ゴルファボ TOP知識ゴルフスコアの書き方かんたん説明書

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフスコアの書き方かんたん説明書

ゴルフスコアの書き方に関する真実!それはゴルフのスキルをアップさせてくれるのか?それともあなたのレベルをさげるのか?この記事を読んでください。プロや上級者が密かに続けていることが、あなたの上達を早くする秘訣です!100切りも期待できます!

ゴルフプレイでは必ずスコアをつけると思います。でも、ただつけただけで終わりにしていませんか?それはとても勿体ことです!書き方次第で上達ができるようになります。

「大叩きしたホールはいくつあるのか?」「ダボをあとどれくらい減らせれば100が切れるのか?」など、改善するところが具体的に分かれば次回のゴルフプレイに応用できるはずです。ラウンド後に自分のプレーを見直すことは、スキルアップに欠かせない要素になります。

今回は、基礎的な書き方やゴルフの上達に役立つ記入方法も併せてご紹介します。ゴルフスコアから見えてくる、自分の弱点や強みなどを把握して、ゴルフの練習に活かせれば、100切りの目標や90、80切りも早くに達成できる可能性もでてきます。

ゴルフ|スコアカードの書き方

カードは、ゴルフ場で用意されています。コースによって仕様が違いますが、下記の内容が書かれています。書き方の参考にしてください。

ホールナンバー

各ホールの番号のことをいいます。昔のゴルフは「スループレー」18ホールを一気に回るのが一般的でした。クラブハウスを出て1番からスタートするので「going out」、18番に帰ってくるので「coming in」と呼ばれていました。その名残が残り、1~9番を「アウトコース」、10~18番を「インコース」と呼んでいます。

ゴルフでは、インスタートの時もあるので記入する時は、1番からではなく、10番からになります。間違える方も少なくないので気をつけましょう。

ハンディキャップ(コース)

ゴルフのスコアカードに記載されているハンディキャップは、ゴルフコースの難易度ではなく、技量に差のあるプレーヤー同士が一緒にラウンドした際に、その差を埋めるためにつけられているハンディキャップです。

主にマッチプレー競技(対戦相手1人、ホールごとに勝敗)に使用されます。

ホールの距離(ヤーデージ)

「Back」「White」「Red」など色で振り分けられている、数字の欄があります。この数字は、ティーグランドのマークの位置からグリーン手前かカップまでの距離になります。ゴルフ場によって異なりますので確認しておきましょう。バックティーは、プロやゴルフ上級者がよく使うティーグランドです。アマチュアゴルファーの憧れのティーです。

規定打数(PAR)

「PAR」と記載されているところです。その欄には「4」「3」「5」などと記載されています。この数字は、各ホールの規定打数になります。書き方は、「PAR4」のところを「4」でホールアウトすれば「4」と記入します。「PAR(パー)」ということになります。

ゴルフでは、パー4の場合、1打多い「5」のときは「ボギー」、2打多い「6」ときは「ダブルボギー」、3打多い「7」のときは「トリプルボギー」と言います。逆に1打少ない「3」のときは「バーディ」と言います。

もし、打ったショットをいつも簡単に数えたいならこんなものが便利です!

ゴルフでは自分の名前は何番目に書く?

最初(左端か一番上)に書きましょう。2番目、3番目、最後に自分の名前を書くのは間違いです。たとえ上司や先輩、接待ゴルフの場合であっても、最初に自身の名前を書きます。

最初に他の人に名前を書くと、誰のカードかわかるなくなるので、管理するために、自分の名前を最初に書くことになっています。

同伴者のスコア

1ホールを終わるごとに、自分と一緒に回っているメンバーのゴルフスコアも記入します。ゴルフ初心者は、自身のことで精一杯かもしれませんが、頑張って書きましょう。

トータルスコアの書き方

9番と18番ホールの末尾に、アウトとインの合計の欄がります。1~9番のスコアを足して合計を記入します。10~18番も同じです。最後にアウト・インの合計を書きます。

このアウト・インの合計を「グロス」といいます。よくコンペで「ベストグロス」が表彰されますので聞いたことはあると思います。ハンディキャップを引かないそのままの数字です。

ゴルフコンペではよく使いますので、しっかりと数えましょう!

ハンディキャップ

前述しましたマッチプレー競技のものとは違います。正式には「ハンディキャップインデックス」と言います。

ゴルフでは、基本的にはJGAが発行する「JGA/USGAハンディキャップインデックス」が使われています。持っていない方は、プライベートハンディキャップを使います。定期的にゴルフコンペに参加すると幹事さんが決めて発表します。

ネットスコア

グロスからハンディキャップを引いたネットになります。例えば、グロスが103でハンディキャップが27の場合は、「103ー27=76」なので、ネットは「76」になります。

署名欄

記入したスコアに間違いがなければ、署名しましょう。また、同伴者にも署名してもらいましょう。

知り合い同士やプライベートなコンペの場合は、自分でつけることがほとんどですが、競技会では、「マーカー」という自分のスコアを記録する人を同伴者の中から指定されます。

マーカーが記入したカードに承認のサインをして提出すると、スコアが確定します。自署のサインやマーカーのサインがないときは、失格になりますので、気をつけましょう。

数字の書き方例

ゴルフでは実数を書きましょう。バーディのときに「−1」とか、ボギーのときに「+1」とか書き慣れると、競技会に出たときに癖で書いてしまうときがあります。公式な競技でこのように書き方をすると失格になりますので、普段から書き慣れておきましょう。

 

↓↓↓ゴルフスコアの数え方のコツはこちらで学べます。

ゴルフ上達に役に立つ書き方

スコアを書く欄の右側に小さな欄があります。そこにパット数を書きます。

うまいゴルファーのほとんどはパット数も記入しています。スコアからパット数を引けばショットの数になるので、ショットが悪いのか、パットが悪いのかがわかります。また、使ったゴルフクラブやショットの結果を書と練習するときの課題がみつかります。

データ化|分析して100を切ろう!

出典:GDO

ゴルフのアプリを使えば、平均ストローク、OB発生率、平均パット数などがわかるので、ただプレーしただけでは気付かない自分の弱点をしることができます。ダブルボギーを9個、ボギーを9個とれば「99」です。いろいろ分析して100を切れるように頑張りましょう!

ゴルファボ編集部がオススメの厳選アプリを紹介しています。参考にどうぞ!

まとめ

ゴルフスコアの書き方はいかがだったでしょうか?つけ方次第で上達できるのですね!ゴルフ初心者は、まだ打つだけで精一杯で、他の人のことはあまり考えられないかもしれませんが、ある程度経験を重ねれば、自分の弱点を把握することができ、100切りも期待できます。経験者の方は、しっかりと分析をして、自己ベストを狙ってください!

プライベート、ゴルフコンペ、競技とではカードの提出方法なども違いますので、しっかりと覚えて、失敗しないようにしましょう!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

酒好き必見!二日酔いに効くサプリメント7選と飲み方のポイント

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧