ゴルファボ TOP上達法アイアンを芯で打つために必要なスキル練習法

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

アイアンを芯で打つために必要なスキル練習法

ゴルフ練習場に行くと、アイアンが徐々に当たらなくなることはないですか?実はそれ、スイング軸がぶれている証拠です。いつかは当たるだろうとそのまま打っても芯には当たりません。今回は上半身のブレを直してアイアンの芯に当てる練習方法をご紹介します。

アイアンの練習していると、徐々に芯に当たらないことがあります。今まで調子が良かったのに、「アレ、アレ、ここがおかしいのかなぁ」とテークバックを気にしたり、トップを気にしたりしていると思いますが…原因はスイング軸のブレにあります。

アイアンの芯でボールが打てない時は、上半身が動き過ぎてしまっています。今回は、上半身の軸を安定させて、クラブヘッドの芯でボールが打てるようになる練習ドリルをご紹介します。

ご紹介するドリルを試すと、ダウンブローやレベルブローが打てるようになります。アイアンの芯でボールを捉えたときのグリップの感触は、何とも言えないくらいとても気持ちいいですよね。上達が実感できます!

↓↓↓タイガーウッズのダウンブローです!

↓↓↓プロゴルファーの7割がレベルブローで打っています!

アイアンの芯で打つ方法

なぜアイアンの芯に当たらないのか?

スイングの軸がブレるとクラブヘッドの軌道が安定しないので、アイアンがボールに当たらないようになります。例えば、右側にズレるとアウトサイドから入ったり、インサイドから入り過ぎたりして、ボールの行方は運まかせになってしまいます。

逆に、左側にズレるとリバースピボット、つまりギッコンバッタンのスイングになり、アイアンのヒールに当たってシャンクやトップになります。たくさんのミスショットを誘発してしまいます。

↓↓↓体重移動をしっかり行うと上半身はブレません!

実践!芯で打つアイアン習得ドリル

このドリルは、とてもシンプルです。誰でも簡単にできます。アイアンの基本のようなドリルです。特にゴルフ初心者が行うと、確実にミートができて、ゴルフボールをきれいに捉えることができます。

両足を揃えて…

両足を揃えて、小さな振りでボールを打ちます。

狭いスタンスでスイングすると、上半身の軸が不安定になるので、自然と安定させる意識を体に覚えさせることができます。アマチュアゴルファーが苦手なロングアイアンも、このドリルで芯に当たるようになります。

最初は、バランスがとりにくりと思いますので、素振りから行ってもいいでしょう。振り慣れてバランスが取れてから実際にボールを打ちましょう!

スタンスの幅を徐々に広くする

両足を閉じた状態で何球かボールを打ったら、少しずつスタンス幅を広くしていきます。最初は、靴1個分くらいあけて、先ほどと同じように、アイアンを腰から腰までの小さな振りで打っていきます。

当たってくるようになったら、次は靴2個分くらいあけて打っていきます。これでも当たるようになってきたら、靴3個分あけて打っていきます。

普段のスタンスで打つ

徐々にスタンス幅を広くしていって、最終的には普段のフルスイングの幅でアイアンを打ってみてください。狭いスタンス幅から広げていくことによって、アイアンショットのスイング軸を意識しやすくなります。

このアイアンの習得ドリルは、

・足を揃えた状態で5球

・靴の幅1個あけて5球

・2個あけて5球

・3個あけて5球

と、各スタンスの幅ごとに5球ずつ打ち、合計20球行うことで軸が安定してくるようになります。打ちっぱなしのウォーミングアップやラウンド直前のアイアンショットの練習、パター、アプローチで行っても効果がありますので、ぜひ取り入れてみてください。

アイアンのラウンド前の練習方法です。ラウンド前半にいつも調子が上がらないゴルファーは必見です↓↓↓

松山英樹プロの試合前のルーティーンと練習メニューの動画です。参考にどうぞ!↓↓↓

まとめ

足を狭めて打つことで、スイング軸を意識することができます。「練習中に調子が悪くなってきた」「スタート前のスイングチェック」には、このドリルがオススメです。

アイアンのスイートスポットに当たることで、飛距離も増しスピンもかかるのでグリーンにオンする確率も上がります。アイアンだけでなく、ドライバーの飛距離もアップします。ぜひ、このドリルを試していただき、スコアアップにつなげてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧