ゴルファボ TOP知識ゴルフの切り返し上達法!タメを作る5ポイントと習得法

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフの切り返し上達法!タメを作る5ポイントと習得法

ゴルフではいつもいい振りをしたいけど、切り返しが速くなったり遅くなったり一定しない…そんなあなたでもタメを作るポイントを習得するだけで、簡単にいいショットを打つことができます。好不調の波が激しい方やきれいなフォームで飛ばしたい方必見です!

近年、ゴルフのドライバーはシャフトが長くなり、飛びの技術が詰まった大型ヘッドや高反発のドライバーが登場しています。打ちこなすには、しっかりとしたタメを作らなければ方向性や飛距離を稼ぐことはできません。

今回は、”切り返し”のタメを作る5つのポイントと習得法をご紹介します。

ゴルフでは、トップからダウンスイングを降ろした時のタメが重要になります。タメができるとヘッドを押す感覚がわかるので、インパクトゾーンが長くなり、方向性が安定します。そこに力が加われば飛距離アップすることができ、ドライバーを自由に操ることができます。

ゴルフ|切り返しとは…?

トップからダウンスイングに切り替わる瞬間のことを言います。うまくいくかどうかでパワーと安定性に影響してきますので、ゴルフではとても大切な部分になってきます。

切り返しは必要!?

ゴルフの切り返しは…

・ゴルフスイングにリズムを与えて

・”間”ができ、上半身と下半身の捻転差でパワーを生む

ゴルフクラブを振る時の一定のリズムとパワーを作り上げます。

スイングリズムを与える

ミスショットの原因は、リズムの崩れから起こります。トップでスムーズにクラブを降ろすことができれば、リズムが生まれ、毎ショットいい振りができるようになります。

”間”ができ、上半身と下半身の捻転差でパワーが生まれる

ゴルフの飛距離は、身体の捻転差で変わります。捻れば捻るほどパワーが溜まるのでゴルフボールは遠くに飛んでいきます。トップでの”間”を作ることが大事になってきます。

悪いとどうなる?

ゴルフで切り返しが上手くいかないと、以下のような現象が起こります。

・上体が突っ込み球を打ちにいく

・身体が開く

・左足に体重移動ができない

飛距離が落ち方向性も悪くなります。インパクト前後ではヘッドスピードを上げなといけません。しかし、上手くいかないと減速してしまい、インパクトの衝撃に負けてゴルフボールは遠くに飛んでいきません。

また、ゴルフクラブは開閉の動作でゴルフボールを飛ばします。切り返しが速かったりするとフェースが開いたままになって、スライスの原因になってしまい、方向性もバラバラになります。

切り返し|ゴルフでタメを作る5つポイント

左足へ体重移動する

ダウンスイングに移る時には、左足に体重移動しないとクラブがアウトサイドから入ってくるので、スライスや引っかけになってしまいます。ゴルフでは、トップでの捻転が不足すると飛距離が出ませんので、しっかりと左足に体重を移動させましょう。

右ひじを真下に降ろす

トップから降ろしてくる時には、右ひじを真下に降ろすように意識しましょう。ゴルフボールを打ちにいこうとするとヘッドがかぶって入ってくるので、鋭角にインパクトを迎え、球が吹け上がったり、フックになったりすることがあります。

コックをキープする

テイクバックから作り始めたコックを、切り返しで維持することによってインパクトで手首のスナップが効きやすくなるので、ヘッドスピードが加速し、最大飛距離を生み出してくれます。ゴルフで飛ぶ人と飛ばない人の差は、このコックがキープできるか、できないかにかかってきます。

ゴルフでの切り返しのコツは、手首のコックにあり!ヘッドスピードを上げなくても飛距離を伸ばすことができます。

肩を開かないこと

トップから早く肩を開くと、クラブヘッドが垂れて振り遅れの原因になってしまい、スライス地獄に突入します。スライスを嫌がって手を返すとチーピンやフックになってしまいます。クラブを降ろくる時は、右ひじを真下に降ろしてから始動してください。いいタイミングでインパクトを迎えられます。

右足の粘り

ゴルフでタメを作るには、下半身の踏ん張りが必要です。右足がベタ足になっていることが理想的です。右足のかかとが早く上がると、上体が起き上がったり、突っ込んだりするので、しっかりとインパクトをすることができません。右足を踏ん張ることで上体がねじれてパワーが溜まります。ヘッドスピードが上がり力強いフォロースルーになるので、風にも負けない強い球で遠くまで飛んでいきます。

ゴルフ初心者が意識してベタ足を行うと、軸がしっかりとできますので上達がはやくなります。

韓国女子プロゴルファーの右足の粘りはとても参考になります。

タメのある切り返しを身につける習得法

ご紹介した5つのポイントを、一気にできる動作があります。ある1つのことを意識するだけですべてを把握できます。それは下半身リードでゴルフクラブを振ることです。

右股関節に体重を乗せる

下半身リードができると、切り返しのときに腰が動き、上半身が遅れるので捻転差ができます。下半身が先行するとパワーが溜まる感覚がわかります。上半身が追いつくことで、最大のパワーが放出され球が飛んでいきます。

下半身リードは、まず、テイクバックで右股関節に体重を乗せます。そうすることで左肩がグーッと回ります。注意点として、右ひざの角度と向きを変えずに左肩を回してください。胸も一緒に回るので、さらに強い捻転を作り出すことができます。

体重移動が上手くできるとスイングに悩むことがなくなります!初心者ゴルファー必見です!

トップポジションからスイングを始める

トップのポジションで一旦停止します。そして、そのトップの位置から再度スイングを始めます。何度か繰り返していくと、下半身から回さないとゴルフクラブを振ることができないことに気づくと思います。これが下半身リードの動きになります。

すぐにはできないと思いますので、打ちっ放しの練習の際に、10球に1球の割合で練習に入れていくと感覚がつかめてきます。

まとめ

ゴルフのスイングは一連の流れなので、切り返しだけを意識してコントロールできるものではありません。気づいたらフィニッシュまでいっていると思います。

スイングは自然の流れで動くのが理想的です。下半身リードを意識するだけでタメが作れますので、ぜひ練習で試していただき、飛距離アップ、スコアアップにつなげてください!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧