ゴルファボ TOP上達法ドライバー&アイアン”スイングと違い”と変えるべき点とは?その3

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ドライバー&アイアン”スイングと違い”と変えるべき点とは?その3

あなたのミスショットの原因は、もしかしたらドライバーとアイアンのスイングの違いを知らないからかもしれません。今回は3回シリーズの最終編3回目をお届けします。1回目、2回目をお見逃の方もわかりやすく解説していますので、ぜひご覧ください!

前回、前々回と「ドライバー&アイアン”スイングの違い”と変えるべき点とは?」の3回シリーズの1つ目、2つ目をご紹介しました。今回はシリーズ最終編の3回目をご紹介します。

まだ1回目、2回目をご覧になっていない方は、先に見られることをオススメいたします。1回目をご覧になると2回目、2回目をご覧になると3回目の内容がより深く理解できます。ドライバーとアイアンのスイングの違いがわかると、練習やラウンドでスイングに戸惑うことがなくなります。ぜひ、ご覧ください。

↓↓↓ドライバー&アイアン”スイングの違い”その1から見る

↓↓↓ドライバー&アイアン”スイングの違い”その2から見る

ドライバーとアイアンのスイングは、すべて一緒ではなく必ず変えなければいけないところが3つあるとお伝えしました。今回は3つ目の最後のポイント「ヘッドの軌道」についてご紹介します。

ドライバー&アイアン”スイングの違い”その3

“スイングの違い”ヘッドの軌道について

ドライバーを打つ場合は、ティーアップしてボールを打っていきます。アイアンを打つ場合は、地面にあるボールを打っていきます。アイアンとドライバーではボールのある環境が全く異なります。

ドライバーの場合は「浮いているボールを打っていく」、アイアンの場合は、「地面にあるボールを打っていく」ことになります。変えないといけないポイントは、アイアンとドライバーでボールを打つ時のイメージを必ず変えなければいけません。

ドライバーを打つ場合

 

ドライバーを打つ時は、適度なアッパーブローでボールを打つことをイメージしてください。適度なアッパーブローというのは、ほぼ横から打つレベルブローに近いアッパーブローです。ほんの少しだけアッパーブローで打つイメージで、上昇軌道でボールを打つことを意識してください。

アイアンを打つ場合

一方で、アイアンというのはボールが地面にあるので、ドライバーのように適度なアッパーブローではなく、地面と平行にレベルブローで打つことを意識してください。

ドライバー&アイアンを打つ時に注意するポイント

ドライバー

ドライバーで打つとき、レベルブローで打つことはできますが、レベルブローよりも適度なアッパーブローで打ったほうがバックスピン量を減らすことができるので、ボールが飛んでランの出るボールを打つことができます。ランが出ることによって飛距離を稼ぐことができます。

ドライバーはティーアップできるという環境がありますので、レベルブローで打つよりも、適度なアッパーブローでボールを打つことを意識してください。アッパーブローになりすぎると、ダフったりチョロしたりしますので注意してください。

【2017年】最新のドライバー飛距離アップ法です。ぜひ試してみてください。

アイアン

地面にあるボールをアッパーブローで打つと、すくい打ちになってしまいます。アイアンを打つ時は、アッパーブローではなくレベルブローでボールを打つことを意識してください。

レベルブローで打つとアイアンの方向性が抜群に良くなります↓こちらからどうぞ。

ドライバーを打つ時は適度なアッパーブローで、アイアンを打つ時はレベルブローでボールを打つということを意識してください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「ドライバー&アイアン”スイングの違い”」の1回目は、ボールの位置の違いをご紹介しました。2回目は前傾角度の違いをお伝えしました。そして今回最終編の3回目は、スイングの軌道の違いについてご紹介しました。

この3つの違いを知るだけで、アドレス時にボールの位置、構え、スイング軌道のイメージがすぐにできるので、良いスイングの再現性が高まります。ぜひ、コースで試してスコアアップにつなげてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧