ゴルファボ TOP知識ゴルフのスウェーを防止するための4つの改善法とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフのスウェーを防止するための4つの改善法とは?

ショットがスライスしてしまう大きな原因の一つが「スウェー」です。今回はゴルフの横の余計な動きを防止するための4つの改善法をご紹介します。コースで安定したスイングをするための効果的な方法を取り入れて、飛距離、方向性アップを目指しましょう!

ゴルフの「スウェー」は、多くのアマチュアゴルファーの悩みのたねですよね!しっかり体重移動しているつもりだけど、意識するあまり身体が横に激しく動き、気づいたら軸がぶれぶれになっていた…直すのにいろいろ試したけど、クセがついてしまって訳が分からなくなってしまった。

今回は、ゴルフのスウェーを防止するための4つの改善法についてご紹介します。ゴルフでは、軸を動かさずに振ることがとても大切です。特に飛距離を出すためには、体重移動と回転をすることが重要になります。

最近、スライスがよく出るという方は、もしかしたら身体が左右にスライドしているだけで、手打ちになっている可能性があります。ぜひ、このレッスン記事をご覧いただきチェックしてみてください。

スウェーになる原因は?

ゴルフでは、しっかりと身体を回転させなければいけませんが、ただ横に動かせばいいと勘違いしているところが、スウェーの原因になっています。また、下記のようにアマチュアがよくやる動きも要因のひとつです。

・手打ち
・飛距離を出したいとき
・まっすぐ方向性を出したいとき

上体の力が強いので、下半身を使わずに手だけでバックスイングを上げてしまい、それに飛ばしたいと思うと反動をつけたいので、身体は自然に右に流れます。そうなると軸がブレて、クラブヘッドの軌道がアウトサイドから降りてきやすくなるので、スライスになってしまいます。

そして、曲げたくないと思うと、アマチュアゴルファーは、クラブをターゲット方向に振り抜きます。ゴルフクラブは、インサイドインに振らなければ、ボールはまっすぐ遠くに飛んではくれません。

曲げたくないあまりヘッドを飛球線方向にフォローを出してしまうと、上半身が突っ込み、身体が左側に流れてしまいます。

「スウェー」と「体重移動」の違い

ゴルフの基本となる「体重移動」と混合されているゴルファーも多いと思いますので、違いをご説明いたします。

体重移動とは、バックスイングで右股関節に体重が乗り、トップポジションからインパクト、フォローにかけて左股関節に体重が乗っていることを言います。スウェーとは、トップで重心が右側にながれ、フォローで左側に流れていることを言います。

初心者を含めアマチュアの方は、飛ばそうと思っているから身体が横に動くと考えられていますが、方向性を出すアイアンでも下半身が流れているゴルファーはたくさんいます。ゴルフは体重移動が大切と思って、ご自身ではしっかりと重心を移しているつもりなのですが、股関節に乗っていないので、スウェーという形になって現れてしまいます。

松山英樹プロはしっかりと下半身を使っていますので、世界ランク上位に君臨しています!参考にご覧ください。

ゴルフ|スウェーを防止する4つの改善法

ゴルフが、股関節に体重を乗せることで、身体が左右にブレる動きを防ぐことができます。そのための改善方法をご紹介します。

腰を背後に回す

ゴルフスイングのトップのポジションでは、しっかりと股関節に重心を乗せることが重要になります。しかし多くのゴルファーが、ただスライドして右足側に乗せて移そうとしてしまう傾向があります。

実はこの動きは、ゴルフにとってはとても危険です。腰を横に動かしてしまうと、ギッコンバッタンのように上半身が左足側に傾く、いわゆるリバースピボット(トップで左足に重心が乗ること)になってしまい、スムーズにクラブが振れなくなってしまいます。

これでは、ゴルフボールに上手くパワーを伝えることができませんので飛距離は伸びませんし、キレのあるショットを打つことはできません。気をつけましょう。

ゴルフでスウェーさせないようにするコツは、右ひざを少し曲げて動かさないように構え、腰を背後に回転させるというのがポイントになります。膝が伸びてしまうと上体が流れてしまいますので、気をつけましょう。

腰をスムーズに回すレッスン動画です。初心者は必見です!

一本足打法

腰を回す方法をイメージしにくい時は、野球の一本足打法を取り入れることをおすすめします。

通常のゴルフのアドレスで構えて、トップポジションで止めます。そのとき左足を地面から離し、右足に全ての体重を乗せます。膝を少し曲げると重心がしっかりと乗っていることが分かります。

ラウンドや練習の途中に、身体が流れているかなと感じたら、ショットを打つ前にシャドーで試してみると防止することができます。

ダウンスイングは下半身から始動

トップからのクラブを降ろしてくる時は、下半身を先に動かすことが重要です。上半身から先に動かしてしまうと、軸がズレてしまい、ヘッドが正しい軌道を描けないので、芯に当たる確率が低くなります。

ゴルフで下半身から始動させるコツとして、右肩をトップのポジションの位置に留めておくようにすることで、腰が先に回転するのでスウェーを防ぐことができます。上体と下半身が一緒に回ると、ヘッドが外から入りやすくなるので、気をつけましょう。

左側に移動させるコツがわかるレッスン動画です。飛距離アップには欠かせない動きです。

腰をバンプさせる

ゴルフのバンプというのは、ダウンスイングの時に行う体重移動で、ターゲット方向(左足から伸びる垂直線上まで)に左腰をぶつけていくという動きです。

ぶつける動きのときに注意していただきたいのは、ぶつかって終わりになってしまわないことです。そうなるとスウェーにつながってしまいます。

バンプを行ったあと、下半身をフィニッシュまで回転させ続ければ、インパクトからフォロースルーにかけてヘッドを加速させることができます。回し続けるというポイントを意識することが、とても大切です!

それでもスウェーが直らなかったら…

ご紹介した改善法がうまくいかない時は、下記の方法を試してみてください。少し荒治療ですが効果抜群です。

右足でゴルフボールを踏む(右に流れやすい方)

通常のアドレスで構えて、右足の小指側でゴルフボールを踏みながら、素振りやボールを打ちます。そうすることで、右側に上体が流れることがなくなります。

練習するコツとして、無理にクラブを振り上げずに、スリークォーターくらいのショットをすることで、通常のショットも安定感を増してきます。注意点として、ラウンド中にボールを踏んで振ることはルール違反になりますので、気をつけてください。

左足体重でスイングする

通常のアドレスで構えて、少し左足に体重をかけます。普段、左右の体重配分が5:5、もしくは6:4の配分で立っていると思うのですが、左足に8くらい重心をかけてスイングします。

片足で振っているのと同じ感覚になるので、スウェーすると左右どちらかにブレてきますので、ブレないようにすることで振りが安定してきます。フォロースルーでは、右足はつま先で立つことで、フィニッシュがバランス良くなります。

自己ベストを更新できるかも!?方向性がよくなるレッスン動画です!いつでもパーオンしたいアマチュアゴルファーは必見です!

まとめ

ゴルフのスエーは、スイングにとって百害あって一利なしです。初心者はもちろんのこと、長年ゴルフをやってきたベテランの方でも、身体が流れることに悩まされることは多いと思います。

ショットが安定しない場合は、軸がブレている証拠ですので、ご紹介した改善法などを試してみてください。スライスも減り、インパクトの厚さを感じることができ、キレのあるスイングができるようになるでしょう!次回のゴルフにつなげてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧