プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル初心者【ゴルフ初心者必見】ボールに当たらない時はコレ!

【ゴルフ初心者必見】ボールに当たらない時はコレ!

初心者

 

最後までしっかり見て!スイングが大きすぎる!

 

そう言われた経験ありませんか?
分かっちゃいるけど当たらない・・それがゴルフの難しいところです。止まっている球を打つだけなのですが、なぜだか当たらない。

 

今回はそんな、ボールに当たらない、または当たってもちゃんと飛んでいかない初心者ゴルファーの為に、ボールに当たらない原因と当てる為の秘訣から最終手段?!まで、確実にヒットするためのコツをご紹介します。

 

今回はゴルフの「飛び」に関しては度外視していますので、飛距離を伸ばす方法は別途取り入れてくださいね。

 

ゴルフボールに当たらない2つの原因

①ボールを見ていない

いやいや、ちゃんと見ていますよ!と思うかもしれませんが、初心者のうちはこれがかなりの確率でできていません。

 

動画などで自分のスイングを撮ってみれば良く分かると思いますが、インパクトの前後にかけて顔が上がってしまいインパクトまでしっかり見ていないことが確認できるはずです。

 

ならば最後までじ~っと見つめれば良いのかと言うとそうでもありません。見過ぎると体の軸がブレてしまう原因にもなります。

 

コツはバックスイングの顔の向きにあります。

 

②軸のブレ

これは上下左右の体の軸のブレです。アドレスで決めた前傾角度が体重移動などで上下左右にブレることによって起きます。

 

軸を安定させる方法はいくつかあり根本的に改善するのはなかなか苦労します。

 

まずはこの2点を改善するために初心者ゴルファーに試して頂きたい簡単な方法を解説いたします。

 

ゴルフボールに当たらない【足を上げない】

初心者ゴルファーが足を上げてしまうと上体がブレてしまう可能性が高くなり当てることが難しくなってしまいます。

 

足を上げずにベタ足にして打ってみましょう。そうすることで体重移動が制限され安定性は増します。体重移動が制限されるので飛距離は出ませんがそんな時は肩の回転をしっかり行えば飛距離はある程度カバーできます。足を上げない時はしっかり肩を回すことに注意しましょう。

 

ゴルフボールに当たらない【スイングを小さくする】

フォームはゴルファーそれぞれで違いますが、基本的にフォームがコンパクトになればなるほど当たる確率は高くなります。

 

ゴルフでは遠くに飛ばしたい意識がいつの間にか動きを大きくさせ、ボールに当たらない原因を作ってしまっています。クラブのヘッドにしっかり当てて飛ばすにはコンパクトなショットを心掛けることが大事です。

 

では実際にどうすれば良いのか。ここで大事なのはゴルフでナイスショットするためにはスイングを弱めることは絶対にしてはいけないということです。インパクト前後で弱めてしまうとダフりなどの原因になるだけでなく、安定したショットが打てない悪いクセが身についてしまいます。

 

調整は振り幅で行いましょう。フルスイングの幅を時計の針の位置に置き換えて説明します。

 

テイクバックで10時まで上げてフォローを2時まで振る形を100%とします。

 

スイングを小さくするには9時→3時にかけて振るようにしましょう。こうすることで70%程度の飛距離のショットが可能です。さらに8時→4時にすれば当たる確率は上がります。

 

ゴルフボールに当たらない【コックを使わない】

コックとは手首の動きです。テイクバックからトップにかけて手首をクラブヘッド方向に曲げる動きのことをコックと言います。

 

コックは正しく行えれば飛距離アップに大きな効果がありますが、使えば使うほど安定性がなくなってしまう一面もあります。手首は非常に細かな動きができるので、初心者のうちはヘッドの位置やフェースの向きがおかしくなりボールに当たらない原因を作ってしまいます。

 

初心者ゴルファーは極端なコックを使わないほうが得策です。

 

ゴルフボールに当たらない【クラブを短く持つ】

ゴルフではクラブが長くなればなるほどボールに当たらない確率が増します。ピッチングウェッジとドライバーでは確実にドライバーの方が当てるのは難しいはずです。

 

クラブが長ければそれだけ重量や遠心力の影響も受けやすく、フォームの崩れにも繋がります。

 

クラブを短く持つことにはとてもたくさんのメリットがあります。コンパクトなスイングになり、当たる可能性が高くなるだけでなく方向性が安定します。

 

これはゴルフクラブを長く持った時よりシャフトの“しなり”が減ることが関係しています。飛距離は多少落ちますがミート率上昇や方向性の安定、風の影響を受けにくい低弾道の球になる、といったメリットがたくさんあります。

 

当てるクセを付ける【ピッチングで打つ】

ラウンド時にミスショットばかりが続いたら・・
これは初心者ゴルファーの最終手段です。ゴルフ初心者の頃は全てのクラブを上手に打ち分けることなど不可能に近く、得意なクラブもあれば全くボールに当たらないクラブもあると思います。

 

初心者のうちは無理して5番アイアンなどの難しいクラブを打つ必要などなく、短いクラブで刻んでいく勇気も必要です。たくさんあるゴルフクラブの中でもピッチングウェッジは一番扱いやすいクラブです。

 

初心者ゴルファーがどうしてもボールに当たらない時はこれ↓

ピッチング(得意なクラブでもOK)を短く持ってコックを使わずスイングを9時~3時のコンパクトな形にして打ちましょう。

 

飛距離は期待できませんが当たらないよりはマシです。まずは当てるクセを付けることが大事です。そして自信を持ってからフルスイングやコックなどの色々な要素を取り入れていくことお奨めします。

 

まとめ

  • ボールに当たらない大きな原因は「見ていない」ことと「体の軸のブレ」
  • 足を上げないことで前傾角度のブレが抑えられる
  • ボールに当たらない時はスイングを小さくしてミート率が上げる
  • ゴルフクラブを短く持つことで、初心者ゴルファーに必要なミート率、方向性が上がる
  • 初心者ゴルファーはまず当てるクセをつける

 

<この記事を読んだ方にオススメの記事>

【ゴルフ初心者必見】フォームの正解はコレ!

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。