ゴルファボ TOP知識ゴルフのチッパーとは?特徴と打ち方3つのコツ

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフのチッパーとは?特徴と打ち方3つのコツ

”チッパー”がゴルフを変える…!ムダな抵抗はやめて振るだけで簡単にカップに近づくクラブを使ってみよう。ピッチ&ラン、ランニングアプローチが面白いように決まる魔法のゴルフ用品…ウェッジでもパターでもないのにルール適合している不思議な道具です。

「チッパー」というゴルフクラブ…聞いたことはあるけど手にしたことはないという人が多いのではないでしょうか?昔から存在するクラブで、ルール上認められていて「アイアン」のカテゴリーとして分けられています。深夜の通販番組ではよく紹介されていますが、ポテンシャルの高さを知るゴルファーは少ないと思います。

今回は、ゴルフのチッパーの特徴と打ち方の3つのコツについてご紹介します。

アプローチが苦手で、ランニングやピッチ&ランができない人が使うと、簡単に寄るので感動すると思います。そんなゴルファーのために作ったクラブなので、使わない手はないですよね!

「みんなが使っていないから」とか「形が変なゴルフクラブだから恥ずかしく使えない」と考えているなら、もったいないです。最近はデザインもカッコよくなっているので、使ってみても損はないと思います。

ゴルフ|チッパーの特徴とは!?

出典:楽天

「ウェッジタイプのソール幅が広いもの」と「パターのような狭いソール幅」の2種類があります。見た目は、ウェッジやパターとあまり変わらず、ちょうど中間のような形をしています。昔ほど、いびつな形をしたものがないので、構えても違和感はありません。

ウェッジよりもロフトが立っていて、シャフトが短いので構えやすいのが特徴です。ソール幅が広いのでダフリにくく、しっかりとゴルフボールをとらえてくれるので、グリーン周りのミスが激減します。

なぜ、ゴルフ上級者やプロは使わないの?

答えは、テクニックが使えないからです。チッパーは、転がし専用でロフトが立っていてソール幅が広ので、開いて球を上げたり、スピンを効かせたりすることが難しくなります。上級者やプロはボールをいろいろコントロールしたいので、操作しやすいウェッジを好みます。

チッパーを使うゴルフの場面は…

チッパーで打つとキャリーが少なくランが多いので、ゴルフコースの池やバンカーなど障害物を越えるアプローチには向いていません。グリーン周りのライやエッジからピンまで遠いときにとても役に立ちます。

シャフトもパターと同じ長さが多いので、ゴルフボールに当てやすく距離感も掴みやすいので簡単にピンまで寄っていきます。ウェッジやアイアンで打つより簡単なのでミスが減ります。

最近は、方向性が取りやすいラインが刻印されてモデルも発売されていますので、とても使いやすくなっています。

チッパーの打ち方3つのコツ

ゴルフボールの近くに立つ

他のゴルフクラブよりシャフトの長さが短いので、普通のショットよりもボールの近くに立ちます。そうすることで、クラブを縦に振ることができ、クラブヘッドが同じところを通るので、ダフリやトップのミスヒットを減らすことができます。

ゴルフボールとの距離は1足分で、球の位置は左足の内側が目安です。構えは少しハンドファーストになります。

打点が安定する練習ドリルです。手首を使いすぎているゴルファーは必見です。リストの動きが抑えられます!

パターのように打つ

アイアンのように振り上げるような打ち方ではなく、ロングパットを打つようなイメージで、地面と平行に手首を使わずに打つのがポイントです。打ち込んだり、球を上げたりしようとするとクラブの機能を上手く使いこなすことができません。パターと思って打ちましょう。

アマチュアゴルファー必見!ゴルフの距離感を養われる良い練習方法です。自宅でもできます。

40ヤード以上の距離では使わない

あくまでもグリーン周りのアプローチ専用ですので、最大飛距離は30~40ヤードくらいです。50〜60ヤード打とうとするとバンスが邪魔をしてトップしたり、芯を外したり、するのでミスショットを招いてしまいます。

40ヤード以上遠い距離だとウェッジかアイアンを使いましょう。

チッパーを使うときの注意点

使うときの注意してほしいのがグリップの形状です。チッパーは、ゴルフのルール上「アイアン」でカテゴリーされていますので、ドライバーやアイアンに挿している丸い形状のグリップを使わないとルール違反になります。

パターのように打つので、パター用の極太で平面のあるグリップを挿した方がさらに打ちやすくなりそうですが、規定違反になりますので気をつけましょう。

チッパーを使うとゴルフの上達が早くなる!

アプローチが苦手なゴルファーにはとっては、ミスを減らしくれるお助けクラブですが…「正直…アプローチが下手と思われるから使いたくない」というゴルファーも少なくないと思います。そこで、練習器具としての使い方をおすすめします。

ロフトによって、球の高さやキャリー、ランの転がりが変わりますが、スピンはかかりませんので、寄せの基本である「ランニングアプローチ」か「ピッチ&ラン」になります。

チッパーはこの打ち方しかできないよう作られているので、毎回同じように打つことができると、基本をマスターすることになります。ということは、どんなゴルフクラブを使っても同じ打ちことができるようになるということです。

特に初心者ゴルファーは、難しいウェッジではなくチッパーで繰り返し練習することで、落としどころや転がりの距離感をつかむことができるので、ゴルフの上達が早くなります。

タイガー・ウッズの30ヤードの転がしがとても参考になります。

まとめ

ゴルフの”チッパー”はいかがだったでしょうか?昔からあるクラブなのに、あまり利用されていないので、手にしたことがない人も多かったのではないでしょうか?ウェッジはいろんなテクニックを使おうとするからミスが増えます。

簡単に打てて、ミスが出にくいクラブなので理想的なアプローチショットが打つことができます。ゴルフ初心者やアプローチが苦手な人は、一度手に取っていただき試していただきたいと思います。

チッパーの打ち方が上手くなれば、ウェッジも簡単に打てるようになりますので、スコアアップも期待できます!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧