ゴルファボ TOP雑学上田桃子プロも実践!スイング軌道を安定させる練習法とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

上田桃子プロも実践!スイング軌道を安定させる練習法とは?

スイングの軌道がなかなか安定しない…インサイドで振ってドローボールが打ちたいけど上手く打てない…そんな方にオススメするのが上田桃子プロも実践する2本の棒と糸を使った練習法です。物理的な制限を課すことで効率的に良いスイングが手に入ります。

今回ご紹介する練習法は、スイング上達に非常に効果的な練習法です。

同じ軌道でスイングする!クラブはインサイドから振り下ろす!そうは言われてもなかなか再現できないものです。そんな時は物理的な制限を作ってスイング練習をすることが、体にも感覚にも良いイメージを植え付けることができ、本番のショットでも確実な一打が打てるようになります。

今回は上田桃子プロが実践するスイング練習法をご紹介します。スイング軌道を安定させるためにも、また、調整のためにもとても効果的な方法です。

スイング軌道を安定させる練習方法

糸を張ったスイング練習

肘の高さ程度に張った線と平行にアドレスします。そのままバックスイング→ダウンスイング→フォロースルーと一連の動きをする中で線に腕とクラブが当たらないようにスイングします。

腕が遠く離れたり、クラブがアウトサイドから下りてくると、線に当たってしまいます。それを避けることで、インサイド軌道、体の近くでクラブを振る感覚が身に付きます。ターゲットに向けて正しくアライメントする練習にもなりますね。

実際にボールを打たなくても、素振りを行うだけでも非常に効果的なのでぜひ試してみてください。

↓↓↓ショットの精度が上がる!かんたん予測練習法とは…

↓↓↓ドライバーの方向性をアップさせる打ち出しの練習法

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧