Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP知識ゴルフのウィークグリップを解説!利点と欠点まとめ

知識

ゴルフのウィークグリップを解説!利点と欠点まとめ

スライスが直らない…どうしても右に行ってしまう…。

プロゴルファー曰く、アマチュアのボールが曲がってしまう原因はスイングそのものではなく、握り方にあるケースが7割を占めているそうです。

あなたは正しくゴルフクラブを握れていますか?握り方をちょっと変えるだけでミスショットをぐんと減らすことができます。スイングフォームを矯正する必要もないので、かんたんに改善可能なのもメリット。

今回はゴルフの握り方のうちウィークグリップについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ウィークグリップとは

ゴルフの握り方で、左手の角度によって3つに分けられるうちの一つです。ゴルフではこの形によって弾道が変わってきます。

指の付け根にある出っ張ったところ、こぶしの山を「ナックル」と言います。ゴルフで構えたときに、左手の「ナックル」がどのくらい見えるかで握っている角度を判別することができます。こぶしの山が2つほど見える「スクエア」。

ウィークというのは構えたときに見えるナックルの数が「1個」程度のことを言います。左の甲がターゲット方向を向くようにする形です。スクエアに握っている人が少し左手を目標方向に向くように持ち直すことで見えるナックルが1個程度になります。

ちなみに、こぶしの山が3つ以上見えるのが「ストロング」というものです。

特徴は?ウィークグリップの利点

手首が使いやすい

利点の一つは、手首が使いやすくなることです。

手首を大きく返す打ち方をすると、ヘッドの遠心力を生かすことができるので遠くまで飛ばすことができるという特徴があります。

ただ、昔に比べて現在のクラブはもともと遠心力が大きくなりやすく手首の動きを押さえていくのが主流となってきました。打ち方はゴルファーによって違うので良し悪しは一概には言えませんが、手首を返す打ち方そのものは減る傾向にあるようです。

フェースが開く

もう一つの特徴はスイングをしたときにフェースが開きやすくなることです。

インパクトのときに右を向きやすく打球がスライスしやすくなります。そのためフックがよく出てしまうゴルファーはウィークに変更してみると、左にいくミスを減らすことにつながります。

逆にスライスがよく出て困っているゴルファーは、ナックルの数をチェックしたうえで、左の手の向きを変えてみましょう。改善に効果があります。

球筋がコントロールしやすい

大きなメリットは左手の甲の角度がそのままフェース面の角度になるということです。

スイング中、左手の角度を意識することでフェース面の角度をコントロールできるので、自分が打ちたい球筋を出すのに役立ちます。フェードやドローを打ち分けたい、ラインを出したショットを打ちたいという場合に向いています。

↓↓↓ゴルフクラブのグリップ、お手入れ方法についてまとめました。性能を100%発揮するためにぜひチェックしてみてください。

デメリット

最大のデメリットはフェースが開いて右へのボールが出やすいという点です。

スライスやフェードが出やすいので、もともと弾道が右に曲がるゴルファーにはあまりおすすめできないやり方です。

↓↓↓クラブはどのくらいの強さで握るのが正解?ミスを減らす持ち方のポイントを解説しますのでぜひチェックしてみてください。

フック対策にはおすすめ

もしスクエアに握っていたとしてもフックしてしまう場合はウィークにすると、改善につながります。どうしても左に出る場合には有効な矯正法の一つです。

また、そもそも力が入りづらいために左へのミスが出にくいという傾向があります。やや飛距離が出にくいという弱点もありますが、左にひっかかることをできるだけ避けたい人にはおすすめです。

採用しているトッププロとは

2015年にマスターズと全米オープンで優勝、22歳の若さにしてアメリカPGAツアーの賞金王になったジョーダン・スピースはウィークグリップでクラブを持っています。左手の親指がシャフトの真上にきて、甲の部分がターゲットの方向に向いているのが特徴です。

左利き右打ちでオーバーラッピングではなく、左人差し指を右手にひっかける「逆オーバーラッピング」を採用。左には絶対に飛ばさないという打ち方をしています。

アメリカゴルフ史上でももっとも偉大なゴルファーと言われるベン・ホーガンもこの持ち方。1940年代から50年代にかけてメジャーでも次々に勝利を挙げたゴルファーですが、フックに悩んでこの持ち方を採用したと言います。

↓↓↓ゴルフのグリップについて基本を徹底解説します!正しい方法をマスターするためにぜひ参考にしてみてください。

↓↓↓ゴルフスイングのポイントを詳しくレッスン!真っすぐ飛ばすために必要な基礎と練習方法をまとめた記事ですのでぜひご覧ください。

まとめ

左に曲がってしまう、ひっかけてしまう癖があるゴルファーにはおすすめの握り方を紹介しました。また、知らず知らずのうちにこの持ち方になっていてスライスになっているという方も多くいます。もし右に曲がって困っている場合は、一度、矯正してみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ゴルフ【ドライバー】おすすめランキング30選|初心者でもわか …

【2021年版】おすすめドライバー30選と正しい選び方のポイントを徹底解説いたします!新品・中古、新・旧モデル含めてどんなドライバー ...
  • 知識
  • 117

ゴルフの待ち時間におすすめ!いま人気の動画配信サイト10選

動画配信サービスが今人気!打ちっぱなしなどのゴルフの待ち時間には、映画、ドラマ、アニメ見放題サービスがおすすめ!スマホでもテレビの大 ...
  • 雑学
  • 55

【話題】ファイゴルフとは?自宅で本格シミュレーションゴルフが …

自宅でもゴルフが楽しめたら…そんなゴルファー達の願いを叶えたアイテム「ファイゴルフ」をご紹介します!高価なスクリーンやシステムを購入 ...
  • 雑学
  • 116

ゴルフで得するクレジットカードおすすめ7選!特典ポイントを使 …

ゴルフおすすめクレジットカードでプレーをもっとお得に楽しもう!日常のあらゆる所で貯めたポイントは、ゴルフ、旅行、ショッピングで利用す ...
  • 雑学
  • 111

大阪でゴルフレッスン!スクール初心者におすすめ10選!口コミ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST10【 …

レーザー距離計にはどんな機能があるの?どんなものを選ぶべき?平均の金額はいくら?そんな疑問をお持ちのあなたへ!選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 929

特集一覧