ゴルファボ TOP上達法アプローチにバックスピンをかけてキュッと止める練習法

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

アプローチにバックスピンをかけてキュッと止める練習法

アプローチが好きになる!バックスピンでボールをピタッと止める技術はどんな時も頼りになります。フェースを開いてボールの◯◯アングルにヘッドを入れるだけで勝手にバックスピンがかかります。今回は、グリーン上で”キュッ”と止める方法をご紹介します。

一度は、グリーンでキュッと止まるアプローチを打ってみたいと思ったことはないでしょうか?キュッと止めるには、バックスピンが必要なのですが…このバックスピン、実はかけるものではなくてかかるものなのです。グリーンで止めるにはボールの回転がとても大切になります。

今回は、グリーンでバックスピンをかけてキュッと止まるアプローチの練習法をご紹介いたします。

止めるために上から打ち込んだり、逆にすくったりするアマチュアゴルファーはたくさんいると思いますが、バックスピンは球のある部分にウエッジの歯を入れるだけで勝手にかかります。

バックスピンがかかる仕組みがわかると、アイアンや他のショットにも応用できますので、ぜひチャレンジしてみてください。

アプローチにバックスピンをかけて止める練習法

バックスピンで”キュッ”とさせる方法

バックスピンをかける方法はいくつかありますが、その中の一つをお伝えしていきます。このアプローチを打つには条件があります。

バックスピンをかける場合には、フェアウェイから打つことが条件になります。理由はボールにダイレクトにヘッドを入れたいからです。逆にラフからのアプローチはかかりにくいので、今回ご紹介する方法でラフからショットしてもグリーンでは止まりません。

なぜ、ラフからはNGなのか?

ラフから打つとヘッドの間に芝が入りフライヤーになってしまい、バックスピンがかかりません。正しく打っても止まらなくなってしまいます。今からお伝えする方法は、ラフからではなくてフェアウェイから行ってください。

ラフから打つ場合にどうしてもグリーンで止めたい時は、ロブショットがいいでしょう。ロブショットは、球が浮いている時に威力を発揮するのでラフからですとしっかりと寄ってくれます。

ロブショットの打ち方こちらで解説をしていますので、ご覧ください。

アプローチの前に習得しなければいけない事とは…?

アプローチでは、正しい入射角度でボールを打つことが必要不可欠です。少し手前から入ったり、もしくは鋭角に入りすぎたりしてしまうと、うまくいかなくなってしまいます。

イメージしていただくのは、球の赤道部分と南極部分の間にクラブのエッジを入れることです。しかし、エッジを入れるにあたり、NGなことが2つあります。

1つ目はすくい打ちです。すくい打ちだと芯に当たらないので球は止まりません。また、トップする可能性がありますのですくい打ちは止めましょう。2つ目は上から打ち込むことです。打ち込むと球が低くなり止まりません。バックスピンどころか、下手するとグリーンオーバーして行ったり来たりする可能性もあります。

ボールの赤道部分と南極部分の間に打っていくには、ヘッドを滑らすようにレベルで振るイメージで打ってください。そうすると自然に、赤道と南極の間の部分に入っていきます。(赤道と南極の間をゴールデンアングルと呼んでいます)

実践!バックスピン習得ドリル

  

フェース面は少しだけ開く

フェースを開くことでロフト角が寝るので、球がより上がってバックスピンがかかりやすくなります。

ボールの位置を少しだけ右足寄りにする

右足寄りにすることによってゴールデンアングルにフェース面の歯の部分を入れやすくなります。構えは少しハンドファーストになりますが、何の問題もありません。

ゴールデンアングルを意識して球を打っていく

ゴールデンアングルにエッジが入ると打ち出しからふわっと上がってバックスピンがかかり、キュッと止まるようなボールを打つことができるようになります。

今回ご紹介したアプローチ方法は、フワッと上げるものでしたが、打ち出し角度を低くし、さらにバックスピンを効かせて止める方法もあります。今回よりも少し難易度は上がりますがチャレンジする価値はあると思いますのでご紹介しますね。ぜひご覧ください。

まとめ

フェースを開いてゴールデンアングルにヘッドが入れば、自然とバックスピンがかかります。ゴールデンアングルの入射角度でアプローチが打てたら、どんなショットも応用できますのでぜひバックスピンにチャレンジしてください。ショートゲームに自信が持てるとスコアアップにもつながります。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧