ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識パター残り1メートルを確実に入れるための3ポイント

知識

パター残り1メートルを確実に入れるための3ポイント

プロでも外してしまうショートパット…。”アッ”と言いながら外してばかりいると上達できません。短いパターが入ればスコアは必ずよくなります。今回は、残り1メートルを確実にいれるためのポイントをご紹介します。短い距離が苦手な人はぜひご覧ください。

ゴルフでスコアをよくするには、残り1メートルくらいのパターを確実に「一回」でカップインさせることが必須になります。しかし、短いにも関わらずなぜか入らない…。プロでも勝負所や優勝がかかったときなどプレッシャーがかかると外してしまうので、ゴルフのなかではもっとも難しいものかもしれません。

でも、1メートルは沈めたい距離ですよね。短いパターがどんどん入れば、100が切れないゴルファーは簡単に切れる確率が上がってくるでしょう。では、なぜ短いのに外してしまうのか?

今回の記事では、1メートルのパターを必ず入れるためのポイントをご紹介します。打ち方は人それぞれで個性があっていいのですが、コツがありますのでそれを知ることで、転がりの良いパッティングができるようになります。ぜひ試していただきスコアアップにつなげてください。

パターで1メートルを確実に沈めるためのポイントは!

なぜ近いのに沈められないのでしょうか?それは、構えた時にカップが見えるので、どうしても入れたいという気持ちが先走り、ヘッドと身体が動いてしまうからです。そうならないためのコツをお伝えします。

芯を外さない

パターの基本は芯にヒットさせることです。ドライバーやアイアンなどのクラブのスイングでも同じですが、しっかりと芯に当たらないと本来の距離を出すことができません。これは1メートルのパターも同じで、振り幅のとおりに打てないと届きませんし、入れることができません。

スイートスポットに当てるには、下記の2つが重要です。

・下半身を動かさない
・肩でストロークする

パターで上記2点を意識するだけで、芯に当てることが可能になります。スタンスを肩幅よりやや広くし、拇指球に重心を乗せて下半身を安定させます。ストローク中は絶対に動かさないように意識して、ボールが入るか止まるまで動かさないようにすることが秘訣です。

1メートルのパターで手首をこねると、ヘッドがアウトサイドから入って引っかけたり、逆にインサイドから入り右にプッシュしたり、フェースの向きが不安定になるので、方向性が定まりません。肩を上下に動かして、手首は構えたときの角度をキープしたまま振り子のようにストロークします。振り幅で距離感を出していきます。

パターの基本と最短最速上達法です。マスターできれば必ずうまくなります。パッティングが苦手な人は必見です!

目でヘッドを追いかけない

パターのストロークでもっとも大切なことは、目線をボールにロックオンすることです。アマチュアによくありがちなミスは、ヘッドの動きを追って見てしまうことです。そうなるとテイクバックで頭が右に動き、フォローのときに左に動くのでヘッドアップになりやすく、軸がブレてしまいます。

当然、パターの動きは視界に入ってきますが、惑わされることなく感覚で振り幅を把握するようにしましょう。1メートルを沈めるコツは…「打つ前にカップとボールをボンヤリと見て打つ」です。いつもよりスムーズにパットをすることができます。

ルーティーンワークを作ろう

リズムはゴルファー1人ひとり違うので、自分のルーティーンを見つける必要があります。パターのとき…考え過ぎて雑念が入ってしまうと迷いながら打つのでミスを誘発してしまいます。

ボールの後ろに立ちターゲットを決めたら、そこから「5つ」数えながらアドレスを構えてテイクバックするなど、パターで自分に合ったルーティーンの形を見つけます。それを練習の時に行うことでスムーズな始動ができるので、グリーン上でも良いパッティングができます。

パターは他のショットと違ってメンタルの影響をかなり受けます。いつも心穏やかでいることがナイスパットを生みます。平常心を保つコツがわかります。

1メートルパットの注意点

曲がるラインは気をつけよ!

短い距離のパターで一番難しいのが切れるラインです。曲がることはわかっているのに、アドレスを構えると読んだ時よりさほど曲がらないのでは…?などと考えてしまい、インパクトで調整してしまうと入らないケースが多々あります。

曲がる1メートルを確実にいれる秘訣は、スパット(目印)を見つけて、それを狙い読んだラインを信じてパターを打っていくことです。外れても転がった球の軌跡を覚えておくと返しのパットが楽になります。

ピン周辺の傾斜はクセモノ

パターでは、長い距離の方がグリーン全体の傾斜から読みやすいのですが、ホール周辺の場合、微妙に傾斜があるにもかかわらずフラットに見えてしまいます。転がりが弱いと曲がり、強いと切れず抜けていくので注意が必要です。

特に傾斜に切られているときのパターは難しくてかなりプレッシャーがかかりますが、しっかり読めばインする確率が上がりますので、慎重にいきましょう。

グリーン上では芝目が読めないとパターで損をします。スコアアップの役に立ちます。参考にどうぞ。

パターで大切なことは…!?

パターで大切なことはボールの転がりです。短いからといって合わせにいくと、インパクトが緩んで勢いのないボールになりインする確率が下がります。しっかりヒットさせるとラインが多少違っても入ることもあります。

ただ、下りの1メートルのパターはとても難しくなります。コツとして芯を外して打つことです。

転がりを良くするにはスイートスポットで打つことが必須ですが、下りのラインは芯でヒットしてしまうと球足が速くなることが多く、カップインしないと返しの距離が長くなりパターだけで3~4打かかってしまうことにもなりかねません。トゥーやネック側で打って球足を遅くしましょう。

距離感が抜群に良くなるレッスン動画です。ぜひ視聴していただきプロ並みのタッチを習得してください!

新ルールを活用しよう!

2019年からグリーン上でピンを立てたままパターで打っても無罰というルールが大改正されました。実際にこれを試した月イチゴルファーたちが「100が簡単に切れた」と喜びの声が続出しているそうです。

1メートルのショートパットの場合、ピンがあると弾かれてしまいそうですが、実は強すぎるミスをカバーしてくれることがあるレッスンプロの比較実験でわかりました。

どういうパターの実験かといいますと、スティンプメーター9フィートのグリーンを使い、カップまで80センチの距離から40センチ刻みで「何センチオーバーする強さでカップインするのか」という、ピンフラッグの有る無しによる比較実験です。その結果…

ピンが立っていない場合は、3.7mオーバーの強さまでは入りましたが、4.1m以上は蹴られて外れ、ピンを立てた場合は、7.3メートル強までカップインすることがわかったそうです。

ただし、旗竿の素材で鉄製よりもグラスファイバーのフラッグの方が、跳ね返りが少ないようですので、その辺も踏まえて、新ルールを活用し1メートルのパターを確実に入れにいきましょう。

新ルールでは、ピンを抜いたり差したりと選択できますが、プレーが遅くならないように気をつけましょう。

大改定した規則はアマチュアにとても優しくなっています。特にバンカーの苦手な人には最高のルールです!

まとめ

今回の記事は、残り1メートルを確実に入れるための打ち方と練習法をご紹介しました。パターは繰り返し練習することで、距離感が合ってくるので上手くなります。特にショートパットは確実に入れなければいけないので、練習することが必要になります。

パターに触れる回数を増やすことで持ち方、打ち方も良くなり本番でもカップインの確率が上がります。ぜひ今回ご紹介した方法を試していただき、次のゴルフに活かして自己ベストを更新してください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ゴルフの日焼け止め特集!できる男の肌ケア方法まとめ

絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアをしてる!いま、日焼け止めを使う男性ゴルファーが増えているようで ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

ライザップゴルフ体験取材!スコアップ2つの秘訣を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 114

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 88

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

特集一覧