ゴルファボ TOP知識ハーフスイングはゴルフの基本!必ず身に付く3ステップ

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ハーフスイングはゴルフの基本!必ず身に付く3ステップ

「飛距離をグッと伸ばせる!」「スコアがグッと減る!」方法を知りたい人は他にいませんか?ハーフスイングをするだけでゴルフの基本がすぐに身につき、簡単にゴルフボールをまっすぐ飛ばすことができます。調子が悪い原因が分からない方や、思い通りに振れない方は必見です!

ゴルフのハーフスイングは、プロの間では「ビジネスゾーン」と呼ばれ、このゾーンをマスターできれば、賞金で飯が食べていけると言われています。ゴルフの上達には欠かせないとても大切な要素ですが、ゴルフ練習場でしっかり練習しているアマチュアの方は少ないかと思います。

今回は、ゴルフの基本であるハーフスイングが身につく方法をご紹介します。

身につくと、ドライバーからアプローチまでスムーズに振れ、フルスイングしても曲がらずに飛距離アップが期待できます。アイアンでも思い通りのところに運べるので、スコアアップも間違いありません。ぜひ、試してみてください。

ゴルフ|ハーフスイングとは…?

通常の半分の振り幅で、基本的に地面と平行にみて、「腰から腰(時計の針と見た時、9時~3時)」までのことをいいます。普段のショットよりトップの位置が低いのですが、ヘッドの軌道、体重移動、頭の上下動、前傾角度などの動きを細かく確認することができます。

ゴルフクラブの芯に当たる感覚が身につく

ゴルフのハーフスイングは、フルスイングの半分ではありません。まずは膝から膝の幅を振って、徐々に広げていき、最終的に大きくなったものがフルスイングになります。小さい振りから行っていくと、ゴルフの基本はすぐに身につくことができます。

徐々に大きく振っていくので、ゴルフボールの芯に当たりやすく、芯にあたる感覚を体が覚えやすくなります。調子を落としたら、まずこの打ち方を繰り返してみましょう。すぐに調子を取り戻すことができます。

アプローチも上手くなる!

ゴルフでは、目一杯フルスイングすることはオススメしません。ドライバーでも、フルスイングしたら曲がる可能性が高くなるので、少しだけ力を抜いて振り、アイアンでは、振り幅を合わせて距離感を出すことが重要です。

アプローチはハーフスイングを駆使して寄せなければいけません。腰から腰の振り幅は、30~50ヤードの距離を出すときに使っていると思います。この距離感が身につくと、ウェッジを変えるだけで、高さや距離を打ち分けられます。ゴルフのアプローチの引き出しが増えますので、ピンチになっても動揺することが無く、ピンに寄せることができます。

また、ゴルフコースの林の中からリカバリーするときにも、木と木の間を抜けるには、フルスイングではなく、振り幅を小さくして打つ方が脱出しやすくなります。その振り幅を調整するには、やはりハーフスイングが欠かせません。

アプローチの打点を安定させる方法です!ゴルフ初心者は必見です!

ハーフスイングで大切な3つのこと

ハーフスイングの練習をするときには、確認しながら行っていただきたいことが3つあります。

・前傾姿勢をキープする

・腕の三角形をキープする

・手首を使わない

この3つのポイントを意識すれば、コツをつかむことができます。

前傾姿勢をキープする

練習をするときは、最初は9番アイアンの方が重さも感じられるので、振りやすいでしょう。慣れてきたらゴルフクラブを長くしていきましょう。ハーフスイングを行う場合は、頭の上下動を無くして、アドレスで構えたときの前傾姿勢をキープすることがとても大切になってきます。

ゴルフで前傾姿勢の角度を維持するときは、股関節や膝の角度もキープする意識を持つと角度が変わりにくくなります。ゴルフの構えでは、頭頂から焼き鳥の串が刺さり、お尻から出るようなイメージができると上下運動も無くなります。ダフリの原因もなくなるでしょう。

腕の三角形をキープする

ゴルフクラブを振り上げるとき、構えた時にできた胸の前の三角形を崩さずに上げていきます。まずは膝から膝で感覚をつかみ、三角形が崩れないのを確認できたら、腰から腰まで上げて繰り返し練習します。素振りでも、実際にゴルフボールを打ってもOKです。

小平智プロも基本に忠実です!トップでも三角形は崩れていません!

手首を使わない

腰から腰まで手首を使って上げるのではなく、固定して腕の三角形を崩さずに肩を回してください。回しにくい場合は、右肩を首の後ろに持っていくイメージを持つと回りやすくなります。

注意点として、グリップを力いっぱい握りらないでください。グリップに圧がかかると上半身に力が入るので、ぎこちないロボットみたいな動きになりますので、気をつけましょう。

ビジネスゾーンを含めたスイングの基本や上手く打つためのポイントを総まとめしました。スコア90を出すためにぜひご覧ください。

まとめ

ハーフスイングはゴルフでショットを打つときの基本です!腰から腰の練習は地味で何の面白みもありません。ドライバーでかっ飛ばした方が爽快ですよね!

でも、ゴルフ初心者や中級者の上達の鍵を握っています。プロはこの練習で、体とクラブの動きや自分のクセの確認をしています。アマチュアゴルファーも、ハーフスイングがしっかり打てるように練習した方が上達の近道になります。

ここが上手ければ、プロは賞金が稼げます。アマチュアゴルファーはハンデを減らすことができます。あなたもシングルに向けて試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧