ゴルファボ TOP上達法ドライバー&アイアン”スイングの違い”と変えるべき点とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ドライバー&アイアン”スイングの違い”と変えるべき点とは?

みなさんから「ドライバーとアイアンは同じスイングでいいの?」という質問がたくさん届いています。実は、同じでいい部分もあれば、必ず変えなければいけない部分の両方あります。今回はその中から代表的な3つのケースのうちの1つをご紹介していきます。

『「ドライバーとアイアン」は同じスイングでもいいの?』というご質問をたくさん頂戴いたしました。結論から申しあげますと、同じの部分もあれば、必ず変えなければいけない部分の両方があります。

ドライバーとアイアンは、すべてを一緒にしてもいいわけではなく、いくつかのポイントで必ず変えなければいけないことがあります。今回は、その中の代表的な3つのケースの1つバックスイングの上げ方についてご紹介します。

迷いながらショットをするとぎこちない振りになるので、ミスショットが増えてきます。今回ご紹介するドライバーとアイアンの違いが分かれば、練習やラウンド中に悩む必要がなくなるので、迷いがなくなりショットに集中できます。

クラブ別のバックスイングの上げ方

ドライバーと7番アイアン

ドライバーと7番アイアンです。見てのとおり、クラブの長さがちがいます。長さが違うので、バックスイングを上げる方向を変えなければいけません。

アイアンとドライバーでは、プレーンの軌道が異なるので、打つ時には同じ方向ではなく、それぞれのシャフトの長さに合わせて変えていかなければいけません。

ドライバーはフラットに横に上げていきます。7番アイアンはアップライトに上げていきます。クラブの長さが長くなるほどフラットになります。長さが短くなるほどアップライトになります。

アマチュアゴルファーは女子プロゴルファーがとてもお手本になります。力が無くても遠くに飛ばす秘訣が盛りだくさんです。ぜひご覧ください。

バックスイングを上げる時の注意点

注意点として、変えるといっても1番手で0.5度~1度のわずかな変化なので、極端な違いが生まれるわけではありません。アイアンは思い切り頭の上まで上げて、ドライバーは腰辺りで横に振るという、何十度も大きな差が生まれるということはありません。ほんの少しの差です。

アドレス時にできたヘッドと地面の角度をキープするように意識すると、テークバックで迷うことがなくなるのでリズム良く振ることができます。楽に振れるとスコアメイキングに集中できるので、スコアアップも期待できます。

ゴルフのショットは人それぞれです。海外の選手は個性が溢れています。しかし、クラブによってプレーンは変わります。

アイアンとドライバー(ウッド)の差別化を図る

最初は、アイアンとドライバーの2本のクラブで差別化をして、アイアンは少しだけ縦に、ドライバーは少し横に振ります。違いを差別化して、その間にユーティリティー、フェアウェイウッド、またはアイアンからウェッジにかけての間を作っていく練習をしてください。

絶対、アイアンとドライバーでは上げる方向を一緒にしないで、ドライバーの方がアイアンよりフラットに上げて、アイアンの方がドライバーよりアップライトに持っていくということを意識してください。

スイングが窮屈にならない理想的な方法があります。こちらからどうぞ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ドライバーとアイアンのバックスイングの違いは、フラット、アップライトの上げる角度はそんなには変わらないのですが、テークバックのイメージが湧きますよね!この差が分かればスムーズに振るができるので、ドライバーの飛距離や方向性の安定が期待できます。

また、調子を崩した時、この軌道を修正するだけでインパクトが変わってきますので、復調するのも早いでしょう。プロゴルファーやゴルフ上級者はこのプレーンの動きを気にします。ぜひあなたもこのドライバーとアイアンの上げる方向を意識して練習してみてください。スイングのキレがまた一段と上がり、ゴルフの楽しみが倍増するでしょう!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧