ゴルファボ TOP知識なぜ?ハーフスイングがゴルフに最重要な3つの理由

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

なぜ?ハーフスイングがゴルフに最重要な3つの理由

ゴルフの練習はしているけどなかなか上手くならない…スライスがいつまで経っても直らない…フック、チーピンも出る…そんな悩みはハーフスイングで直ったりするのがゴルフの奥深さ!上達が早くなる方法についてご紹介します。ワンランク上を目指しましょう!

ゴルフで残り50ヤードくらいからのアプローチのとき、振り幅をどれくらいにしたらいいのか迷いますよね?

そのときはハーフスイングで振ると距離感が合います。マン振りばかりしていると、微妙な感じを出すときに戸惑ってしまいます。

今回は、ハーフスイングがゴルフに与える影響について、メリットや練習方法を交えてご紹介していきます。

習得できると、ゴルフ場で5~10ヤード刻みの距離を上手く打ち分けることが簡単にできるようになるので、レイアップするときに平坦な場所に打っていったり、グリーンでピンと同じ段に乗せたりすることができます。

ぜひ、ハーフスイング身につけていただきゴルフの上達につなげてください。

ゴルフ|ハーフスイングとは

フルショットのときの半分の振り幅と力で振ることを言います。

腰から腰までの幅になります。つまり、テイクバックで腰の位置までクラブ上げて、シャフトを地面と平行にします。インパクトを迎えてフォローも腰の高さで止めます。そのときもシャフトは地面と平行くらいにします。

飛距離アップで大切なことはヘッドスピードを上げることです。参考になるレッスンメニューです!

ゴルフでハーフスイングが重要な3つの理由

ハーフスイングを繰り返すと、ゴルフにおける重要なメリットがたくさんありますので、これからご紹介していきます。

ゴルフ最強の基本トレーニング

多くのアマチュアゴルファーのトレーニングは、ただ漠然とドライバーやアイアンを振り回していると思います。フルショットばかりでは、細かいところまではチェックすることができません。

しかし、ハーフスイングでは、「いい動きをした」「悪い動きをした」などがすぐにわかり、自分の欠点を修正したり、正しい振りが身につけたりすることができます。反復のトレーニングなのであまり面白味はありませんが、ゴルフを早く上達させるためには最強の基本練習になります。

距離感が身につく

フルショットでは打てない距離を打ち分けることができます。例えば、サンドウェッジのフルが80ヤードだった場合、それよりも短い60ヤードを狙うときには、軽く打ちますよね。

アイアンの場合も同じで、9番で120y、8番で140yが打てるとして、ピンまで残り125yを打つとき、8番のハーフスイングで打ったほうが、9番でマン振りするより、確実に安定した軌道で振ることができます。ゴルフスイングに関しては、大は小を兼ねません。

注意点として、ハーフスイングで打った距離は、必ず半分になるということではありませんので気をつけてください。正しくヒットすれば、フルショットの7~8割程度は飛びます。思い切り振っても飛ばない人、軽く振っても飛ぶ人がいると思いますが、コツを知るといろんな距離感を出していくことができます。

普段から、腰から腰のハーフスイング、肩から肩のスリークォーターショットの練習を行い、自分の距離感を身につけることがゴルフ上達の秘訣です!

ビジネスゾーンが身につく

ゴルフのビジネスゾーンとは、ハーフスイングと同じ軌道です、このゾーンの打ち方をマスターできたら、プロは賞金が稼げて「飯が食える」「ビジネスができる」、だから”ビジネスゾーン”と言われているそうです。アマチュアゴルファーの場合は確実にスコアアップすることができます。

ビジネスゾーンは、ゴルフ初心者や中級者の上達の鍵を握っています。プロはこの練習で、体とクラブの動きや自分のクセの確認をしています。アマチュアゴルファーも、しっかり打てるようにすると上達が早くなります。

ゴルフの方向性をアップするコツです。ローリーマキロイのショットがとても参考になります!

効果的なハーフスイングの練習方法

すべてのショットの基本になります。プロやゴルフ上級者は、この練習に時間を割いてしっかり行っています。ゴルフクラブの軌道が安定していない初心者や中級者は、上達の鍵を握りますのでしっかり取り組んでいきましょう。

練習するときのコツと注意点があります。試してみてください。

テイクバックのコツ

テイクバックのとき前傾姿勢を崩さないように気をつけましょう。テイクバックする際、腰を回転させずに伸び上がり前傾の姿勢が崩れる方がたくさんいます。

ゴルフでは、前傾角度が変わるとトップポジションでパワーが貯まりません。しっかりと前傾姿勢をキープして右股関節の上に体重を乗せるようにしましょう。

<チェック項目>


・クラブフェースの向きは、前傾角度とほぼ平行になっている

・左腕が伸びて、右ひじが少し曲がっている

・左手の上に右手がある

・体重が右股関節に移動している

・前傾姿勢をキープしている

インパクトのコツ

インパクトでは腕の三角形をキープするようにしましょう。ゴルフで腕の三角形が崩れると、ヒジが引けたり、リストターンし過ぎたりします。アドレスからテークバック、フォローまでしっかりと三角形を維持しましょう。

<チェック項目>

・体重が左股関節に移動している

・上半身はほぼ正面を向いている

・肩と腕の三角形が崩れず、ハンドファーストでゴルフボールを捕えている

・前傾角度を維持している

小平智プロもしっかりと腕の三角形を維持しています。ゴルフの基本です!

フォローの注意点

フォローでは体重を左に乗せるようにしましょう。ゴルフで右足に体重が残っていると、右肩が下がってヘッドが下から入りダフリ・トップの原因になります。

<チェック項目>

・体重が左足の上に乗っている

・胸がターゲット方向を向いている

・右腕が伸びて、左ひじが少し曲がっている

・左手の上に右手がある

ゴルフで腰のバンプを使うとスムーズに体重移動ができ、飛距離もアップします。参考にどうぞ!

まとめ

練習のときから、ハーフスイングを繰り返し練習することで、自分自身のゴルフを客観的に見ることができ、悪いところを修正することができます。

ハーフスイングを習得することで…

・ミート率がアップして芯でゴルフボールを捕えられるようになる

・飛距離がアップする

・方向性がよくなる

・軸がしっかりする

・股関節が使えるようになり体重移動がスムーズになる

・マン振りが無くなる

・ミスショットが減ってスコアがよくなる

本番でもナイスショットを続けることができます。ワンランク上のゴルファーを目指して上達していきましょう!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

酒好き必見!二日酔いに効くサプリメント7選と飲み方のポイント

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧