ゴルファボ TOP上達法力の入った重い球を打つためのインパクト習得法

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

力の入った重い球を打つためのインパクト習得法

アイアンの軌道が安定しない、狙い通りに打てないというゴルファーの方へ。今回は、強くて重い球を打つための練習メニューをご紹介します。クラブがなくてもいつでも実践できる練習方法です。アイアンでナイスショットするためにぜひ参考にしてみてください。

アイアンの弾道がいつも安定しない、狙い通りにいかないと悩んでいるゴルファーの方へ。

その原因はインパクトにあります。インパクトの瞬間、ボールにパワーが伝わらないと、狙い通りに飛ばない弱々しい弾道となってしまいます。

アイアンで力の入ったボールを打てるようになると、思い通りの場所にボールを運べるようになるのでコース攻略がぐっと楽になります。それがスコアアップにもつながっていきます。

今回はアイアンで重いインパクトを習得するための練習ドリルをご紹介します。このメニューを実践することで、スイングの形が安定し重い球を打つことができるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

強くて重いインパクトとは?

わずか2500分の1秒。クラブのヘッドがボールをとらえるその瞬間がゴルフの全てです。アドレスからグリップ、スイングなどすべての動きの結果がインパクトの瞬間に凝縮されています。

ボールに当たる瞬間、フェースの向きに対してヘッドの軌道が真っすぐになっていれば弾道も真っすぐになります。ヘッドがアウトサイドインの軌道でおりてくるとこすって右回転がかかり、スライス軌道となってしまいます。逆にインサイドアウトの軌道でおりてくると、左回転がかかりフック軌道になります。

ヘッドスピードにプラスして押し込みの力が強いと重いボールを打つことができます。そのためにはもっとも力が入る、理想的な形を体得できる練習を繰り返すことが重要です

重い球を打つためのドリル

アイアンで重いインパクトを作るための練習ドリルをご紹介していきます。今回はクラブを使わずにシャドースイングを行う練習法です。

左右の手の甲をくっつける

今回、行うシャドースイングではまず、アドレスを構えた状態から右手を左手の下から入れて、手の甲同士がくっつくようにします。

その状態から、右手はターゲット方向と逆に動かしていきます。そして左手はターゲットの方向に動かしていきます。

つまり両手が動く向きが違う、相反する方向に動かしていくことになります。右左の手を喧嘩させるようなイメージで動かしていきます。

右手と左手で引っ張り合う

両手の甲をつけたあと、左手はターゲット方向、右手はその逆に引っ張ります。

最終的に左手が右手の引っ張りに勝つのが理想的です。この引っ張り合いが大きければ大きいほど力強い形を作ることができます。それが重い球につながりますのでぜひ実際にやってみてください。

重いインパクトを身体に覚えさせる

自分から見て右手を右へ、左手を左へ動かしていくことで引っ張り合いが起きます。それによって身体が理想的なインパクトの形を作ることができます。このように引っ張り合いがあることで、腰がしっかり入った力強く重い球を打つ形を作ることができます。

ぜひこのドリルを行って、もっとも力が入る理想的な形というのを身体に覚え込ませていってください。

このドリルを行った後に実際にクラブを持って、その形を再現していくこと、それによって重い球が打てるスイングの形を作ることができます。ぜひ試してみてください

理想的なインパクトの形

方向性をアップして力強く重い球を生むには、インパクトの形がとても大切です。あおり打ちや、上体が突っ込んだ状態などになると、ヘッドがボールに当たる動きは点になり、パワーも方向性も乏しいものになります。

理想の形は左足の上に左腰があり、さらにその上に左肩が来る状態です。これが打球をとらえるヘッドの動きを長くし、かつ力を込めてボールを押し込める形を実現します。

ちょうど左足と左腰、左肩が一直線になり、左腰から右肩と右足に向けて直線を引くと、「逆Kの字」ができます。このイメージもしっかりしみこませて再現できるようにしていきましょう。

↓↓↓ドライバーの飛距離アップのための「正しい肩の位置」ご存知ですか?

↓↓↓インパクトの精度を上げる方法をもっと知りたい方はこちら

まとめ

今回はアイアンで重いインパクトを作るための方法をご紹介しました。このメニューは自宅などでも気軽に取り組めますので、ちょっとした空き時間などに実践してみてください。

風にも負けない重い球が身につくと飛距離も大きく伸びますし、コース攻略がぐっと楽になります。スコアアップのためにもぜひ今回の練習ドリルを参考にしてみてください。

 

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧