ゴルファボ TOP上達法コース対策!傾斜での打ち方【つま先上がり編】

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

コース対策!傾斜での打ち方【つま先上がり編】

ゴルフの難しさはどこにある?ラウンドを重ねていくと傾斜地からのショットは当たり前!今回は、つま先上がりのライからの打ち方をご紹介します。ボールが高い位置にあるのでダフりやすい…。でも、グリップを◯◯するだけで簡単に打てるようになります。

今回は、傾斜地「つま先上がり」の打ち方をご紹介します。

前回は、つま先下がりの打ち方についてお伝えしました。まだご覧になっていない方は、先にご覧になると傾斜地からのショットの考え方が理解できるのでオススメです。ぜひ、ご覧ください!

傾斜から打つ時の考え方として、前回、傾斜地でもスイングをフラットな状態でゴルフボールを打つようにすることが重要とお伝えしました。つま先下がりの打ち方は、なるべくスイングは変えずにアドレスを変えた方が簡単にショットすることができました。

今回のつま先上がりの打ち方も、考え方はまったく同じです。スイングを変えたり、アドレスを変えたりするのではなく、できるだけ変えるものを少なくして、フラットなライの状態から打つようにすることが大切になってきます。

つま先上がりの傾斜を打つ時のコツ

つま先上がりの状況とは?

つま先上がりのライというのは、通常のライに比べてボールの位置が高くなります。傾斜がキツくなればなるほど、ボールの位置は高くなりカラダにより近くなってきます。飛んでいくボールの特徴として、左に曲がりやすくなります。ショートアイアンになるほど曲がり幅は大きくなります。

つま先上がりのアドレスの取り方

つま先上がりの傾斜では、フラットな状況に比べボールの位置が高いので、その分グリップを短く握り、フラットの状態と同じようにしてあげます。

逆に、グリップの持つ位置を変えずに上半身の前傾角度を浅くしてアドレスすると、通常のフラットの状態からアドレスが変わってしまうので、ミスショットの確率が上がります。また、芯も外れやすいので飛距離も落ちて、次のショットも難しくなる可能性も出てきます。

フラットの状態から、アドレスが変わってしまわないようにグリップを短く握り、通常のライと同じアドレスの上半身の前傾角度を保ちます。ボールの高さにあわせてグリップを短く握る形になります。

↓↓↓アドレスはゴルフの基本です。いつでも最適のアドレスが取れるようにしましょう!

上手く打つコツ!?

つま先上がりからスイングする時に意識するポイントとして、下半身をできるだけ動かさないようにします。上半身のみでショットする形になります。下半身を安定させたので、少しスタンスを広めに取ります。

下半身を固定させるようにするのでコンパクトに振ります。スイングの大きさは、フルスイングを10とした場合、6~7くらいのコンパクトなスイングで打つことを意識してください。

注意点として、つま先上がりは左に曲がりやすいので、曲がり幅を予想してあらかじめ右を向いてアドレスを取ります。しかし、傾斜地からのショットでもまれに逆球が出る恐れがあるのでしっかりとスイングをしましょう。

逆球とは、意図しない方向にボールが曲がることです。例えば、スライスになるだろうと思って振ったらフックが出たり、逆にフックに打ったつもりがスライスになったりすることを言います。

通常、つま先上がりのライからは、フック回転がかかるので左に曲がるのですが、逆球が出るとスライスかストレートのボールになります。つま先上がりだと、あらかじめ右方向を向いてアドレスを取っているので、さらに右にボールが飛んでいく可能性があります。OBやトラブルの恐れがでてきますので注意しましょう。

↓↓↓池田勇太プロの傾斜地からのショットです。参考にしましょう!

まとめ

傾斜地でも、できるだけ再現性の高いフラットな状態でショットができるようにすることが重要になります。

つま先上がりの場合、

・ボールの高さに合わせてグリップを短く持つ

・コンパクトにスイングする

という形になります。ぜひ試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧