ゴルファボ TOP上達法バックスイングで左足が浮くのはNG?打ち方のポイント

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

バックスイングで左足が浮くのはNG?打ち方のポイント

バックスイングで”左足かかとが浮く”ことを心配しているゴルファーのあなた…まったく問題ありません!ただ、ある点に注意する必要がありますが…それを意識すれば、下半身リードでインパクトを迎えられる再現性の高いスイングが出来るようになります。

今回は、みなさまから頂いたご質問にお答えしたいと思います。ご質問の内容は、

Q バックスイングを上げたときに左足が地面から浮いてもいいのでしょうか?

というものです。1980~90年代は、バックスイングでヒールアップ(踵が浮く動作)をするゴルファーが多かったのですが、近年は、クラブの進化にともない、バックスイングで踵を上げなくても、飛距離が出せるようになってきたので、左足を上げる打ち方をするプロやゴルフ上級者は、少しずつ減ってきています。

しかし、プロの選手などがバックスイングをベタ足で打っているからといって、アマチュアゴルファーの左足が浮くのが悪いというのではありません。今、ヒールアップしている状態であっても、全く問題ありません。なぜなら…

バックスイングで浮くのはOKNG

バックスイングで左足が浮くメリットとデメリット

バックスイングでのヒールアップは、悪い動きではありません。

メリット1|下半身リードが身につく

ヒールアップは、バックスイングで浮いた左足を、地面につけてからゴルフクラブが降りてきます。トップからクラブを降ろすきっかけになり、タイミングも取りやすくなります。切り返し後の動きがスムーズになるので、下半身リードで振りやすくなります。

↓↓↓タイミングが取れると体重移動もスムーズになります!

メリット2|手打ちが防げる

バックスイングのあと、下半身から始動できると、トップで“間”ができるので、上半身が突っ込まず、手から降ろしにくくなるというメリットもあります。

手打ちのゴルフスイングが推奨されない理由の一つに、クラブの芯に当たらないことが上げられます。ボールを迎えにいくと芯に当たらなくなりますので、バックスイングで作ったパワーがインパクトで伝わりません。手打ちがなくなるとドライバーの飛距離は伸びます。

↓↓↓世界で一番かんたんな飛距離を伸ばす練習法です!

 

デメリット

バックスイングから切り返して、左足を地面に踏み込んでいくときに、上から下への動きが強くなってしまう場合があります。 そうなると“突っ込み”の動作が強くなるので、アウトサイドインの軌道になり、スライスが増えてしまいます。

↓↓↓アウトサイドインの軌道を直すには、左腕主導がオススメです!

スライスが出たら、バックスイングからの沈み込みが大きくなっていることを疑いましょう。トップからの上下の動きを少なくするためには、これからご紹介するポイントをご覧ください。

バックスイング|ヒールアップ打ち方のポイント

バックスイングの左足を上げた状態からダウンスイングしていく場合には、上から下への動きではなく、踵が地面に接着しながらも、しっかり適度なアッパーブローで、ボールを打つという意識を忘れずに行ってください。

↓↓↓アッパーブローに打つには、ビハインドザボールが効果的です!

バックスイングから適度な入射角度で球を打つには、右足をベタ足にすることをオススメします。右足が粘ることで頭の位置も動かず、アップブローの軌道で打つことができます。ぜひ、試してみてください。

右ベタ足打法はこちらで詳しく説明しています!

【2018年】ドライバーは右足の粘りが最重要説を検証

ゴルフのフォロースルーで飛距離を出す”右足の粘り”習得ドリル

 

まとめ

バックスイングで左足が浮くのはNGではありません。打ち方のポイントをしっかりと意識すれば、あなたの飛距離はもっと伸びるでしょう。ぜひ、試してみてください!

<メリット>

・下半身リードが身につく

・手打ちが防げる

<デメリット>

・強く沈み込むおそれがあるので、身体が突っ込んでしまう。

<打ち方のポイント>

・適度なアッパーブローで、ボールを打つという意識を持つ

 

↓↓↓左足の使い方をもっと知りたい方はこちら

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

酒好き必見!二日酔いに効くサプリメント7選と飲み方のポイント

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧