。アドレスを構えたら、“スパーン”と振り切りましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

シャンクがでるとショックは隠せないですよね。後々まで響きます。でも、今回ご紹介した解決法を試せばもう怖いことはありません。落ち込む前に、基本に戻ればゴルフコースでもすぐに直すことができます。プロでも打つことがありますので、気にせず思いきりプレーをしてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧