ゴルファボ TOP初心者初心者ゴルフ女子必見。女の子が上手くなる為に知るべき10のステップ

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

初心者ゴルフ女子必見。女の子が上手くなる為に知るべき10のステップ

初心者女子だって、しっかりレベルアップしてゴルフを楽しみたい!女子ゴルファーが、うまくなるために必要なことと、ラウンドデビューを目指すまでをまとめました。ゴルフの奥深さを知って女子ならではの楽しみ方を味わいましょう。

ゴルフ初心者女子にとって、専門性の高いゴルフは、何から始めていいか迷うことが多いと思います。ゴルフは、大自然の中、緑や広い空に囲まれ、18ホールを少ない打数で回ることを競うスポーツです。激しい動きがないため、運動が苦手な女子にこそお勧めできるスポーツと言われています。

今回は、ゴルフがうまくなりたい女子が、ラウンドデビューまでに知っておきたい10のステップをご紹介します。準備する物、打ちっ放し、上達するためのステップを把握して、そつなくレベルアップしましょう。

ラウンドするときはゴルフコースを歩くのでダイエットにもひと役買います。(カートにも乗りますが、カートからボールの位置までは歩きます)一緒にプレーする方と会話したり、教わったりすることで、今までにない交流やコミュニケーションも生まれ人脈の輪が広がります。

初心者女子ゴルファーが上手くなるための10のステップとは?

初心者女子がうまくなるための10のステップです。

・ゴルフ女子のための失敗しない準備物とは?

・初心者女子が失敗しないゴルフ練習のポイント

・グリップ

・アドレス

・スイング

・アプローチ

・パター

・ゴルフの打ちっ放しで用意するもの

・ラウンドデビューできる?見極め方

・ラウンドデビュー前に知っておきたいこと

ゴルフ女子のための失敗しない準備物とは?

ゴルフの打ちっ放しに行くだけなら、動きやすい服装、運動靴からでも十分始められます。

すぐに用意した方が良い物

・ゴルフグローブ

女子は手の平が柔らかく、素手でスイングを続けると手の皮がむけたり、まめができたりします。手が痛いとトレーニングの弊害になってしまいます。日焼けが気になる女子は、両手グローブを用意しましょう。

買う時にはしっかり手にフィットするか確認が必須です。シワが多いとグリップの邪魔になります。ゴルフグローブはレンタルもありますが、自分用を用意することをおすすめします。

ゴルフコースに出る際、用意する物

・ゴルフウェア

ゴルフはマナーが大変しっかりしています。女子が普段身に着ける、デニム・Tシャツ・パーカー・サンダルやヒール靴は、マナー上NGです。

✔ 帽子・バイザー

✔ 襟のついたシャツ、ポロシャツ

✔ ショートパンツ、ロングパンツ、タイトスカート(ワンピースでもOKですが、裾が広がり過ぎないものにしましょう)

・ゴルフシューズ

自分の足のサイズに合うゴルフシューズの方が、長時間、コースを歩きがちな初心者でも安心です。ソフトスパイク付きとなしがありますが、芝生は滑るので、ソフトスパイクつきが安定します。(ゴルフ場のレンタルシューズもあります)

様子を見ながら購入した方が良いもの

・ゴルフクラブ

初心者女子は、7番アイアン1本で練習を積んで、コースデビューのタイミングで、中古セットを用意しても良いでしょう。ハーフセット7本から始める方法もあります。例えば、「スコアが100を切ったら、新品のクラブセットを揃えよう!」などの目標を作るのも上達に繋がります。最初はゴルフ場のレンタルクラブを借りるのも1つの方法です。

こちらは、初心者に必要なクラブについてプロが説明しているので必見です。

その他のゴルフのコースに出る際に必要な小物などは、こちらの記事にもまとめてあります。参考にしてください。

初心者女子が失敗しないゴルフ練習のポイント

 

できれば、最初からゴルフレッスンに通うのをおすすめします。ゴルフ練習場に行き、自主練するよりもかなり上達が早いです。ゴルフ上級者や先輩から習う方法もありますが、「教えるプロ」から学ぶのが上達への一番の近道です。

ゴルフに限らず、女子は素直にお稽古としてスクールなどで学ぶ傾向があるので、ゴルフを先に始めた男性ゴルファーを追い越すことが多々あるようです。初心者だからこそ、数よりも質や基礎固めの練習を意識しましょう。参考程度ですが、レッスンの相場を載せておきます。

・レッスン料 5,000円~10,000円

・グループレッスン料 5,000円前後/1回60分

・プライベートレッスン料 10,000円前後/1回60分

せっかくプロに習うのですから、ゴルフクラブのおすすめや、自分に合った実践法など、情報を得ておきましょう。

グリップ

インターロッキンググリップ、オーバーラッピンググリップ、テンフィンガーグリップがありますが、インターロッキンググリップが非力な女子に向いていると言われています。

どの握り方があっているかは個人差があります。↓参考にして試してみてください。

手のひらで握るのではなく、左手右手とともに、指の付け根にある膨らんだ部分(指尖球:しせんきゅう)で握ります。三割くらいの力で握ると表現されますが、歯磨き粉が出ないくらいの力とも言われています。女子は握力も少なく、手になじむまで時間がかかるかもしれませんが、指に引っ掛けるイメージを意識していきましょう。

あまりに少ない力でグリップするので、クラブを飛ばしてしまう心配がありますが、グローブをつければ心配ありません。

アドレス

アドレスは下記の順にとると良いでしょう。

  • 両足を揃えてまっすぐ立ち、ボールを真ん中に置く。
  • 肩幅に両足を開き、重心を均等に、背筋を伸ばしてまっすぐ立つ。
  • 猫背にならないように注意して、足の付け根から「くの字」に前傾する。
  • 膝を軽くまげる。腰の位置が下がらないように注意しましょう。
  • 腕をぶらんと真下におろした位置がグリップ位置です。

ゴルフのクラブを握る前に一連の動作を反復してみましょう。

アドレスのチェックポイントは以下の記事を参考にしてみてください。

14本のクラブは、打ちたい飛距離によって種類が分かれますが、シャフトの長さが変わっても基本姿勢は一定ですので注意しましょう。

スイング

スイングにはフルスイング、ハーフスイング、さらに小さい時計の振り子をイメージした振り方があります。ゴルフ初心者は、ボールに当ててまっすぐに飛ぶことが大切なので、スイングのトレーニングはとても重要です。

スイングの一連の動作

①アドレス(肩の力を抜いてボールを中央に前傾姿勢になります)

②テイクバック(上体を起こさないよう、時計の針の9時方向にクラブが向きます)

③トップ(腕は、肩の高さまで、クラブと腕で「L字」を作るようなイメージでひき上げます)

④ダウンスイング(クラブが上がったら足腰を使って踏み込み、さらに肩をあごの下まで回転させ、下半身から切り返します)

  • インパクト(足腰の動きを止めず振りぬくイメージで腰を回転していきます)
  • フォロースルー(両腕が伸び、大きな弧を描くように振ります)

⑦フィニッシュ(背中に張りを感じながら、左足一本で立ちます。左ひじは90度に曲がっているのが理想です)

一連の動作はこちらの記事でも紹介していますのでチェックしてみてください。

アプローチ

アプローチは、グリーンに近づけるために大切です。しっかりボールの芯を捉えて当てる感覚をつかみましょう。時計の7時~5時の小さいスイング、8時~4時の振り方を使い分けてまっすぐに打てるようになると、スコアメイクにも繋がります。打ちっ放しでも必ず練習しておきましょう。

こちらで、アプローチの要点をまとめています。

パター

両手、両腕、クラブの一体感を感じながら、ボールを芯で捉え、腕だけで振らないようにすることがポイントです。

下記のリンクは女子でも家でできるトレーニングなので、参考になると思います。

ゴルフの打ちっ放しで用意するもの

動きやすい服装がベストです。

・TシャツOK(ラウンドではNG)

・キャミソールはNGではありませんが控えた方が無難です。

・スカートよりもパンツの方が無難です。

・スニーカーなど、スタンスを取りやすい安定感のある靴で練習しましょう。

その他持ち物

・ゴルフグローブ

・タオルや、貴重品を入れる手元バッグ

休憩中、体が冷えてしまう女子もいるようです。羽織るものを準備しましょう。

打ちっぱなしゴルフでの流れは、下記を参考にしてください。(施設によって異なります)

・練習場 打席料 500円前後

・ボール料 1球10~20円(打席数や曜日によって施設により異なります)

  • 貸しボール用のプリペイドカードを購入(受付で、初心者と話して教えてもらいましょう)
  • シューズレンタル
  • 打席を選んでカードを挿入
  • 体をほぐし練習開始
  • 連打せずに、チェックしながらゆっくり打ちましょう。
  • 休息も大事。うまい人のスイングも参考にしましょう。
  • アプローチの練習で、しっかりとボールに当てる感覚をつかみ、徐々にスイングを大きくしていきましょう。

練習場によってはパター専用の練習スペースがあることもあります。

ラウンドデビューできる?見極め方

トレーニングを熱心に重ねるにつれ、初心者女子の夢になるのが、ラウンドデビューだと思います。

一般的には、

・ゴルフの練習を始めて3ヶ月経過

・10球中6~8球、まっすぐに飛ぶ

ことを目安にされています。

もしも、まだコースまではとためらう女子は、シュミレーションゴルフを体験するのも良いかも知れません。スイング解析ができるところもあり、初心者のうちからチェックすると、とても参考になります。

ラウンドデビュー前に知っておきたいこと 

コースデビューが決まったら、前もって準備がしっかり済んでいるか確認をするようにしましょう。

・ゴルフ場の予約、人数の確認

・打ちっぱなしは、前日は控え、数日前にラウンドを意識した打ち込みをしましょう。手にまめができないよう注意が必要です。

・前日は自宅でイメージトレーニングやストレッチを行なうのもおすすめです。

・持ち物、天気をチェックしましょう。

必須アイテムのチェックは下記のリストを参考にしてください。

・キャディバックに入れていくもの

ゴルフクラブ一式

ゴルフボール(初心者は多めに)

グローブ

ティー

マーカー

グリーンフォーク

・バッグに入れていくもの

ゴルフウェア一式(寒暖差の調整ができるもの)

帽子

サングラス

ベルト

ゴルフシューズ

ゴルフ用ソックス

帰りの着替え(ラウンド後、お風呂に入ったり、汗をかいたりした時の着替えです)

化粧品・スキンケア用品

・ラウンドバックに入れると良いもの

日焼け止め

タオル

小銭

スマホ

メイク直し

カットバン

飲み物

アメ

ロッカーキー

冬…カイロ、レッグウォーマー、ミトン、イヤーマフラー、ネックウォーマーなど

夏…冷却グッズ、虫よけスプレー

ゴルフはルールやマナーがたくさんあります。わからないことがあれば、初心者のうちに聞いてしまいましょう。特に女子からの質問は優しく教えてくれると思います。

下記はラウンド中の注意点についてまとめてあります。予習に活用ください。

ラウンド中は後続組がいることがあるので、テンポよく回るように気をつけましょう。これまで積んできたトレーニングを十二分に発揮するときです。壮大な景色を楽しみながらゴルフをしましょう。

まとめ

初心者女子でも楽しくレベルアップできると、運動不足も解消でき、一石二鳥です。ゴルフは18ホールを回ると約1,000kcal消費するとも言われています。

また、重心が大切なスポーツなのでインナーマッスルも鍛えられます。姿勢が整いスイングでウェストのシェイプアップも期待できます。楽しみ方が無限大のゴルフで世界を広げてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧