ゴルファボ TOP知識ゴルフボール”つかまえ方”が3倍上手くなる3ステップ

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフボール”つかまえ方”が3倍上手くなる3ステップ

飛んで曲がらない!?ゴルフボールのとらえ方次第で飛距離はどんどんアップする!でも…どうやって打ったらいいのかわからない。そんなあなたにゴルフの”つかまえ方が3倍上手くなる方法をご紹介します。球を捕まえることが飛ばしの秘訣です!

ゴルフでは、「ボールは捕まえて飛ばす!」とか言われるけど、どうしてもこすってしまってスライスになってしまいますよね……。でもプロやゴルフ上級者は、「フェースに乗っている」または「インパクトが厚い」といった表現をするのですが、アマチュアにはその感覚があまりわかりません。

今回は、ゴルフボールの”つかまえ方”が3倍上手くなる3ステップをご紹介します。

ゴルフでは、球の捕まえがわかるようになると、ドライバーでのスライスが減り、しっかりと捕らえたボールが打てるようになります。ドローやパワーフェードも夢じゃない!ぜひ、ご紹介する方法を試してみてください!

ゴルフ|球を捕まえるとは…?

ゴルフでまっすぐ飛ばすには、インパクトの時にどれだけフェース面で、ボールを長く乗せて押し込めることができるか、ということがとても重要です。

ゴルフクラブの正しい軌道であるインサイドインのスイングでは、ヘッドは開いて入ってきて、インパクトではスクエアになり、フォローでは閉じて抜けていきます。

クラブは開こうという慣性があるので、ヘッドを閉じる動きを取り入れないと、捕まえることは不可能になってきます。ゴルフでは「フェースを閉じる動き」がとても大切になってきます。

ゴルフボールのつかまえ方とは?

プロやゴルフ上級者がとても大切にしていることは、ボールのつかまえ方です。スライスばかりでドローが打てない人、5番アイアンと7番アイアンの距離が同じという人は、とらえることができていません。

ゴルフでしっかりと捉えるには、2つの方法があります。

・ボディーターン

・リストターン

どちらもゴルフでは有効な方法です。どちらか試していただき、「芯に当たる」または「振り切れる」方法を選んでください。

ボディーターンタイプ

腕のローテーションを抑えて体を回転させるスイングで球をつかまえていきます。この時は、まったく開閉しないわけではありません。

開閉する意識よりも体を回転させる方を優先しています。ゴルフではリストのスナップをある程度使わないと飛んでいきませんので、ボディーターンで上手く回転しても、インパクトでしっかりとリストを返さないとスライスになってしまいます。

リストターンタイプ

逆にリストターンタイプは、積極的に腕のローテーションを使いフェース面を開閉させてボールをとらえていきます。この場合は、左側に壁を作り、グリップを支点にヘッドを返していきます。

どちらもヘッドを開閉しながらゴルフボールとらえています。ナイスショットを打つには、クラブを閉じたり、開いたりするローテーションがとても大切です。

ゴルフボールの“つかまえ方”を3倍上手くなる3つのステップ

球をとらえる方法は2つありましたが、どちらも腕を返す動きが大切です。ローテーションができないとインパクトからフォロースルーにかけて左肘をたたむことができないので、肘が引けてしまい、ミスショットを誘発してしまいます。ゴルフでは、まず腕を返すことを意識してください。

フェースローテーション

ポイントは右手の平です。右手の平とフェース面の動きは一緒ですので、手の平を開きながらテークバックしていきます。トップでは完全に空のほうを向きます。そしてインパクトで手を返してフォローでは地面を指すくらいにしていきます。そうすることで、つかまえ方が身についてきます。

右手をスムーズに返すには、左手の動きも大切です!しっかり返すことができます。スライスばかりのゴルファーは必見です!

ハーフスイング

ハーフスイングは、ゴルフの基本です。ボールのつかまえ方の感覚がすぐにわかりますので、体に覚えこませることができます。

ハーフショットをする時は、アドレスのスタンスは肩幅より少し狭くします。振り幅は腰から腰(9時から3時)までです。右腰の位置で右腕とシャフトがL字になります。そしてフォローでは左腰の位置で左腕とシャフトが逆L字になります。上記の右手使い方も意識しながら行ってください。

注意点として、逆L字の時に左肘が引けないように、脇を締めて左肘をわき腹に付けるようにしてください。

この時は、体重移動は必要ありません。背骨を軸に腕だけでスイングしていきます。最初はゆっくり、肘が引けないように意識しながら行い、徐々に早くしていきます。ゴルフでは、このハーフスイングがスコアメイクに直結しますので、しっかりと練習していきましょう!

ハーフショットで振るとヘッドスピードもアップしてきます。女子プロのゴルフレッスンです。参考にどうぞ!

上体を突っ込まない

ゴルフでは、振り切ることが大切です。しかし、ボールを見過ぎるとどうしても打ちにいってしまい上体が突っ込む原因になってしまいます。

これまでお伝えした「腕を返す」ことができたとしても、インパクトのときに上体が突っ込んでしまうとクラブを振り切ることができなくなり、フェースが返ってもカットの軌道になり、右にフケてスライスになります。

ゴルフで思い切り振り切るには、1本足の素振りの練習がオススメです。テークバックで左足を上げることで、右足の体重移動と左足ヘの移動が確実に行えます。この動きができると、ヘッドを直線的に動かせるので、ボールのつかまえ方が簡単になります。

ぜひ、この3つを練習で試していただき。ゴルフコースでもショットの前に軽く素振りをするだけで、簡単に捕まえられるショットができるでしょう。

上体を突っ込まないようにするには、右足の粘りも大切です。ドライバーの飛距離もアップしてきます。

まとめ

ゴルフボールのつかまえ方が安定すると、インパクトが厚くなり、飛んで曲がらない振り切るスイングができるようになります。

ゴルフクラブの軌道を意識することで、右手の位置が確認できるのでアームローテーションが自然にでき、球をとらえて飛距離アップすることができます。ぜひ、ご紹介した3ステップを参考にどんどん飛ばしてみてください!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧