ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフ股関節の正しい使い方と回転が速くなる2つのコツ

知識

ゴルフ股関節の正しい使い方と回転が速くなる2つのコツ

ゴルフで身体の回転を速くするために重要なのは股関節です!今回の記事では、正しい使い方と速く回すコツをご紹介します。どっしりとした下半身の構えとそれを上手く動かすことが安定したスイングを生み、飛距離や方向性アップが狙えます。

ゴルフで「まっすぐ飛ばせる」ことは、とてもいい武器になります。曲がらないということは思い切り振れますし、狙ったところにいつでもボールを運ぶことができます。しかし、それが毎ショット続くことはありません…。それはなぜでしょうか?

それは、股関節の使い方が不十分だからです。「ちゃんと動かしているよ!」という方もおられると思いますが、ほとんどのアマチュアゴルファーはスウェーしたり、回転不足だったりしています。

そこで今回は、ゴルフで下半身の正しい使い方と回転が速くなるコツをご紹介します。トップポジションからインパクトまで強くて速くクラブを振れたら、ご自身の最長不倒も夢ではなくなるかもしれません。ぜひ、試してみてください。

股関節は…どこにある?

どこにあるかを知っておくと、イメージがしやすくなると思います。太ももの上端の丸い骨頭が、骨盤のくぼみにはまり込むようになって関節をかたち取っています。

周囲の筋肉によって、前後左右に動かせたり、回旋したりできるのでゴルフで腰を回転させることができます。

関節の仕組みを知ることで、ゴルフで腰を回すには股関節を正しく使わなければいけないことが理解できると思います。関節は筋肉によって動かされますので、飛距離が出る振りをするには筋肉を鍛えて強くすることも必要になってきます。

股関節の働き~日常生活~

体重を支えたり、座ったり、歩いたり、走ったりするという動作は、股関節がしっかりと機能してくれるからです。スムーズに動いてくれるからこそ、ジョギングしたり、車の運転をしたり、ゴルフのスイングができたりします。

股関節のメリット~ゴルフプレー時~

スムーズに使えると下半身が安定し、良いショットが打てます。ミスショットの多い人は上手く使えていない証拠になります。しっかりと使えるようになると下記のようにゴルフで大切な動きが身につきます。

ゴルフの振りは回旋運動です。上半身と股関節の動きは連携をとって動くので、上体が右に回ると骨盤も連動して動きますし、逆に骨盤が動くと上半身も動きます。

骨盤が動くときに右膝が正面を向いていれば、正しく使っていることになります。これが、プロがレッスンでよく使う「腰を入れる」という意味になります。

トップポジションが深くなる

上手く入れることで腰を回すことができるようになり、トップポジションで深い捻転をつくることができるので、上半身と下半身の捻転差を大きくすることができます。

ゴルフで飛ばすには、捻転差を大きくすることが大切です。顎の下に左肩が入って深い捻転ができると余裕のある切り返しになり、打ち急ぎもなくなるのでインパクトも厚くなります。ドライバーで憧れの飛んで曲がらないショットが可能になります。

腕と体を同調させる

下半身をしなやかに動かすことで腰から始動でき、腕と身体が連動するので手打ちを防ぐことができます。また柔軟性があると、傾斜地やアンジュレーションの多いコースの不安定なライでもブレないスイングをすることができます。

ゴルフでは、傾斜地を攻略するとどんなところからでもグリーンを狙うことができます。ゴルフ初心者は必見です!https://pro-golfacademy.com/method/2585/

股関節を速く回す2つのコツ

コンパスのように回す

ゴルフのスイングの始動で大切なことは、右足に重心をスムーズに移すことが大切になってきます。

しかし多くのゴルファーが、ただ後方にスライドして右足側に乗せて移そうとしてしまう傾向があります。いわゆる「スウェー」です。

右足に体重が乗らないと、腕だけでトップポジションを作ってしまうので上半身が左足側に傾く、いわゆるリバースピボット(左足に重心が残ること)になってしまい、スムーズにクラブが振れなくなってしまいます。

これでは、ゴルフボールに上手くパワーを伝えることができませんので飛距離は伸びませんし、キレのあるショットを打つことはできません。

ゴルフで下半身を効率よく動かすコツは、ズボンにしわをつくりましょう。右ひざを少し曲げて正面を向くように構え、左腰を中心にしてコンパスのように右腰を背後に回すことで、股関節を使ったスイングができます。膝が伸びてしまうと上体が後方(ターゲットとは逆の方向)に流れてしまいますので気をつけましょう。

少しきつい場合は、左足をヒールアップしてもOKです!ヒールアップの打ち方のレッスン動画です。

体重移動をする

ゴルフでは、トップで右足に体重が移り、フィニッシュでは左足で立っていることが理想的です。ゴルフのスイングは、テイクバックからフォロースルーにかけて軸を中心に身体を素早く回転することが重要です。

その動きを可能にするためには体重移動が必要です。重心を残したまま打ってしまうと、腰は回らず右足体重でクラブを振ることになりますので、ミスショットにつながります。体重を左足に移すことで素早く回すことができます。

体重移動をスムーズにできるゴルフレッスン動画です! 上達するためには欠かせません!練習場で試してみてください。

股関節を柔らかくする方法

ストレッチで柔軟性を保つ方法

ゴルフに限らずどんなスポーツでも股関節はとても大切です。身体の筋肉の大半が下半身に集まっています。柔らかい方が怪我もしにくくなりますので、ストレッチをして柔軟性を養っていきましょう。

柔らかくするには、胡座(あぐら)をかきます。あぐらをかけない人は両足裏を合わせると楽にできます。

太ももが床についていると柔らかいです。膝が上がっていると硬いですので、徐々に広げて床につくようにしていきましょう。注意点として無理に広げずに痛気持ちいいところで止めます。

ゴルフ専用にストレッチです。ラウンド前後にぜひ試してください。スイングの柔軟性が高まります。

ラウンド中に疲れてきたら…

バックスイングがきつくなってきたり、切り返しのタイミングが早くなり打ち急ぎ気味になったりしたら、股関節周りの筋肉が疲れてきた証拠です。

そんなときは、屈伸運動をしたり、大相撲の四股を踏んだりして筋肉を伸ばしていきましょう。さらに垂直飛びもお尻周りの筋肉を緩めてくれます。疲れてきたなぁと思ったときに試してみてください。

垂直飛びは、ゴルフスイングの動きに似ているとプロゴルファーの中で流行中だそうです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?身体や腰を回転させるには正しく股関節を動かさなければいけません。今回ご紹介した方法を試すことで、下半身のスムーズな体重移動やインパクトでパワーを最大限に活かすことができます。

正しく使えれば、体幹も使えるので、ドライバーの飛距離やアイアンの精度も格段にアップしてくるでしょう。ぜひ試してみてください。スコアも安定し、ゴルフのハンディキャップも上がっていくでしょう。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

ライザップゴルフが100切りコミットできる秘密を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 114

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 0

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 196

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる2つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 628

特集一覧