ゴルファボ TOP初心者ゴルフ初心者のダフリを防止する3ステップ改善法

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

ゴルフ初心者のダフリを防止する3ステップ改善法

ダフってばかりいるとゴルフがつまらない!そんなゴルフ初心者でも3ステップの改善法を試せば、クリーンヒット間違いなし!芯で捉えられると、これまで以上に飛距離がアップし方向性も良くなります。ダフリに悩むゴルフ初心者は必見です!

ゴルフ練習場では上手く打てるのに、コースに行くとダフってばかり…ゴルフ初心者に多いミスのひとつです。一度、地面を打つ衝撃を手に受けると手首も痛くなるので「また、ダフったらどうしよう」と恐怖心が芽生えてきます。

思い切り振ったのに、ゴルフボールがチョットしか進まない…楽しいラウンドが惨めな結果になるのは悲しいですよね。今回は、ゴルフ初心者のダフリを防止する3ステップ改善法をご紹介します。

ダフらないようにすると、ゴルフクラブの芯に当たる確率も上がってきますので、ショットも安定します。初心者ゴルファーはまだスイングが安定していませんので、改善法をぜひ試してみてください。

『ダフリ』とはどういうこと?

ゴルフボールの手前を打ってしまうミスショットのことを言います。英語の「duff=ダフ」から由来し、「打ち損ね」を意味するそうです。逆に、球の上半分を打つことを「トップ」と言います。

なぜ…原因は!?

プロやゴルフ上級者のショットをみると、ゴルフボールの先の芝生(ターフ)が取れています。これは、球よりも先に最下点を迎えているからです。ゴルフ初心者でよくダフる人は、この最下点が球の手前になっています。

原因として、初心者ゴルファーは球を上げようとして、ダウンスイングからインパクトにかけて、右足に体重が残ることがあげられます。重心が右側に残ると地面を叩きやすくなります。

ゴルフ練習場では上手く打てるのに、コースでは手前をダフってしまうことをゴルフ初心者からよく聞きますが、ゴルフ練習場のマットは人工芝のため、マットを打ってもヘッドが滑ってくれるので、ナイスショットと勘違いしてしまいます。コースは天然の芝生なので、人工芝のように滑らず、ヘッドがボールまでたどり着くことができずにミスになってしまいます。

いくらパワーがあっても芝に当たるとヘッドのエネルギーが削がれるので、思ったように飛んでいきません。手前に当たらなくてもアッパー軌道でボールに当たるので、トップになってしまいます。

初心者ゴルファー|ダフリ防止3ステップ改善法

ゴルフ初心者がダフらないようにするには、しっかりと体重移動をしてスイングをしなければいけません。その方法は・・・

アドレスで背筋を伸ばす

アドレスを構える時のイメージとして、頭頂から焼き鳥の串を刺してお尻から出るように背筋を伸ばします。これができるとドライバーからパターまで安定した軌道でゴルフクラブを振ることができます。

インパクトはハンドファースト

インパクトでは、ハンドファーストが理想です。トップのポジションでできた両手首の角度をキープしたまま、インパクトを迎えると自然にハンドファーストの形でゴルフボールをヒットすることができます。ドライバーでもこの形を意識するとタメができるので、劇的な飛距離アップが期待できます。

ハンドファーストの形ができると、ゴルフ初心者でもレベル、またはダウンブローで捉えることができ、スピンの効いた力強い球が打てます。詳しくはこちら↓↓↓

左足体重でフィニッシュ

ダフリを解消するには、左足への体重移動が欠かせません。バックスイングで移動させた右足の重心をしっかり左足に乗せると、ヘッドの最下点がボールの左側に移るのでダフることがありません。

トップからダウンスイングを降ろしてくる時、左腰を移動して回転させていきましょう。最初は少し大胆に移動させるくらいが、感覚をすぐにつかめます。

こんな練習がオススメ

飛球方向に1個分ずらして打つ

ご紹介した3ステップを1度で出来る練習方法があります。

アドレスした時の球の位置を、左側に1個分ずらします。そうすることで、最下点を前に持っていく意識ができるのでダフリません。そうなるためには、背筋を伸ばして、手首の角度をキープしてしっかりと体重移動しないとヒットできません。これができるとインパクトをゾーンで捉えることができるので、方向性がグンッとアップします。

腰の使い方がスムーズになるレッスン動画です。ゴルファーの悩みを克服させてくれます。

ティーアップして打つ

ダフリが出るということは、スイングのときに膝が伸び上がったり、上半身の前傾角度が維持できなかったりしている証拠です。上下の動きを抑えるための練習方法として、ティーアップした球を打つことをオススメします。

高めにティーをセットして、7番アイアンで打ちます。トップすると伸び上がった打ち方になっていますし、ティーに直接当たると沈み込んだ打ち方になっていますので、しっかりとクリーンヒットするように打っていきましょう。

クリーンに打てるようになると、ゴルフ初心者でもドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティーもしっかりと芯で捉えることができます。

まとめ

ゴルフ初心者のダフリは、スイングの軌道が安定していないことも原因ですので、改善法を試していただき、ショットを安定させていきましょう。

<ダフリ防止3ステップ>

・アドレスで背筋を伸ばす

・インパクトはハンドファースト

・左足体重でフィニッシュ

ご紹介した3ステップを意識すれば、地面を叩かずボールに当たるようになります。ショットも安定しスコアアップも期待できます。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧