Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP知識ゴルフ【ドライバー】おすすめランキング30選|初心者でもわかる理想のクラブの選び方【2021年版】

知識

ゴルフ【ドライバー】おすすめランキング30選|初心者でもわかる理想のクラブの選び方【2021年版】

みなさんこんにちは。ゴルファボ編集部の今川です。

先日、ゴルフ仲間の友人がドライバーを新しく購入したと喜んで見せてきました。

彼は小柄なゴルファーで、昔から飛距離に悩んでいたので「やっと自分にぴったりのドライバーを見つけたんだな」と思って嬉しい気持ちでいたのですが…

見せられたドライバーを見て愕然としました。もちろんドライバー自体は素晴らしいものだったのですが、セッティングが彼の体力とレベルにまったく合っていなかったのです。

理由を聞いてみると、ショップで見かけた有名プロゴルファーが使っているモデルをそのまま購入したとのこと…。そのまま打ってもシャフトの”しなり”も使えず球が上がらないのは明白でした。

不幸中の幸いか、一度も使っていなかったのでそのまま返品するように進めましたが、悲しそうな顔をしている彼を見ると「買う前にアドバイスしてあげていれば…」と後悔でした。

そこでこの記事では、ドライバーを選ぶときに絶対知っていて欲しい5つのポイント最新の人気ドライバー30選をゴルフ初心者にも分かりやすいようにまとめてみました。

「ドライバー選びに迷う人がいなくなるようにしっかり伝えたい!」そう思って執筆したら2万字を超える長編の記事になってしまいました。

一度に読もうとすると大変なので、興味のある項目を目次から選んだり、その都度戻って読んだりして、ゆっくりとお役立てください。

あなたのドライバーがもっと遠くにもっと正確に飛ぶサポートができれば幸いです。

2021年最新の人気おすすめドライバーランキング30選を今すぐ見たい方はこちら

目次

なぜ?ドライバーの種類がたくさんある理由

ドライバーの機能は大きく分けて上記の図のように「スピン量が多い・少ない」「ボールがつかまる・つかまらない」に分けられます。

初心者や飛ばないゴルファー
ゴルフボールがつかまらず右に飛び、弾道が低い傾向があるので、ボールがつかまってスピン量が多いドライバーを選ぶのがおすすめです。

上級者やハードヒッター
ゴルフボールを自分のスキルでつかまえることが出来て弾道が高いので、ボールがつかまりすぎない低スピンタイプを選ぶことで最大の恩恵を受け取れます。

*スピン量と弾道に関しては「性能」の項目で図で解説しています

新品と中古どっちを選ぶべき?

中古ドライバーだから飛ばないということは全くありません。2~3年前のモデルでも自分にピッタリのセッティングであれば最新ドライバーと変わらないほどの飛距離を出すことが可能です。

ただし、十数年以上前のモデルであれば、シャフトが劣化していたり、ヘッドのすり減りが激しかったりするなど、ボールのつかまりに問題が起こる可能性もありますので注意が必要です。

さらに中古のドライバーの場合、純正ではないシャフトが付いている場合もあるので、自分にマッチしたセッティングになっているかショップの店員さんなどに確認してみてください。

ドライバーのスライスが止まらないなら…この方法を試してみてください↓↓↓

【レベル別】ゴルフドライバー6つの選び方

ドライバーの選び方で重要な6つのポイントを解説いたします。

重量、ヘッドの大きさ、ロフト角・ライ角、シャフトの硬さ、性能、はショットの高低差(高弾道・低弾道)、左右差(右に飛ぶ・左に飛ぶ)を決める大切なポイント。

ゴルフレベルやボールの弾道傾向、ヘッドスピードにあわせて、最適な性能をもつドライバーを選んでください。

重量|振り切れる範囲で重いもの

ヘッドスピード総重量
一般女性・シニア男性~38m/s~290g程度
一般男性・女性上級者38~43m/s290g~310g程度
力のある男性43~47m/s310g~325g程度
ハードヒッター47m/s~325g~

多くのドライバーの総重量は(シャフト重量込み)、概ね270gから330g程度の重量となっています。

重すぎるドライバーを使っている場合、スイングがクラブの重さに負けてしまい、ヘッドスピードは低下します。その結果、スピン量が足りずに飛距離が落ちる原因となります。

他にも、体がクラブの重さに耐えられず、スイングバランスが悪くなってしまう可能性もあります。ラウンド後半になればなるほど、疲労が蓄積されて、スイングが崩れてしまい、ミスショットに繋がる原因となります。

一方で、軽すぎるドライバーを使用すると、簡単に振れてしまうがために、体が緩んでしまうことがあります。結果、体を使わないスイングとなり、ミート率の低下や極端なミスショットの原因になってしまいます。

そのため「振り切れる範囲で重いドライバーが理想」です。

ドライバーの理想の重量は、ゴルファーのヘッドスピードや力によって異なり、重すぎても軽すぎてもデメリットが生じてしまいます。

ヘッド大きさ|初心者は大きくて低重心

ヘッドの体積は最大で460ccと定められています。そして、現在主流なのがこの460ccのドライバーです。一方で、年配ゴルファーや思い切り振り切りたいハードヒッターなどは若干小ぶりなヘッドのドライバーを好む傾向があります。

ヘッドの大きさが異なると重心位置が変わりクラブヘッドの軌道も変化します。なので、弾道にマッチした選択がポイントとなります。

大きなヘッド
大きなヘッドのドライバーのメリットは「ミスショットに強く安定した打球を打つことができる」という点です。理由としては、打点が広い、慣性モーメントが大きい、ためです。

また、見た目そのものが大きいため「ボールに当たりそう!」という自信も初心者には有利に働きます。

基本的にはヘッドが大きなドライバーの方が安定したゴルフが可能なため、特段のこだわりが無ければ、初心者から中級者は大きめのヘッドを選んでみてください。

小ぶりなヘッド
一方で、小さなヘッドの主なメリットは「操作性が高い」ことです。

大きなヘッドのドライバーと比較した際に、重心距離が短くなるため、インパクト時にヘッドが返りやすくなります。ヘッドが返りやすいということはドロー系のボールも打ちやすいということです。

他にも、重心の深さが浅くなり、打球の吹け上がりも抑制されます。自分のスイングでしっかり球が上げられる人は球が上がりにくい性能をもったクラブを選ぶことをおすすめします。

操作性を重視したい上級者や、吹け上がりのミスができる人、ヘッドが返らずにミスになる人は、ヘッドの小ぶりなドライバーが良いでしょう。

ロフト・ライ角|上下左右の球筋に合わせる

ロフト角の大きさは大きく分けると「打ち出し角」と「スピン量」に影響します。

ロフト角が大きい
まず、ロフト角が大きいと、ボールは上がりやすくなります。まだ自分のスイングで球が上げられない初心者やヘッドスピードがあまり速くないゴルファーはロフト角の大きいものを使うと適正な弾道で飛ばすことができます。

また、ロフト角が大きければ大きいほどバックスピン量が増えますが、それに反比例するようにサイドスピンは減少します。そのため、スライス・フックに悩む人は、ロフト角を大きくすることも選択の一つです。

ロフト角が小さい
反対にロフト角が小さいと、ボールが上がりにくくなります。自分のスイングで球を上げられる上級者やハードヒッターが使うと、球の吹け上がりを防いで適正な弾道で飛ばすことができます。

ヘッドスピードやスイングスキルにもよりますが、男性であればロフト角は9~11度、女性は11~13.5度を目安に選ぶのがおすすめです。

ライ角は現在およそ58度が主流となっています。それよりも大きければアップライト気味(トゥが下がっている状態)、それよりも小さければフラット気味と言えます。

基本的には身長が高い人がアップライトなドライバー身長が低い人はフラットなドライバーを使うと、バランスの良いアドレスが取れます。

また、持ち球によってライ角を調整していくという選択肢もおすすめ。

アップライトなドライバー
例えば、アップライトなドライバーを選ぶと、クラブの先端部分「トゥ側」が浮きます。そのためつかまったボールが出やすくなります。

もし右へ飛ぶ球でのミスが多いゴルファーは、ライ角60度以上のアップライトなゴルフクラブを選択することで改善が期待できます。

フラットなドライバー
一方で、フラットなドライバーを選ぶと、ヒール側が浮き、スライス系のボールが出やすくなります。左側へのミス傾向が強い方はフラットなセッティングがおすすめです。

シャフトの硬さ|ヘッドスピードに合わせる

シャフトの硬さはヘッドスピードにあわせて選ぶことがポイント。理由はシャフトの”しなり”を最大限活かして打つためです。

シャフトの硬さはメーカーによって異なる部分があるため一概には言えません。同じSでも硬さが微妙に違うことがあるので、個別に判断、もしくは実際に試打することが大切です。

参考までにヘッドスピードとシャフトの硬さを記載いたします。

ヘッドスピードシャフトの硬さ
一般的な女性~34m/sL
一般的な女性・シニア男性32~37m/sA
上級者の女性・シニア男性36~40m/sR
上級者の女性・一般的な男性39~43m/sSR
力のある男性42~50m/sS
ハードヒッター47~m/sX

硬いシャフトの特徴
硬いシャフトはしなりにくい反面、左右へブレにくい傾向があります。

なので、ヘッドスピードが速いゴルファーが使用するとシャフトを最適にしならすことができます。反対に力のないゴルファーが使用するとシャフトがしならず大きな飛距離を出すことが難しいでしょう。

柔らかいシャフトの特徴
柔らかいシャフトはしなりが強く小さい力で飛ばせる特徴があります。なのでヘッドスピードが遅めなゴルファー、初心者でまだ強く振り切れないゴルファーなどにおすすめです。

軽い力でもシャフトがしっかりしなるので易しく飛ばせるでしょう。反対にハードヒッターが使うとしなりすぎてミスショット率が上がってしまいます。

番手ごとの平均飛距離を知っていますか?自分の飛距離を知ることは100切りの第一歩です!ぜひチェックしてみてください↓↓↓

性能|スピン・反発係数・調節機能

ドライバーの各モデルには様々な機能が搭載されています。細かな数字まではよくわからないゴルフ初心者でも、各種機能の数字が「多い」「少ない」という目安で選択できますので、自分にマッチしたものを選んでください。

スピン量
低スピンモデル・高スピンモデルという表現がされています。ゴルフではどれだけスピンがかかるかによって球の高さが変わってきます。

一般的にドライバーは2000回転~2500回転のあたりで打てると理想の弾道になるとされています。

ヘッドスピードが速いゴルファー球が上がりやすいので低スピンモデルで回転数を抑え、遅いゴルファーは球が上がりにくいので高スピンで上げていく。そして、上記の理想の回転数に合わせていくことがポイントです。

反発係数
反発係数の高いドライバーは、ボールとクラブを強く反発して、より遠くにゴルフボールを飛ばします。そのため、飛距離を重視したドライバー選びを行う際は注目したいポイントです。

注意が必要な点は、反発係数にはルールで上限(0.830)が決められているという点です。

上限を越したクラブは公式試合では使用できないため、プライベートのゴルフのみで使用するようにしましょう。このような公式試合では使えないものは高反発モデルと表現されています。

慣性モーメント
また、慣性モーメントが高いクラブは、芯を外した時のミスに強いです。慣性モーメントが高ければ、ミスをした時の影響が少なくなるため、真芯で捕える確率の低い初心者から中級者は着目するべきポイントです。こちらにも上限が定められており、5,900g/cm以上は公式競技での使用が制限されています。

クラブ調整機能
他にも、ロフト角、ライ角、フェース角を調節できるドライバーもあります。(通称「カチャカチャ機能」と言います。)ドライバー自体は主流のものを選んで、この機能で自身のスイング合ったクラブにするのも良いでしょう。

ゴルフ初心者は基本的にはこの機能はイジる必要はあまりありません。スイングが固まってショット傾向が分かってきたときに微調整してみてください。

しなるポイント|元調子・中調子・先調子

シャフトには最もよく「しなる」ポイントが設定されています。

手元側がしなる「元調子」、真ん中がしなる「中調子」、先端側がしなる「先調子」。どれが良いということはなく、弾道の傾向にあわせて選択することで、ゴルフクラブの恩恵を最大限受け取ることができるでしょう。

元調子
ヘッドの動きが少なくなるためゴルフボールがつかまりにくなり、左への球が抑制されます。球の上がりすぎも抑制できます。球が上がりすぎる、つかまりすぎるゴルファーに最適です。

中調子
元調子と先調子の間の性能ももっています。バランスが良いタイプなので初心者から上級者まで万人向けと言えるでしょう。特に癖もないので、安定したショットが可能となります。

先調子
ヘッド先端側がしなることでボールをつかまえやすくなり、球も上がりやすくなります。球をもっと上げたい、つかまえて左へ飛ばしたいゴルファーに最適です。

ドライバーをもっと飛ばしたいならコレ!260yキャリーで飛ばすための秘訣を解説いたします↓↓↓

【初心者におすすめ】ドライバー5選

1位|BIG BERTHA【Callaway】

出典:Callaway

キャロウェイを代表するモデル、BIG BERTHA(ビッグバーサ)。このドライバーのポイントは、右のミスが減少するという点です。

最大級のドローバイアス設計がなされており、捕まったボールで飛距離を出しやすくなっています。

また、最新のAIによって設計されたフェースは、ミスに強く、打点がズレても大きな飛距離のロスに繋がらないという点も魅力的です。

ドロー設計のクラブは軽量のものが多いのですが、当クラブは300gあるため、強く振れる初心者に大変おすすめです。

メーカーCallaway
クラブ名BIG BERTHA ドライバー
発売日2020年10月9日
長さ45.5インチ
重量/バランス298g(R)/D3
ロフト角10.5度
ライ角60.0度
ヘッド体積460cc
素材ヘッド:FS2S チタン

ボディ:8-1-1 チタンボディ+トライアクシャル・カーボンクラウン + スクリューウェイト約5g

選べるシャフトSpeeder EVOLUTION for Callaway

(R//SR/S)

メーカー価格84,700円(税込)

2位|NEW egg 5500 impact【PRGR】

出典:PRGR

NEW egg 5500ドライバー impactの最大の特徴は尺の短さです。長さが44.25インチしかないため、より芯で捕えやすくなり大きな安定感をもたらします。

また、他のドライバーと比較して重心角が非常に大きく、更には深重心に設計されています。そのためボールの捕まりが非常に良いことも特徴の1つです。

公式が「ゾっとするほど、やさしい。」と謳うだけあるドライバーと言えるでしょう。

メーカーPRGR
クラブ名NEW egg 5500 ドライバー impact
発売日2019年09月13日
長さ43.75インチ(M-35装着時)

 

44.25インチ(M-43,M-40,M-37装着時)

重量/バランス292g/D1(M-40装着時)
ロフト角10.5度/11.5度
ライ角59.5度
ヘッド体積460cc
素材フェース:チタン(TP2)

ボディ:チタン(Ti-811Plus)

選べるシャフト・M-43 (S)

・M-40 (SR)

・M-37 (R)

・M-35 (R2)

メーカー価格82,500円(税込)

3位|AKA RD5900【ONOFF】

出典:ONOFF

DRIVER AKA RD5900は5,900というルール上限の慣性モーメントと、ライトアップなライ角で設計されています。ボールの捕まりやすさとミスへの寛容性の高さが特徴のドライバーです。

また、ヘッドに合わせたオリジナルシャフトは高い先端剛性を誇り、直進性と安定性を生み出しています。

ONOFFというブランドの認知度はそれほど高くないですが、製品の完成度は非常に高く、ゴルファボに出演くださっているプロも多数おすすめしているドライバーです。初心者必見のドライバーといえるでしょう。

メーカーONOFF
クラブ名DRIVER AKA RD5900
発売日2020年4月4日
長さ45.25インチ
重量/バランス298g/D3.5

(HIGH REPULSION KICK RD5900(SR)装着時)

ロフト角10.5度
ライ角62.0度
ヘッド体積460cc
素材フェース:6-4チタン

ボディ:811Ti+カーボンクラウン+ステンレスウェイトバックソール+ウェイトスクリュー(4g=SUS)

選べるシャフト・HIGH REPULSION KICK RD5900(R/SR/S)
・LABOSPEC HASHIRI:40(R)
・LABOSPEC HASHIRI:50(S)
・LABOSPEC HASHIRI:60(S)
・LABOSPEC SHINARI:50(S)
・LABOSPEC SHINARI:60(S)
・LABOSPEC SHINARI:70(S)
・LABOSPEC TATAKI:40(SR/S)
・LABOSPEC TATAKI:50(S)
・LABOSPEC TATAKI:60(S)
・LABOSPEC TATAKI:70(S)
メーカー価格・HIGH REPULSION KICK RD5900
77,000円(税込)・LABOSPEC SHAFT
82,500円

4位|XXIO 11【XXIO】

出典:XXIO

ゼクシオ イレブン ドライバーの特徴は、クラブの重量配分です。

ヘッドを軽く、グリップを重くすることによってトップがブレずに、ヘッドを軽く感じることができます。その結果スイングプレーンは安定し、スイングも楽に感じることができ、安定したスイングを行うことができます。

また重量が280gと軽めのため、ヘッドスピードが出ない初心者の方、シニアの方にも大変おすすめです。

メーカーXXIO
クラブ名ゼクシオ イレブン ドライバー
発売日2019年12月7日
長さ45.75インチ
重量/バランス280/D2(MP1100(R)装着時)
ロフト角(度)9.5/10.5/11.5
ライ角(度)59.0
ヘッド体積(cc)460
素材フェース:チタン(Super-TIX 51AF)

ボディ:Ti-811 Plus+SUSウェイト

選べるシャフトMP1100(S/SR/R/R2)(ネイビー/レッド)
メーカー価格88,000円(税込)

5位|RMX 220【YAHMAHA】

出典:YAMAHA

YAMAHAのRMX220は「ルール限界に迫る大慣性モーメント」と宣言している通り、慣性モーメントが5,760gと、非常にブレに強い設計となっています。

また、アップライトなライ角によって、ボールが捕まりやすくなっているため、初心者に多いミスであるスライスは繋がりにくいです。

先中調子のオリジナルシャフトはヘッドの特性を最大限に活かし、振りやすさを追求しているため、最初の1本にはピッタリのドライバーです。

メーカーYAMAHA
クラブ名RMX220
発売日2019年9月6日
長さ45.5インチ
重量/バランス292g/D2(TMX-420D(SR)装着時)
ロフト角9.5度(±1)/10.5度(±1)
ライ角60度/61.5度
ヘッド体積460cc
素材フェース:6-4チタン

ボディ:811チタン

選べるシャフト・TMX-420D(R/SR/S)

・SPEEDER 569 EVOLUTION Ⅶ(S)

・SPEEDER 569 EVOLUTION Ⅵ(S)

・TOUR AD XC-5(S)

・Diamana ZF 50(S)

メーカー価格・TMX-420D

82,500円(税込)

 

・SPEEDER 569 EVOLUTION Ⅶ

・SPEEDER 569 EVOLUTION Ⅵ

・TOUR AD XC-5

・Diamana ZF 50

93,500円(税込)

【スライサーにおすすめ】ドライバー5選

1位|G425 SFT【PING】

出典:PING

G425 SFTの最大の特徴は、ヒール寄りの重心設計です。自然にヘッドターンする設計は捕まりを良くし、飛距離のロスを最大限に抑えます。

また、前作のG410 SFTよりもヘッド幅が大きくなったため、ターンが極端でなく、スライスを意識しすぎて左に打ち込むミスも軽減してくれます。

更に、PNG独自のボーテックというテクノロジーによって、ダウンスイングで発生する空気抵抗を抑え、ヘッドスピード及び初速の向上に繋がります。

メーカーG425 SFT
クラブ名PING
発売日2020年9月18日
長さ・46.0インチ

(ALTA DISTANZA装着時)

・45.75インチ

(ALTA J CB SLATE装着時)

・45.25インチ

(PING TOUR 173-55

PING TOUR 173-65

PING TOUR 173-75

Speeder EVOLUTION VI

TENSEI CK Pro Orange 装着時)

・TENSEI Pro White 1K

重量/バランス292/D0(ALTA J CB SLATE(R)装着時)
ロフト角9度/10.5度/12度
ライ角59.5度
ヘッド体積460cc
素材フェース:FORGED T9S+チタン

ボディ:811チタン

選べるシャフトALTA J CB SLATE(R/SR/S/X)

PING TOUR 173-55(SR/S)

PING TOUR 173-65(R/S/X)

PING TOUR 173-75(R/S/X)

ALTA DISTANZA

Speeder EVOLUTION VII(569S)

TENSEI CK Pro Orange(60S)

TENSEI Pro White 1K(60S)

メーカー価格77,000円(税込)

・ALTA J CB SLATE

・PING TOUR 173-55

・PING TOUR 173-65

・PING TOUR 173-75

・ALTA DISTANZA

 

90,200円(税込)

・Speeder EVOLUTION VII

 

93,500円(税込)

・TENSEI CK Pro Orange

・TENSEI Pro White 1K

2位|inpres UD+2【YAHMAHA】

出典:YAMAHA

inpres UD+2 DRIVERの特徴は34.5度の重心角と61度のライ角です。フェース面が大きく左を向く構造上、スライスに悩んでいる方であっても捕まりが良いボールを打ちやすいです。

また、1.5ミリのへこみをクラウンとソールに設計することによって、インパクト時のエネルギーのロスを減らしています。そのため、最大効率でエネルギーを初速に変えることが可能です。

更には、YAMAHAらしく打球音にも拘りがあり、音響測定室を用いた開発で、心地良い打球音が再現されています。

メーカーYAMAHA
クラブ名inpres UD+2 DRIVER
発売日2020年10月16日
長さ45.75インチ
重量/バランス284g/D5

(Air Speeder for Yamaha M421d(S)装着時)

ロフト角9.5度/10.5度
ライ角61度
ヘッド体積460cc
素材フェース:6-4チタン

ボディ:811チタン

選べるシャフトAir Speeder for Yamaha M421d

(S/SR/R)

メーカー価格88,000円

3位|TOUR B JGR【BRIDGE STONE】

出典:Bridge Stone

TOUR B JGR DRIVER の大きな特徴は、サスペンションコア構造です。サスペンションコアによって、オフセンターの初速の向上がされています。そのため、広いスイートスポットで、高初速の打球を打つことができるのです。。

また、ヒール寄りの重心と、フックフェースによって捕まった打球を放つことができ、初心者から中、上級者までが満足できるドライバーとなっています。

メーカーBRIDGESTONE
クラブ名TOUR B JGR DRIVER
発売日2019年9月13日
長さ45.5インチ
重量(g) /バランス294g/D2

(TOUR AD for JGR TG2-5 (S)装着時)

ロフト角9.5度/10.5度
ライ角59.0度
ヘッド体積460cc
素材ボディ:Ti811チタン合金、タングステンネジ

フェース:6AL-4Vチタン合金

選べるシャフトTOUR AD for JGR TG2-5 (R/SR/S)

AiR Speeder JGR (R/SR)

TOUR AD XC-5 (S)

Speeder 569 EVOLUTION VI(S)

Diamana ZF50(S)

ATTAS 11 5(S)

メーカー価格・TOUR AD for JGR TG2-5

・AiR Speeder JGR

74,800円(税込)

 

・TOUR AD XC-5

・Speeder 569 EVOLUTION VI

・Diamana ZF50

・ATTAS 11 5

91,300円(税込)

4位|TSi1【Titleist】

出典:Titlist

タイトリスト TSi1にはドローバイアス設計と、新素材であるATI425チタンの使用が特徴のドライバーです。捕まったボールと、早い初速で打てる素材で飛距離アップに繋がります。

また、低重心のクラブ設計は強い弾道、打球を生み出します。

更に、タイトリストならではのロフト角、ライ角の調整機能も搭載しているため、自身のスイング合わせて細かい調整も可能です。

メーカーTitleist
クラブ名TITLEIST TSi1 DRIVER
発売日2021年3月19日
長さ(インチ)45.75インチ(TSP013 45(R/SR/S))

44.75インチ(TSP013 40(L))

重量(g)

バランス

273g(TSP013 45(S)装着時)

D2(TSP013 45(R/SR/S))

C8(TSP013 40(L))

ロフト角9.0度/10.0度/12.0度
ライ角59度
ヘッド体積460cc
素材ヘッド:-

フェース:ATI 425チタン

選べるシャフトTSP013 45(R/SR/S)

TSP013 40(L)

メーカー価格82,500円(税込)

5位|SIM MAX【TaylorMade】

出典:TaylorMade

SIM MAXドライバーは、柔らかい打感で捕まったボールを打ちたい人におすすめのドライバーです。

極端なドロー設計ではありませんが、フェード系のボールであっても距離が出るのがポイントです。スライスを嫌って極端なスイングとなり、左に打ち込むという心配が大きく減少します。

また、ロフトよりも若干高く飛び出すため、高弾道な打球によってキャリーで飛距離を出すことができます。±2度の間でロフト角の調節も可能なため、自身好みのセッティングに調節しましょう。

メーカーTaylorMade
クラブ名SIM MAXドライバー
発売日2020年2月7日
長さ45.75インチ

(TENSEI BLUE TM50装着時)

45.25インチ

(Tour AD XC-6

Speeder 661 EVOLUTION VI

Diamana ZF60 装着時)

重量/バランス298g/D2.5

(TENSEI BLUE TM50(S)装着時)

ロフト角9度/10.5度/12度
ライ角56度
ヘッド体積460cc
素材ヘッド:チタン [9-1-1 ti] + グラファイト・コンポジット・クラウン&ソール

フェース:チタン [6-4 ti]

選べるシャフトTENSEI BLUE TM50(R/SR/S)

Tour AD XC-6(S)

Speeder 661 EVOLUTION VI(S)

Diamana ZF60(S)

メーカー価格・TENSEI BLUE TM50

80,300円(税込)

 

・Tour AD XC-6

・Speeder 661 EVOLUTION VI

・Diamana ZF60

99,000円(税込)

  【上級者におすすめ】低スピンドライバー5選

1位|Tour B X【BRIDGESTONE】

出典:Bridge Stone

ツアーBXドライバーはフェースに施されたパターミーリングによって低スピン化を実現したアスリート向けドライバーです。

また、撓みの復元力が高い、ハニカムストリングという新設計を用いることによって、初速アップを実現されています。

アスリート向けモデルとされていますが、サスペンションコアの設計によりミスに強く、5つのウェイトポジションの調整によって高い操作性も兼ね備えています。

低スピンドライバーを探している中~上級者におすすめのドライバーです。日本ゴルフツアー選手権 を制した木下稜介プロの使用モデルです。

メーカーBRIDGESTONE
クラブ名ツアーB Xドライバー
発売日2020年9月18日
長さ45.25インチ

(TOUR AD TX3-5装着時)

 

45.0インチ

(Diamana TB60

Speeder 661 EVOLUTION Ⅶ 装着時)

重量/バランス305g/D3(TOUR AD TX3-5装着時)
ロフト角9.5度/10.5度
ライ角57度
ヘッド体積460cc
素材ボディ:Ti811チタン合金、ステンレスウエイト

フェース:6AL-4Vチタン合金

選べるシャフト・TOUR AD TX3-5

・Diamana TB60

・Speeder 661 EVOLUTION Ⅶ

・TOUR AD HD-6

・ATTAS DAAAS 6

メーカー価格・TOUR AD TX3-5

82,500円(税込)

 

・Diamana TB60

・Speeder 661 EVOLUTION Ⅶ

・TOUR AD HD-6

・ATTAS DAAAS 6

99,000円(税込)

2位|KING RADSPEED【Cobra】

出典:Cobra

CobraのKING RADSPEED DRIVERは浅重心で低スピン設計のドライバーです。その設計から、非常に高い初速と操作性を感じることができます。

打感が柔らかく、打音も優しいため心地よいドライバーショットを打つことができます。それでいて、強い初速で打ち出しができ、ボールの打ち分けもしやすいため、上級者に大変おすすめのドライバーです。

低スピンドライバーでよくあるのが、スピンが少なすぎて上がらないということですが、±1.5度で調節が可能なため安心です。

メーカーCobra
クラブ名KING RADSPEED DRIVER
発売日2021年4月9日
長さ45.5インチ
重量/バランス316g/D0
ロフト角9.0度/10.5度
ライ角(度)57.5度(ロフト角9.0の場合)

58.5度(ロフト角10.5度の場合)

ヘッド体積(cc)460cc
素材ボディ:811チタン

フェース:611チタン

選べるシャフトSPEEDER EVO for RADSPEED

TOUR AD for RADSPEED

SPEEDER661 EVO VII

TOUR AD HD6

DIAMANA TB60

メーカー価格・SPEEDER EVO for RADSPEED

・TOUR AD for RADSPEED

71,500円(税込)

 

・SPEEDER661 EVO VII

・TOUR AD HD6

・DIAMANA TB60

88,000円(税込)

3位|G425 LST【PING】

出典:PING

G425 LSTは445ccのシャープなヘッドが特徴。低スピンで強い球を飛ばせる設計になっています。

ヘッドスピードがあるゴルファーは球がしっかり上がるので、低スピンモデルを使うことで最大の飛距離を生み出すことができます。

大きすぎない見た目、打感もよく、音は固め、まさに上級者好みのドライバーといえるでしょう。

3つのウェイトボジションにより、弾道を微調整することができ、強弾道かつ操作性の高さを再現しています。また、高い慣性モーメントも搭載しており、寛容性も兼ね備えている、扱いやすいモデルとなっています。

メーカーPING
クラブ名G425 LST ドライバー
発売日2020年9月18日
長さ(インチ)46.0インチ

・ALTA DISTANZA

45.75インチ

・ALTA J CB SLATE

45.25インチ

・PING TOUR 173-55

・PING TOUR 173-65

・PING TOUR 173-75

・Speeder EVOLUTION VI

・TENSEI CK Pro Orange

・TENSEI Pro White 1K

重量/バランス306g/D3(ALTA J CB SLATE(S)装着時)
ロフト角9度/10.5度
ライ角58度
ヘッド体積445cc
素材ヘッド:811チタン

フェース:FORGED T9S+チタン

選べるシャフトALTA J CB SLATE(R/SR/S/X)

PING TOUR 173-55(SR/S)

PING TOUR 173-65(R/S/X)

PING TOUR 173-75(R/S/X)

ALTA DISTANZA

Speeder EVOLUTION VII(569S)

TENSEI CK Pro Orange(60S)

TENSEI Pro White 1K(60S)

メーカー価格77,000円(税込)

・ALTA J CB SLATE

・PING TOUR 173-55

・PING TOUR 173-65

・PING TOUR 173-75

・ALTA DISTANZA

 

90,200円(税込)

・Speeder EVOLUTION VII

 

93,500円(税込)

・TENSEI CK Pro Orange

・TENSEI Pro White 1K

4位|MAVRIK SUB ZERO【Callaway】

出典:Callaway

Callawayから発売されているMAVRIK SUB ZEROはAIが生み出したFLASHフェースが特徴のドライバーです。FLASHフェースに影響により、広いスイートスポットで高初速の打球を編み出すことができます。

また、空気抵抗を減少されるサイクロン形状のヘッドは、ヘッドスピードの向上に貢献。より飛距離アップに繋がります。

フェード系の設計となっているため、左へのミスを嫌う、中、上級者ゴルファーにおすすめのドライバーです。

メーカーCallaway
クラブ名MAVRIK SUB ZERO ドライバー
発売日2020年2月7日
長さ45.75インチ

(Tour AD SZ-5 Type II 装着時)

45.5インチ

(Tour AD XC-6

Speeder 661 EVOLUTION VI

Diamana ZF 60

TENSEI ORANGE CK PRO 60 装着時)

重量

バランス

309g/D4

(Tour AD SZ-5 Type II (S)装着時)

ロフト角9.0度/10.5度
ライ角56度
ヘッド体積450cc
素材ボディ:8-1-1チタン+トライアクシャル・カーボンクラウン

フェース:FS2Sチタン FLASHフェース SS20

選べるシャフトTour AD SZ-5 Type II (R/S)

Tour AD XC-6 (S)

Speeder 661 EVOLUTION VI (S)

Diamana ZF 60 (S)

TENSEI ORANGE CK PRO 60 (S)

メーカー価格84,700円(税込)

5位|EZONE GT 435【YONEX】

出典:YONEX

EZONE GT 435 ドライバーの特徴はクラウン裏と、フェース裏の左右と下部にインコアグルーブテクノロジーを採用している点です。

インコアグルーブテクノロジーを採用することによって、撓みが効率よく一点方向に作用します。更に、フェース下部の反発力の向上にも繋がり、高初速と直進性が実現されています。

また435ccと小ぶりなヘッドは操作性に優れており、低スピンで操作性を求めている上級者ゴルファーが満足できるクラブとなっています。

メーカーYONEX
クラブ名EZONE GT 435 Driver
発売日2020年3月中旬
長さ45.75インチ
重量/バランス293g/D2.5 (NST002(S)装着時)
ロフト角9度/10度
ライ角56.5度
ヘッド体積435cc
素材ボディ:8AL-1Mo-1Vチタン

フェース:Super-TIX®51AF圧延材

選べるシャフトNST002(R/SR/S)
メーカー価格77,000円

 【安く揃えたい人におすすめ】ドライバー5選

1位|Z585【SRIXON】

出典:SRIXON

SRIXSONから発売されているZ585は、前作から大きく路線変更し、初心者から中級者、上級者まで、幅広いゴルファーに向けたドライバーとなっています。

SRIXSONのドライバーに多い左のミスを防ぐ設計ではなく、ボールの捕まりが良いという特徴があり、比較的優しいモデルとなっています。

定価で税込70,000円を下回る価格設定であり、更には現在、新品でも20,000円台で販売されていることが多いです。非常にバランスの良いスペックとなっているため、新品のドライバーを安く揃えたい人に大変おすすめです。

メーカーSRIXSON
クラブ名Z585 ドライバー
発売日2018年9月22日
長さ45.25インチ
重量/バランス302g/D2(Miyazaki Mahana(S)装着時)
ロフト角9.5度/10.5度
ライ角58.0度
ヘッド体積460cc
素材ボディ:8AL-2Vチタン

フェース:チタン(Super-TIX 51AF)

選べるシャフト・Miyazaki Mahana(R/SR/S)

・Miyazaki MIZU(S/X)

メーカー価格69,300円(税込)

2位|M4 -2021【TaylorMade】

出典:TaylorMade

元々、2018年に発売されたM4ドライバーですが、多くの支持を集めM4ドライバー2021として公式価格29,700円(税込)で販売されています。

テーラーメイド独自の技術であるツイストフェースはミスショットへの寛容性と安定性を生み出しており、多くのプロが使用していた実績もあります。

スペック自体は2018年のものではありますが、未だ一線級のドライバーと言えるでしょう。

メーカーTaylorMade
クラブ名M4 ドライバー 2021
発売日
長さ(インチ)45.75
重量/バランス307g/D3

(Fujikura Atmos Red 5(S)装着時)

ロフト角10.5度
ライ角56度-60度
ヘッド体積(cc)460cc
素材ヘッド:チタン 9-1-1 Ti+グラファイト・コンポジット・クラウン

フェース:チタン6-4Ti

選べるシャフトFujikura Atmos Red 5(R/S)
メーカー価格29,700円

3位|T//WORLD TR20-440 1W【HONMA】

出典:HONMA

T//WORLD TR20-440 1Wは強い反発性能によって飛距離アップを実現させたドライバーです。

また、Vertical Slitという反発フェースを採用したことにより、上下にインパクトがズレても反発力がキープされ、飛距離が落ちにくくなっています。

更には可変ウェイトや付属のトルクレンチを使用して、好みのクラブ調整が可能です。

現在3万円台で販売されることも多く、飛距離性能に拘るゴルファーは要チェックです。

https://honmagolf-ec.com/club/driver/TR20-440

メーカーHONMA
クラブ名T//WORLD TR20-440 1W
発売日2020年3月20日
長さ45.25インチ
重量/バランス308g/D2(VIZARD TR20-50(S)装着時)
ロフト角9.5度/10.5度
ライ角59.0度
ヘッド体積440cc
素材ボディ:Ti6-4 + カーボン(ET40) + クロスカーボン

フェース:Ti6-4

選べるシャフト・VIZARD TR20-50(R/S)

・VIZARD FD-5(SR/S)

・VIZARD FD-6(SR/S)

・VIZARD FP-5(SR/S)

・VIZARD FP-6(SR/S)

メーカー価格104,500円(税込)

4位|KING SPEEDZONE【Cobra】

出典:Cobra

KING SPEEDZONE ドライバーは「パワー」「強度」「軽量」「低重心」「空気抵抗」「安定性」の6つの要素を、それぞれ最適化して設計されたクラブです。

フェースには、3年かけて開発された、インフィニティフェースを使用しています。インフィニティフェースを用いることによって、最大飛距離に繋がるパワーの伝達が行われ、更にはミスヒットにも強いクラブとなっています。

空気抵抗に強いヘッド設計ともなっており、飛距離、安定性力を発揮するドライバーです。

このスペック、拘りにも関わらず20,000円台で市場に出回っています。

メーカーCobra
クラブ名KING SPEEDZONE ドライバー
発売日2020年4月2日
長さ45.25インチ
重量/バランス308g/D2
ロフト角・可変ロフト7.5度-10.5度

・可変ロフト9度-12度

ライ角58.5度
ヘッド体積460cc
素材ボディ:811チタン+360カーボンファイバーラッピング

フェース:811チタン

選べるシャフトSpeeder Evolution for SZ(R/SR/S)
メーカー価格71,500円(税込)

5位|ROGUE SUB ZERO【Callaway】

出典:Callaway

ROUGE SUB ZEROドライバーはCallawayから2018年に発売された、中級者から上級者におすすめの低スピンモデルのドライバーです。

非常に初速出ることに評判があり、捻じれない弾道と共に、大きな飛距離を期待できます。

左へのミスが抑えられる設計となっているため、安心して強く振り抜くことができるモデルです。

発売が2018年なので格安の値段で市場にありますが、性能的にはまったく問題ないので、安く揃えたいゴルフ初心者の一本としては申し分ないでしょう。

メーカーCallaway
クラブ名ROGUE SUB ZERO ドライバー
発売日2018年2月13日
長さ45.25インチ
重量/バランス303g/D3(Speeder EVOLUTION for CW 50装着時)
ロフト角9.0度/10.5度
ライ角56.0
ヘッド体積460cc
素材ボディ:α+βチタン

フェース:α+βチタン

選べるシャフト・Speeder EVOLUTION for CW 50(S)

・Tour AD IZ-6 (S)

メーカー価格101,200円

 【とにかく飛ばしたい人におすすめ】ドライバー5選

1位|SIM2【TaylorMade】

出典:TaylorMade

TaylorMadeから発売されているSIM2ドライバーは、アスリート向けドライバー。多くのプロが「飛ぶ!」と証言しています。

当ドライバーでは、軽量のフルカーボンソールを採用したことにより、ダウンスイングでのスイングスピードの向上が期待できます。更に、反発係数は上限ギリギリに設定されており、飛距離アップを実現しています。

高い飛距離性能のみならず、TaylorMadeのテクノロジーであるツイストフェースを用いているため寛容性も十分です。

フェード系の設計となっており、左のミスを抑えられるため、実践的に飛距離を出したい中、上級者に大変おすすめです。

メーカーTaylorMade
クラブ名SIM2 ドライバー
発売日2021年2月19日
長さ(インチ)・45.75インチ

(TENSEI SILVER TM50 (’21)装着時)

 

・45.25インチ

(Tour AD HD-6

Speeder 661 EVOLUTION VII

Diamana TB60装着時)

重量/バランス310g/D3

(TENSEI SILVER TM50 (’21)装着時)

ロフト角9度/10.5度
ライ角56度
ヘッド体積460cc
素材ヘッド:ヘッド素材:グラファイト・コンポジット・クラウン&ソール+アルミニウムリング+ヘビーバックスチールウェイト

フェース:チタン(9-1-1)製ミドルバックカップフェース

選べるシャフト・TENSEI SILVER TM50 (’21)(R/SR/S)

・Tour AD HD-6

・Speeder 661 EVOLUTION VII

・Diamana TB60

メーカー価格83,600円(税込)

・TENSEI SILVER TM50

 

103,400円

・Tour AD HD-6

・Speeder 661 EVOLUTION VII

・Diamana TB60

2位|G425 LST【PING】

出典:PING

PINGのG425LSTはスピン量を抑える設計がされたクラブ。1発の飛距離でいえばG425 シリーズでNO.1といえるでしょう。

空気抵抗を抑えるタービューレーターを採用しヘッドスピードは向上、また、強い撓みに効果によって高初速を生み出します。更に、深低重心のヘッドによって高弾道を生み出し、キャリーで大きな飛距離を実現しました。

3つのウェイトボジションと高い慣性モーメントは安定性を生み出し、初心者から上級者までが高い飛距離性能と安定性を実感できます。

少しだけ小ぶりなヘッドは振り抜きやすさも抜群。クラウン部分もマットなブラックで落ち着きがあり、玄人ゴルファーから大人気となっています。

メーカーPING
クラブ名G425 LST ドライバー
発売日2020年9月18日
長さ・46.0インチ

(ALTA DISTANZA装着時)

・45.75インチ

(ALTA J CB SLATE装着時)

・45.25インチ

(PING TOUR 173-55

PING TOUR 173-65

PING TOUR 173-75

Speeder EVOLUTION VI

TENSEI CK Pro Orange 装着時)

・TENSEI Pro White 1K

重量/バランス301g/D3
ロフト角9度/10.5度
ライ角58度
ヘッド体積445cc
素材ボディ:811チタン

フェース:FORGED T9S+チタン

選べるシャフトALTA J CB SLATE(R/SR/S/X)

PING TOUR 173-55(SR/S)

PING TOUR 173-65(R/S/X)

PING TOUR 173-75(R/S/X)

ALTA DISTANZA

Speeder EVOLUTION VII(569S)

TENSEI CK Pro Orange(60S)

TENSEI Pro White 1K(60S)

メーカー価格77,000円(税込)

・ALTA J CB SLATE

・PING TOUR 173-55

・PING TOUR 173-65

・PING TOUR 173-75

・ALTA DISTANZA

 

90,200円(税込)

・Speeder EVOLUTION VII

 

93,500円(税込)

・TENSEI CK Pro Orange

・TENSEI Pro White 1K

3位|ZX5【SRIXON】

出典:SRIXON

SRIXSONのZX5は松山英樹プロがマスターズ制覇時に使用したことでも話題を呼びました。

当ドライバーの最大の特徴は、フェースが4段構造になっているという点です。剛性の高いエリアと低いエリアを交互に配置したことによって大きな撓みを生み出し、大きな飛距離を生み出します。

また、難しいというイメージを持たれやすいSRIXSONのクラブですが、優しさも兼ね備えています。ナチュラルフェードの安定した軌道を描く設計となっており、アベレージゴルファーから上級者まで、全ての人が満足できるクラブと言えるでしょう。

https://sports.dunlop.co.jp/golf/products/wood/zx5w.html

メーカーSRIXSON
クラブ名ZX5 ドライバー
発売日2020年10月17日
長さ45.25インチ
重量/バランス304g/D2 (Diamana ZX50(S)装着時)
ロフト角9.5度/10.5度
ライ角59度
ヘッド体積460cc
素材ボディ:8AL-2Vチタン

フェース:チタン(Super-TIX®51AF)

選べるシャフト・Diamana ZX50(R/SR/S)

・Speeder 569 Evolution VII(S)

・Diamana TB50(S)

メーカー価格72,600円(税込)

・Diamana ZX50

 

83,600円(税込)

・Speeder 569 Evolution VII

・Diamana TB50

4位|EPIC SPEED【Callaway】

出典:Callaway

EPIC SPEED ドライバーは、ある程度ヘッドスピードがある中~上級者をターゲットにしているドライバーです。

AIが最適化したフェースによってクラウンの撓み量は大きく減少しました。その結果、力を逃がさずにボールに伝えることが可能となり、高い飛距離性能を生み出します。

スピン量は少なめで、ドロー気味かつ中弾道な軌道を描きます。上田桃子プロがセッティングに入れているなど、プロも満足できる仕上がりになっています。

メーカーCallaway
クラブ名EPIC SPEEDドライバー
発売日2021年2月19日
長さ・45.75インチ

(Diamana 50 for Callaway装着時)

 

・45.5インチ

(Tour AD HD-6

Speeder EVOLUTION VII 661

Diamana TB 60 装着時)

重量/バランス302g/D2

(Diamana 50 for Callaway(S)装着時)

ロフト角9度/10.5度
ライ角58度
ヘッド体積460cc
素材ボディ:8-1-1チタンボディ+トライアクシャル・カーボンクラウン&ソール+スクリューウェイト約2g

フェース:鍛造 FS2S チタン/FLASHフェースSS21

選べるシャフト・Diamana 50 for Callaway(S、SR、R)

・Tour AD HD-6(S)

・Speeder EVOLUTION VII 661(S)

・Diamana TB 60(S)

メーカー価格76,230円~

5位|RS5【PRGR】

出典:PRGR

RS5の大きな特徴は、4点集中設計です

最大CT点、最大撓み点、重心点、フェースセンターを一致させたことで大きな飛距離を生み出します。

また、フェースの広い範囲で強いパワーを生み出すWコア設計により、高い飛距離性能を出しつつも、寛容性も十分となっています。

捕まりやすい設計ともなっているため、アベレージゴルファーであっても実践的に使いやすいドライバーのため大変おすすめです。

メーカーPRGR
クラブ名RS5 ドライバー
発売日2020年8月7日
長さ45.5インチ
重量/バランス308g/D2

(Diamana FOR PRGR(M43)装着時)

ロフト角9.5度/10.5
ライ角59度
ヘッド体積460cc
素材ボディ:チタン(Ti-8Al-1V-1Mo)

フェース:チタン(Ti-6Al-4V)

選べるシャフトDiamana FOR PRGR(M43)(M40)(M37)
メーカー価格88,000円(税込)

 【中古で安く買うなら?】まだまだ使えるドライバー5選    

1位|917 D2【Titleist】

出典:Titleist

917D2 DRIVERは2016年にTitleistから発売されたドライバーです。

高い打ち出し角とミスへの許容性によってアベレージゴルファーでも安心して使用できます。一方で、大きなヘッドながらの操作性の良さや、細かい調整機能は上級者でも満足できる仕様のため、幅広いゴルファーにおすすめできるクラブです。

過去にはアダム・スコットプロやジャスティン・トーマスプロが使用していた実績もあります。

まだまだ現役のクラブに関わらず1万円台で入手できるため、中古でドライバーを揃える人は必見です。

メーカーTitleist
クラブ名917D2 DRIVER
発売日2016年10月21日
長さ45.5インチ

(Titleist Speeder 517 装着時)

 

・45.0インチ

(Diamana BF SERIES

Speeder EVOLUTION III SERIES

Tour AD TP SERIES

ATTAS PUNCH SERIES

Speeder EVOLUTION Ⅳ

Tour AD IZ 装着時)

重量/バランス307g/D3.5

(Titleist Speeder 517装着時)

ロフト角8.5度/9.5度/10.5度
ライ角58.5度
ヘッド体積460cc
素材ヘッド素材:チタン
選べるシャフト・Titleist Speeder 517 (R/SR/S)

・Diamana BF SERIES(S)

・Speeder EVOLUTION III SERIES(S)

・Tour AD TP SERIES(S)

・ATTAS PUNCH SERIES(S)

・Speeder EVOLUTION Ⅳ(S)

・Tour AD IZ(S)

メーカー価格82,500円(税込)

・Titleist Speeder 517

 

106,700円(税込)

・Diamana BF SERIES

・Speeder EVOLUTION III SERIES

・Tour AD TP SERIES

・ATTAS PUNCH SERIES

・Speeder EVOLUTION Ⅳ

・Tour AD IZ

2位|M2【TaylorMade】

出典:TaylorMade

2017年にTaylorMadeから発売されたM2ドライバーはジャスティン・ローズプロなどの多くのトッププロに愛用されたドライバーです。

低スピンにも関わらず、ドロップせず、大きな飛距離を再現しています。また、インパクトがズレても直進性を失わない安定感も魅力です。

柔らかい打感で、シンプルに、真っすぐかつ遠くに飛ばしたいという方におすすめのドライバーです。

メーカーTaylorMade
クラブ名M2 ドライバー
発売日2017年3月9日
長さ45.75インチ
重量/バランス297g/D3.5(TM1-216(S)装着時)
ロフト角9.5度/10.5度
ライ角58度
ヘッド体積460cc
素材ヘッド:チタン(9-1-1 ti)+グラファイト・コンポジット・クラウン

フェース:チタン(6-4 ti)

選べるシャフトTM1-216(R/SR/S)
メーカー価格69,300円(税込)

3位|Z565 TG【SRIXON】

出典:SRIXON

SRIXSONから発売されたZ565 TG ドライバーは従来のアスリート向けのスペックを持つ一方で、優しさにも追求したモデルとなっています。

SRIXSONのクラブにしてはアップライトな59.5度というライ角に加え、重心距離も従来の3%短くしたことによって、より捕まったボールが打てます。

1万円前半で入手できるモデルとなっており、上級者はもちろん、これから上達したい初心者まで多くの人が満足できるドライバーとなっています。

メーカーSRIXSON
クラブ名Z565 TG ドライバー
発売日2017年4月22日
長さ45.0度
重量/バランス302g/D1(Miyazaki Melas Ⅱ(S)装着時)
ロフト角9.5度/10.5度
ライ角59.5度
ヘッド体積460cc
素材ボディ:8AL-2Vチタン

フェース:6AL-4Vチタン

選べるシャフトMiyazaki Melas Ⅱ(S/SR)
メーカー価格74,800円(税込)

4位|XXIO 10【XXIO】

出典:XXIO

XXIO テン ドライバーは、いかに芯でボールを捕えるかに着目されたドライバーです。

専用のシャフトによって、より撓みが大きくなり、腕にかかる力を減少させます。その結果、体がブレずに、安定したスイングとなり、インパクトがズレにくくなるのです。

更にヘッドの反発エリアも拡大し、常に安定した飛距離と安定した軌道を描くドライバーとなっています。

重量が軽く、ロフト角、シャフトフレックスも選択肢が多いため、非力な方から初心者、中級者が非常に扱いやすいクラブとなっています。 

メーカーXXIO
クラブ名XXIO テン ドライバー
発売日2017年12月9日
長さ45.75インチ
重量/バランス270g/D5(ゼクシオ MP1000(R)装着時)
ロフト角8.5度/9.5度/10.5度/11.5度
ライ角59度
ヘッド体積460cc
素材フェース:チタン(Super-TIX®PLUSforXXIO)

ボディ:8-2チタン+SUSウェイト

選べるシャフトゼクシオ MP1000(R2/R/SR/S)
メーカー価格88,000円(税込)

5位|GBB EPIC FORGED【Callaway】

出典:Callaway

2017年にGBB EPIC FORGEDドライバーは、クラウンとソール間にチタン製の柱を2本配置しています。これにより2点の撓みを最小に抑え、パワーをボールに最大限伝える設計となっています。

ソフトな打感で適度なスピンを生むため気持ちよくキャリーで距離を出すことができます。

メーカーCallaway
クラブ名GBB EPIC FORGEDドライバー
発売日2017年10月13日
長さ45.5インチ
重量/バランス295g/D1

(Speeder EVOLUTION for GBB(S) 装着時)

ロフト角9.5度10.5度
ライ角58度
ヘッド体積450cc
素材ボディ:α+βチタン

フェース:SP-700チタン

選べるシャフト・Speeder EVOLUTION for GBB(R/SR/S)

・Tour AD IZ-6(S)

・Speeder 569 EVOLUTION IV(S)

メーカー価格82,500円(税込)

【人気のドライバーメーカーまとめ】一覧表

Callaway|キャロウェイCallawayはアメリカ、カルフォルニア州に本社を置くゴルフ用品メーカー。

AIを用いた斬新なドライバーなど、常にゴルフ業界のトップを走るメーカーです。デザイン、機能共に話題のドライバーを数多く発表し、多くのファンを世界中に持ちます。

トッププロの愛用者も多く、国内では石川遼、上田桃子、海外ではフィル・ミケルソン等が使用しています。

ドライバーはもちろん、アイアン、ウェッジからウェアやボール、各種アイテムまで多展開しています。

 TaylorMade|テーラーメイドTaylorMadeはアメリカ、カルフォルニア州に本社を置くゴルフ用品メーカー。元々はアディダス傘下のメーカーでした。

従来から上級者やプロ向けのクラブが多いことが特徴でしたが、近年ではアベレージゴルファー向けのクラブも販売されており、フェースを曲げたM4ドライバーはプロ・アマ問わず大ヒットしました。

タイガーウッズや、ローリー・マキロイ、など世界のトッププロが使用しています。

Titleist|タイトリストTitleistはアメリカ、マサチューセッツ州に本社を置くゴルフ用品メーカー。

 Titleistのドライバーは大きなモデルチェンジをしないことが特徴です。そのため、旧モデルから新モデルへ変えてもすぐに体に馴染み、更には、旧モデルでも長く使うことができる、古さを感じないメーカーと言えます。

数多くのプロと契約しており、アダム・スコットやジョーダン・スピースが愛用しています。

SRIXSON|スリクソンダンロップのブランドであるSRIXSONは比較的上級者やアスリートゴルファー向けのブランドと言われています。

ドライバーは左に引っ掛けにくい設計の商品が多く、ややオープンフェース気味であるのが特徴。中級から上級者ゴルファーに向いているクラブと言えます。

マスターズ覇者の松山英樹プロが愛用していることでも有名なブランドです。

XXIO|ゼクシオXXIOもSRIXSONと同様にダンロップが展開するブランドです。

SRIXSONが上級者向けのクラブとされている一方で、XXIOはアベレージゴルファー向けの設計となっています。

スライスが抑えられるクラブ設計が多い当ブランドは、初心者から上級者まで幅広く愛用されています。

オリジナルで開発されたシャフトの性能も高く、アマチュアゴルファーが使うのであれば”一番飛ぶドライバー”と言われています。

BRIDGESTONE|ブリジストン東京に本社を置くBRIDGESTONEの子会社であるBRIDGESTONE GOLFから発売されているブランドです。

安定感に優れており女性から初心者、中上級者の幅広い方々に人気のブランドとなっています。

日本ゴルフ界の顔とした長い間活躍した宮里藍プロや日本ツアー選手権覇者の木下稜介プロが使用しています。

PRGR|プロギアPRGRは横浜ゴムを主体としたゴルフメーカーで、東京港区に本社を置きます。

アベレージゴルファー向けのクラブを最初に作ったメーカーとされており、初心者にも女性にも使いやすいクラブとなっています。一方で低スピンドライバーなど、上級者向けのクラブもそろっており、幅広い方から支持を受けているメーカーです。

矢野東プロや森田理香子プロ等が使用しています。

PING|ピンピン型パターの生みの親であるPING。本拠地を置くアメリカではドライバーやアイアンのシェアも非常に高いです。

フィッティングに拘っているブランドであり、アベレージゴルファーからプロまで自身に合ったクラブを見つけることができます。

クラブごとの個体差が少ないことでも有名で、非常にクオリティの高い製品を市場に供給しています。

ゴルフ界きっての人気プロ渋野日向子や、鈴木愛プロなど超人気選手が使用しています。

YAMAHA|ヤマハYAMAHAはスポーツ用品や、楽器、音響機材、バイクなど様々な部門で実績を残しているメーカーです。静岡県に本社を置きます。

打感や振り抜けの良さが評判で、YAMAHAらしく打音にも拘った商品が揃っています。非力な人やスライスに悩む人向けのクラブも発売されており、幅広い方から愛用されています。

国内メジャー3勝を誇る藤田寛之プロ等が使用しています。

HONMA|ホンマ東京六本木に本社を置くHONMAゴルフは初心者からプロまで幅広い方向けにクラブを提供しているブランドです。

ドライバーに着目すると、アベレージゴルファー向けの「Be ZEAL」や、アスリート向けの「TOUR WORLD」など、用途やレベルに合わせてクラブ選択ができます。

谷原秀人プロやイ・ボミプロが使用しています。

Cobra|コブラ日本での知名度がそれほど高くないCobraですが、非常に高い性能を誇るクラブが揃っています。

低スピン性能や高い慣性モーメントなど、初心者はもちろん上級者も満足できるギアが揃っています。

アメリカでも人気のプロ、リッキー・ファウラー、ブライソン・デシャンボー等が使用しています。

YONEX|ヨネックスYONEXのゴルフクラブは、日本製に強く拘っています

開発から製造までの全工程を日本国内で行っています。カーボン複合技術は世界トップレベルであり、接着剤を使わずに内圧でヘッドを作るなど素材・技術において世界トップレベルのブランドです。

日本製に拘りたいゴルファーは必見。デビュー当時の石川遼プロが総合契約をしたことで話題になりました。

絶対に選んでは行けないドライバーとは?

いくら評判が良いドライバーであっても自身に合っていないドライバーを選択してしまっては満足したショットは打てません。

そのため、上記しているドライバーの選び方から大きく外れたドライバーを選ばないことが大切です。ここでは絶対に選んではいけないドライバーを解説します。

シャフトの硬さが合っていない

例えば、ヘッドスピードが30キロ台後半にも関わらず、シャフトフレックスXのシャフトを選んでも、シャフトの硬さに負けて、ボールは上がらず、左へのミスが多くなります。

逆の場合も同様に、打球が不安定になる要素が増加し、満足したティーショットは打てないでしょう。

シャフトの硬さはメーカーによって異なる部分もありますが、自身のヘッドスピードと適正ヘッドスピードを比較して、適正範囲内かを確認することは必須と言えます。*上記の表を確認してください

ライ角と体格・球筋が合っていない

ライ角は自身の打球に大きく反映されます。

アップライトなドライバーはフック系統のボールが出やすくなります。そのため、持ち球がドローにも関らず、強いアップライトなクラブを使うと左へのミスが急増してしまいます。

また、身長が平均より低いにもかかわらずアップライトなゴルフクラブを選択することも同様です。

身長が低い人はフラット気味なクラブ、高い人はアップライト気味なクラブを選択することを意識しましょう。

もし、ライ角が合ってないゴルフクラブを使い続けると、自身に合ってない状態で真っすぐに飛ばそうとして、悪い癖が付く原因となります。

極端に「重い」or「軽い」

極端に重すぎる、もしくは極端に軽すぎるドライバーを使うのも、自身のスイングを崩す原因となります。

軽すぎるドライバーだと体のゆるみに繋がり、重すぎると体が重さに負けてしまいます。

ゴルフスイングにおいて大切なのは体全体を使って振ること。そのためにも「振り切れる範囲でできる限り重いドライバー」が理想です。

難易度が高すぎる

中には、憧れのプロが使っているドライバーを使いたい、という人もいるでしょう。しかし、プロが使っているモデルは高難度なものも多いです。

例えば、低スピンドライバーが挙げられます。低スピンドライバーはある程度ヘッドスピードがあるゴルファーや、自分のスイングで球を上げられる中~上級者がターゲットのクラブです。

そのため、ヘッドスピードがない人や初心者の方が使用すると、ボールが上がらない原因や、左右へのミスなどの原因ともなりかねません。

憧れのドライバーを使いたいという気持ちがあっても、まずは自分の技術に合ったスペックを選んでください。

中距離で役立つ”7番アイアン”をうまく打てるようになるとラウンドが楽になりスコアが安定します!打ち方の基本はこちらでチェックしてください↓↓↓

ドライバー選びでよくある質問と回答

自分のドライバーの選び方が本当に正しいのかと不安になる人もいるでしょう。ここではドライバー選びでよくある質問をまとめましたので、参考にしてください。

古いモデルのドライバーは飛ばない?

例え古いモデルであっても、個人のスイングに合えば最新のドライバーと同じか、それ以上のパフォーマンスを発揮します。

もちろん、現在は技術の発達により、反発力や慣性モーメントなどの理論的な数値は上昇しています。そのため、比較的新しいドライバーの方がパフォーマンスは発揮しやすいともいえるでしょう。

しかし、大切なことは個人のスイングに合ったドライバーかどうかです。上級者であっても自分に合った古いモデルのドライバーを長年愛用している人は多々います。

予算の問題も関係しますが、流行や最新モデル以外にも目を向けてドライバー選びを行ってみてください。

試打せずにドライバーを選んでも大丈夫?

ドライバーを選ぶ際に理想的なのは実際に試打をすることです。

しかし、自身の環境や欲しいモデルによっては試打ができないこともあるでしょう。その際はスペックやレビューをしっかりと確認することが大切です。

スペックを確認する時に有効なのが、自身が今使っているドライバーと比較することです。シャフトフレックス、ロフト角、ライ角などを比較して、自身が打つとどのようなボールが出るかを理解した上で購入しましょう。

また、レビューは、レビュー者の体型やヘッドスピード、シャフトフレックス、持ち球など、多くの情報を公開しているものを参考にすることで、よりクラブの特徴が理解できるようになります。

ルール適応外のドライバーを使ってもいいの?

ルール適応外のドライバーは完全プライベートで使う分には問題ありません。

しかし、公式の競技で使用するとルール違反となり失格になりますので注意しましょう。

また、マナー面や周りの方の気持ちなどを考えると、公式協議ではないコンペなどでも使用は避けるのが無難です。

ドライバーの寿命は何年くらいですか?

ドライバーは破損しない限り、長い間使い続けることができます。

しかし、使い続けることによって劣化は生じます。使用頻度にもよりますが、2~4年程度で変え時と感じる人も多いです。

理由としては、シャフトの”しなり具合”が大きく劣化するためです。劣化したシャフトはしなり戻りが遅くなり、弾道や飛距離に悪影響を及ぼす場合もあります。

一方でヘッドの寿命は、シャフトより長く、割れるまで使うという人もいます。

そのため、ヘッドが自分に合っている場合であっても、シャフトとグリップは小まめなメンテナンスをすることがおすすめです。

ゴルフクラブの正しい磨き方を解説!お気に入りのドライバーを長く良い状態で使うためにぜひ参考にしてみてください↓↓↓

まとめ

ドライバーはゴルフの花形ともいえるクラブです。ティーショットでナイスショットした時の気分は最高ですよね。

しかし、ドライバーは距離が出るクラブだからこそ、小さなミスが大怪我に繋がることもあります。そのため、自身のスイング合ったドライバーを選択することは非常に大切です。

ご紹介したドライバーの選び方や、主なメーカーなどを説明した後に、おすすめのドライバー30選をぜひ参考にして自身にピッタリの1本を見つけてください。

そうすれば今まで以上に楽しく、気持ちよい気分でゴルフをすることができるでしょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ゴルフ【ドライバー】おすすめランキング30選|初心者でもわか …

【2021年版】おすすめドライバー30選と正しい選び方のポイントを徹底解説いたします!新品・中古、新・旧モデル含めてどんなドライバー ...
  • 知識
  • 234

ゴルフの待ち時間におすすめ!いま人気の動画配信サイト10選

動画配信サービスが今人気!打ちっぱなしなどのゴルフの待ち時間には、映画、ドラマ、アニメ見放題サービスがおすすめ!スマホでもテレビの大 ...
  • 雑学
  • 55

【話題】ファイゴルフとは?自宅で本格シミュレーションゴルフが …

自宅でもゴルフが楽しめたら…そんなゴルファー達の願いを叶えたアイテム「ファイゴルフ」をご紹介します!高価なスクリーンやシステムを購入 ...
  • 雑学
  • 116

ゴルフで得するクレジットカードおすすめ7選!特典ポイントを使 …

ゴルフおすすめクレジットカードでプレーをもっとお得に楽しもう!日常のあらゆる所で貯めたポイントは、ゴルフ、旅行、ショッピングで利用す ...
  • 雑学
  • 111

大阪でゴルフレッスン!スクール初心者におすすめ10選!口コミ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST10【 …

レーザー距離計にはどんな機能があるの?どんなものを選ぶべき?平均の金額はいくら?そんな疑問をお持ちのあなたへ!選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 929

特集一覧