プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル知識ピッチングウェッジのロフト角について知っておくべきこと

ピッチングウェッジのロフト角について知っておくべきこと

知識

ゴルフクラブの中で一番扱うのが難しいクラブはどれでしょうか?

 

ドライバー?ロングアイアン?はたまたスプーン?
個人差で苦手なクラブ、得意なクラブとあるでしょう。

 

しかし今回のテーマ「ピッチングウェッジ」これはおそらくどんなゴルファーでも一番扱いやすいのではないでしょうか?

 

一般的に番手が小さくなればなるほど扱いが易しくなります。

 

しかし小さくなればその分ロフト角が増えたり、SWにはバウンス角があったりするので意外と扱いが難しかったりします。

 

その点ピッチングウェッジは両方のバランスが丁度良く、操作性が抜群に良いクラブだと思います。

 

ゴルフのスコアのポイントともなる100ヤード前後を打つためのこのピッチングウェッジ。

 

ロフト角や弾道、打ち方はどういったものがあるのでしょう?

 

ピッチングウェッジを上手く扱うための「秘訣」ご紹介します!

 

ピッチングウェッジのロフト角

昔と違い、アイアンはストロングアイアン(ロフト角の立ったアイアン)が主流になりました。

 

これは近年の飛距離を追い求めた結果でもあります。

 

そのため100ヤード以内の短い距離を打ち分けるためにはコントロールショットや細かなウェッジ設定などが不可欠となっています。

 

ピッチングウェッジもメーカーによって違いはありますが、44度~48度が主流になっています。

 

プロゴルファーであればピッチングウェッジの飛距離が150ヤードなどずば抜けている選手もいますが、アマチュアであれば100~120ヤードで使用しているのではないでしょうか?

 

あなたは何ヤードで使用しますか?

 

ロフト角の正しい間隔

もしもあなたのピッチングウェッジのロフト角が45度で次に低い番手がAWだとしたら要注意です。

 

AWの一般的なロフト角は52~53度です。
そうなるとPWからAWまでの間が7~8度も空いてしまうことになります。

 

理想的なロフト角の間隔は4~6度です。

 

もしも間隔が空き過ぎているなら、買い足すか、打ち分ける技術でカバーするしかありません。

 

ウェッジのロフト角は44~64度まであります。

バウンス角も関係してくるとさらにバリエーションが増えるので、自分のセッティングに合ったクラブを揃えましょう。

 

ピッチングウェッジのアプロ―チ

ピッチングウェッジはAWやSWよりもロフト角が立っているのでランが出ます。

 

グリーン周りでピッチングウェッジを使用する際はボールの転がりも考えて打つ必要があります。

 

ピッチングウェッジのアプローチは以下の事に気を付けてショットしましょう。

 

  • グリップは短めに持つ
  • ハンドファーストの形を作る
  • 上体がぶれないように下半身を安定させる

 

ピッチングウェッジしか使わない方必見!

筆者も長年AWは持たずにピッチングウェッジの打ち分けで距離を合わせておりました。

 

100yキャリーならフルショット80yなら8割程度の力でといった感じです。

 

しかしなんとなく中古品店で購入したAW(52度)を使用して以来スコアの安定感が全く違います!

 

あなたに是非おすすめしたいのは、
「道具でなんとかなるものは頼ってみる」ということです。笑

 

なんだか負けたような気がしますか?
いえいえ、そんなことはありません。

 

ゴルフの歴史はクラブの進化と共にあります。
ロフト角による恩恵は大いに受け取りましょう!

 

まとめ

ロフト角によって弾道やキャリー、ランといったピンそばにつけるために必要な要素が大きく変わってきます。

 

スコアアップのためにはロング系を減らして短い距離を打ち分けるウェッジ系を多く入れたほうが良い結果が生まれる可能性が高くなります。

 

実際、プロゴルファーも3~4本とウェッジを入れているのをよく目にします。

 

ピッチングウェッジ以下のウェッジではロフト角に注目したクラブセッティングをお奨めします。

 

スコア100切りを目指すためのクラブセッティングはコチラ

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。